3分でわかる!「Provided that」意味・用法・覚え方

スポンサーリンク
provided-that英語レッスン

みなさん、「provided(providing) that」の意味・用法がわかりますか?

「provided(providing) that」は大学入試・TOEICなど、いろんな英語試験で頻出の表現。英字新聞で使われているのを目にする機会も多いんです。

そこで当記事では「provided(providing) that」の意味・用法・例文をくわしく解説していきます。

スポンサーリンク

「Provided that」の意味

「Provided that」の意味を確認していきましょう。まず「Provided that」の例文を挙げます。

I will go provided that you go.
あなたが行くのであれば、私も行きます。

「Provided that」の意味は「〜という(条件)ならば」になります。「Provided that」は「条件」をあらわす際に使われるのです。

「Provided that」の節は、副詞節として働きます。

「Provided that SV」の意味】
→ SVという条件で〜

「Provided that」の用法

「Provided that」の用法は接続詞になります。「provide」を「供給する」という意味で訳しても英文となじまないとき、この「接続詞」の用法を疑うといいでしょう。

「Provided that」の使い方

「Provided that」の使い方を例文をもとにみていきましょう。

You may borrow my pen, provided that you keep it clean.
私のペンを汚さないのなら、借りてもいいですよ。
= きれい使うのを条件に、私のペンを借りてもいいですよ。

上記のように「provided that」の使い方としては、後に「SV」が続くのです。意味は「SVという条件で〜」になります。

「providing that」は仮定法?

「providing(provided) that」は「仮定法」よりも、「条件」をあらわす時につかわれます。

「suppose(supposing)」は仮定法?

いっぽうで「suppose」は「仮定」を表現します。

「provided」と「suppose」は似ている表現ではありますが、このようにニュアンスが異なるといえるでしょう。

・「provided」は「条件」
・「suppose」は「仮定」

「Providing that」の意味

「Providing that」の意味は「Provided that」と同じなので、書き換えが可能です。例文をみていきましょう。

I will go providing(provided) that you go.
あなたが行くのであれば、私も行きます。

このように、「providing」と「provided」は書き換えが可能です。また「providing(provided) that」の「that」はよく省略されます。

「Providing that」の【参考書】

「Providing that」がくわしく解説されている参考書は、『英文法総覧』と『「読む」ための英文法』です。

知識を深めたい方はぜひ参照ください。

COMMENT

<ランキングサイト>

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ