関係副詞「why」と「that」の意味を、例文でスッキリ!

the-reason-why英語レッスン

関係代名詞についてはハッキリと理解できる人が多いとおもいます。でもみなさん、「関係副詞」ときいてピンっときますか?関係副詞まで手がまわらなくて、つまづきやすいポイント。しかも関係副詞は省略や代用ができるため、いろんなバリエーションの問題がつくりやすいんです。頻出パート!

そこで当記事では、関係副詞whyとthatを例文をもとにていねいに解説していきます。

【当記事でわかること】
・関係副詞whyとthatの「意味と訳し方」
・関係副詞whyの省略
・関係副詞と関係代名詞の違い
・「for which」と「that」の代用
・「the reason」の省略形

スポンサーリンク

関係副詞「why」の意味と訳し方

関係副詞「why」は「the reason why SV」で理由の意味をあらわせます。例文をみて実際にどのようにつかわれるか見てみましょう。

関係副詞whyの例文

He stated the reason why he resigned.
「彼は辞任の理由を述べた。」

例文のように、関係副詞whyはかならず「reason」を先行詞にとります。「the reason why SV」の訳し方は「SがVする理由」です。

「that」で関係副詞whyを書き換え

関係副詞whyは「that」と「for which」で言い換えができます。「that」と「for which」の使い方はTOEICや大学入試で問われやすいパート。例文でイメージできるようにしましょう

He stated the reason that he resigned.

例文のthatは関係副詞で、関係副詞whyとおなじ働きをしています。「that」は関係副詞で、関係副詞whyとおなじ働きです。「that」は関係副詞の意味と訳し方は、関係副詞whyと同じ要領になります。

「for which」で関係副詞whyを代用

He stated the reason for which he resigned.

例文のように「for which」をつかって、関係副詞とおなじ意味を表すことができるのです。「for which」の文型は「前置詞+関係代名詞」。訳し方は「why」と同様になります。

例文の「the reason for which SV」の意味は、「SがVする理由」です。「for which」の働きを一語でこなしているのが関係副詞whyになります。なお「for which」はかたいニュアンスのため、ふつうは「why」をつかって表わされます。

【関係副詞that・whyの使い方】省略について

関係副詞why・thatの使い方の特徴として、省略があげられます。この使い方は洋書や英字新聞などでよくみられるもの。

There is every reason (why, that) you should never pull your mask down to your chin.
「マスクをアゴまで下げてはいけない、十分な理由があります。」

例文の( )であらわされるように、「why」と「that」はしばしば省略されます。和訳問題や英文読解でよく問われるため、覚えておくといいでしょう。

また「the reason」が省略され「why」のみで代用もできます。関係副詞whyの使い方としては、このように代用と省略のバリエーションが多いことが特徴といえるでしょう。

【まとめ】「関係副詞why」の使い方と言い換え

以上のように関係副詞whyはいろんなつかわれ方がありました。使い方をまとめてみます。

【「the reason(s) why」の変形】
・whyはthatで代用ができる
・whyは「for which」で書き換えできる
・whyとthatの省略形は「the reason SV」
・「the reason」が省略され、「why」一語で代用できる

COMMENT