ホーム英語レッスン【1分ガイド】p...

【1分ガイド】provided thatー意味・覚え方・例文・仮定法・用法

みなさん、「provided(providing) that」の意味・用法がわかりますか?

「provided(providing) that」は大学入試・TOEICなど、いろんな英語試験で頻出の表現。英字新聞で使われているのを目にする機会も多いんです。

【「provided(providing) that」】
→ 大学入試でよく問われる表現
→ 英字新聞で頻出の表現

そこで当記事では「provided(providing) that」の意味・用法・例文をくわしく解説していきます。

「Provided that」の意味

「Provided that」の意味を確認していきましょう。まず「Provided that」の例文を挙げます。

I will go provided that you go.
あなたが行くのであれば、私も行きます。

「Provided that」の意味は「〜という(条件)ならば」になります。「Provided that」は「条件」をあらわす際に使われるのです。

「Provided that」の節は、副詞節として働きます。

「Provided that SV」の意味】
→ SVという条件で〜

「Provided that」の用法

「Provided that」の用法は接続詞になります。「provide」を「供給する」という意味で訳しても英文となじまないとき、この「接続詞」の用法を疑うといいでしょう。

「Provided that」の使い方

「Provided that」の使い方を例文をもとにみていきましょう。

You may borrow my pen, provided that you keep it clean.
私のペンを汚さないのなら、借りてもいいですよ。
= きれい使うのを条件に、私のペンを借りてもいいですよ。

上記のように「provided that」の使い方としては、後に「SV」が続くのです。意味は「SVという条件で〜」になります。

【provided thatの使い方】
→「provided that」+SV

「providing that」は仮定法?

「providing(provided) that」は「仮定法」よりも、「条件」をあらわす時につかわれます。

「suppose(supposing)」は仮定法?

いっぽうで「suppose」は「仮定」を表現します。

「provided」と「suppose」は似ている表現ではありますが、このようにニュアンスが異なるといえるでしょう。

①「provided」は「条件」
②「suppose」は「仮定」

「Providing that」の意味

「Providing that」の意味は「Provided that」と同じなので、書き換えが可能です。例文をみていきましょう。

I will go providing(provided) that you go.
あなたが行くのであれば、私も行きます。

このように、「providing」と「provided」は書き換えが可能です。また「providing(provided) that」の「that」はよく省略されます。

【Providing thatの意味】
SVという条件で〜

Provided that・providing thatの違い

Provided that・providing thatの違いはどこにあるのでしょう?

この点、「SVという条件で〜」という意味では同じですが、好まれる表現かどうかという点が違います。

「Provided that」のほうが英米では好まれる表現で、洋書でも頻出なのはこちらの表現。

【Provided that】
→ こっちが好まれる表現

→ 意味の違いはない

グーグル検索の「ニュース」の項目でふたつの検索数を比べたところ、つぎのような検索数になりました。

【Provided that・providing thatの検索数】
①「Provided that」
→ 393,000件

→ 3倍以上の使用数

②「providing that」
→ 95,300件

上の結果のように「Provided that」のほうが3倍以上つかわれる回数が多いです。

やはり「Provided that」のほうが好まれる表現。

ただし「providing that」がまったく使われないということではなく、英字新聞・洋書ともに使われているのを目にします。

Merriam Websterでも次のように書かれているのです。

Providing vs. Provided: Usage Guide
Although occasionally still disapproved, providing is as well established as a conjunction as provided is. Provided is more common.

このように、Provided」のほうがより一般的と書かれています。

「Providing that」がくわしい「参考書」

「Providing that」がくわしく解説されている参考書は、『英文法総覧』と『「読む」ための英文法』です。

2つともに例文が豊富ですから、知識をさらに深められるでしょう。『「読む」ための英文法』は大学入試の例文から「Providing that」が学べます。

 

 

関連記事

どんな英文もスラスラ読めるようになるには、英文解釈・英文読解の参考書を読むといいでしょう。

【サクサク英文読解するには?】
→ 英文解釈力が必要

英文解釈力があると
 速く正確に読める

英文解釈・英文読解の参考書えらびは、次の記事がオススメです。

上級のテキストまでやりこめば、読めない英文がなくなるでしょう。

英文解釈を高速化する多読コンテンツ
【30日無料】洋書の多読でスラスラ英文読解「Amazon Kindle Unlimited」

英文解釈の初心者におすすめ記事
『超・英文解釈マニュアル』の効果・レベル|英語長文勉強法・参考書

【英文解釈の中級者におすすめ記事】
英文読解の原則125ー難易度・使い方|英文熟考・ポレポレ・透視図

② 『最重要構文540』一冊だけ、英語重要構文一覧が|効果・使い方

英文解釈の上級者におすすめ記事】
「英文解釈教室」で、”英語の読み”が劇的チェンジ!【効果&使い方】

英語リーディングを極める!「上級教材&英文解釈本」がど正解?

おすすめ記事まとめはコチラ!
英語勉強法のまとめはコチラ!

→ 3分英語レッスン記事はコチラ!  

オンライン英会話でアウトプット

英語リーディングでインプットしたら、英会話でアウトプットもすると英語力がググッと引き上げられます。

英語上達には、インプットとアウトプットのバランスがなによりも大切。

オンライン英会話の「カランメソッド」なら、良質なアウトプットを先生と一緒にできます。

【英語上達するには?】
① リーディング
② スピーキング
※ふたつのバランスが大切

【おすすめオンライン英会話】
【4倍速で上達するカランメソッド】
期間60日・上級者レポ】カランメソッドの効果実感?進まない?

【せきらら体験談】カランメソッドステージ2|独学は難しい?テキスト?

 

\ 2回の無料体験キャンペーン中 /

【TOEIC250点UPスタディサプリENGLISH【7日間無料】

 

スタディサプリENGLISHが「7日間無料」キャンペーンを実施中です。

本番に近い問題形式の「実戦問題集」や「動画講義」もついているため、「スタディサプリENGLISH」だけでTOEIC対策ができます。

たった「2ヶ月で250点スコアアップ」した人もいるくらい即効性があるんです。

【スタディサプリENGLISH】
① 動画講義アリ
② 実践問題集アリ
→ TOEIC対策オールインワン
※ 200点UP人がゾロゾロ

 

\ 全ての機能が7日間無料 /

 

 

 

ピックアップ

Feature

関連記事

人気記事

アノエイゴ
→ TOEIC最高点は960点 → 翻訳みならい・英語を教えたりも → 厳選した勉強法をお伝え