すらすらリーディングの神ワザ「英文解釈の勉強法」【おすすめ参考書】

the-businessman-reading-the-bookリーディング

英字新聞や洋書を読んでみると、「英文が複雑で読めなかった経験」がありませんか?わたしは「TOEICも順調だし、英字新聞も読めるだろう」と思ったものの、その考えはあまかった…ぜんぜん読めないんです。….TOEICとはちがい、洋書や英字新聞にはこみ入った英文が使われています。だからTOEICのリーディング勉強法が通用しなかったんです。

英字新聞を読みこなすには、「複雑にからんだ英文を解きほぐす力」=「英文解釈力」がもとめられます。リーディングができないのに英文を多読しても、読めない英文はいつまでも読めません。リーディングの勉強法として大切なことは、「この順番」。順番を間違えると、野球の正しい投げ方(フォーム)を学ばずに、試合で投げまくるようなもの。不正確なフォームで投げ続けても、うまくなりませんし、ケガをしかねません。英語のリーディングも同じで、英文解釈で「正しい英文の読み方(フォーム)」を身につけてから、多読(実戦・試合)に挑まないといけないんです。

【リーディング勉強法の正しい順番】
1. 英文解釈を身につけて、英文を正確に読めるようする(正確なフォーム)
2. 正確に読める英文を、すばやく読むために「多読」する(多読で、正確なフォームをなじませる)

「英語力をきたえるには、多量のリーディングをしなければならない」とよく言われます。上記のように多量に読むための”前提”として「正しく読める力」が必要になるんです。英語完全上達マップでも以下のように言われています。なお、「精読」とは「英文解釈」のこと。

英語力がつくまで、速読(多読)を始めるのは待ちましょう。他の基礎トレーニングでまず体力をつけることです。読みは精読だけに絞ってください。多読(速読)を開始する時期はTOEICで500~600くらいになってからがいいでしょう。

そこリーディングの正しいフォーム(精読=英文解釈)を学ぶために、当記事では英文解釈の「おすすめ参考書と勉強法」を紹介。難易度がカンタンなものから並べているから、順番にやっていただけると着実にリーディングの力がつきます。

【英文解釈の効果】
・英字新聞・洋書がサクサク読める
・読めるから、「多読」がさらに楽しめる
・正確の読めると、リーディングスピードが上がる
・リスニング力が上がる

スポンサーリンク

【学校で教えてくれない英文法】英文解釈の初心者におすすめ

その名の通り、「学校で教えてくれない英文法」は「精読」を細かいところまで解説しているんです。題名に「英文法」と書かれていますが、リーディングに必要な英文法をていねいに説明してます。つまりリーディングに必要な英文法が、「英文解釈」。筆者が「はじめに」でこのように書かれています。

モヤモヤしてはっきりしない事項が筋の通った説明で明快に理解できたときに「楽しい」と感じます。大人になってから英語の勉強を始める人は、私のように感じる人は多いのではないでしょうか。

このように筆者の薬袋善郎氏は、モヤモヤする「リーディングの箇所」をはっきりと理解させようとしています。かわいいキャラクターや当たりさわりのない言葉で説明したりせずに、まっこうから真摯に取り組んでいる本なんです。正攻法のリーディング勉強法をお探しならこれ。本書にはポップなキャラクターは登場しませんが、かなり詳細に噛みくだいて文法が説明されていますよ。

いっぽうで、学校で教えられないから「重要な事項」ではないということはありません。本書で解説されている「精読のテクニック」は、英字新聞や洋書を読むうえでとても使えるものばかり。英文法の重箱の隅をつつくような事項ではなく、リーディングに必要なことだけをピックアップ。イメージしやすいように、目次をすこし紹介します。


01. 単独首位か同率首位か
02. <no+名詞>の2つの読み方
03. as + 代名詞 + be動詞
04. worthの使い方 その1
05. worthの使い方 その2
06. 分詞構文の強調形
07.「異なり」と訳すas
08.<no+形容詞+名詞>の2つの読み方
09.文頭のSo+形容詞+do
10.<as 原級 as>で譲歩を表わす構文

【学校で教えてくれない英文法】例文・効果

他の英文法・精読の参考書とはちがうラインラップ。この本でしか解説されていないような「英精読のテクニック」もあるんです。わたしが勉強になった「リーディングのコツ」はたとえば「02. の2つの読み方」。英文「No news is good news.」についてこのように解説されています。

「No」には2つの読み方があり、「1つは<any + 名詞(=どんな名詞も)not + V(=Vしない)」と読む方法。第2の読み方は、「<no + 名詞」だけで「名詞がないこと」、と読むやり方です。

これらの読み方を「No news is good news.」に当てはめてみると、第一の読み方だと「どんな知らせもよい知らせではない」と読めます。第2の読み方だと、「知らせがないのはよい知らせ」と読めます。訳を比較すると、第2の読み方「知らせがないのはよい知らせ」が正しいと考えられる。

このように無意識にやっていたの「精読」を言語化して、スッキリと解説しているのが本書のすぐれているところ。ほかにも「11. much as S + V」だったり、「34. 文頭のAs for、 As to、As with」など、洋書でよく見られる表現であるにもかかわらず、他書では解説されていない事柄が、ていねいに説明されています。リーディングの参考書をやったのに思うように英文が読めない方に、おすすめの本です。英語上級者でもハッッとさせられるような解説がつまってますよ。目次を読んでみてちょっとでもわかないところがあれば、買って損はない参考書。本書の勉強法としては、一文が短いため、和訳をノートに書きながら取り組んでもらうと、しっかりとした精読力がつきますよ。

【「学校で教えてくれない英文法」のおすすめポイント】
・上級者でもつまづきやすいリーディングを、ていねいに解説
・洋書にはでるのに、学校ではあつわれない重要なところを説明

【英語のしくみと訳しかた】精読の中級者におすすめ

大学受験をおえて、専門的な英文をリーディングできるように橋渡しをしてくれるのが「英語のしくみと訳しかた」。こういった本ってなかなかないんですよね。大学受験向けの本だと数えきれないくらいありますが、その上のリーディングに向けた本はほんとにオススメなんです。

本書でも「はじめに」で以下のように書かれています。

ああ、そうだったのか! 中学以来英語を勉強してきて、何度もそう心のなかで叫びました。モヤモヤがふっきれて爽快ですが、それならそうと、いっといてくれればよかったのにと思わなくもない。そういうのを集めたのが、この本の第1部「文法+α」です。

本書はほかのリーディングの参考書に書かれてないことを解説する良書。 他書にはないような事項を説明するという点では、前記の「学校で教えてくれない英文法」と同じですが、「英語のしくみと訳しかた」のほうがあつかっている単語・表現が難しいと感じます。こちらのほうがより上級者向け「精読の参考書」。ここで参照として説明されている事項についてあげてみます。

Your son’s work is satisfactory, but he could do better.
(息子さんの成績はまあまあですが、もっとよくできるはずですよ。)
ここのcouldは「過去における能力」ではなくて、仮定法過去です。つまり現在のことをいっている。努力すれば、もっといい成績がとれるはずです。

他にもひっかかりやすいポイントを解説してあります。

{Whethe I shall turn out to be hero of my own life, or whether that station will be held by anybody else,} these pages must show.
{ }でくくった2つのwether節が目的語、these pagesが主語、must showが動詞です。

複雑な英文をときほどく、「精読力」がつく

このようにひとつひとつの英文に訳はついてありません(訳があるものもあります)。こちらについて筆者は、「まずは英語そのものの姿、形をよく見てほしい。ですから例文の1つ1つに日本語訳はつけませんでした」と書かれています。

日本語訳があるとそちらにばかり気が向いてしまって、リーディングがうまくできないんですよね。だからこの点、本書は英文の構造をしっかりと見つめ、それを分解することに焦点を当てています。構造をしっかりと理解できないと、日本語訳はうまくいかないという立場にあるんです。まず「原文」を理解しないことには、いくら逆立ちしても日本語に変換できませんから。本書は、「英文の構造」を正確に理解する勉強法を教えてくれます。

本書のきわだっている点は、「英文の構造を理解すること」だけに終始していないところ。というのも第2部では「その構造を理解した英文」を「どのように日本語に変換するか」にも言及されています。本書の第2部は「研究社の「英語青年」に連載した「英語小説翻訳講座」に手を加えたもの」のため、翻訳の勉強法も学べるんです。第2部を読めば翻訳の技術も向上させられますよ。

【「英語のしくみと訳しかた」のおすすめポイント】
・これで学べば、ほとんどの英文が読めるようになる
・翻訳の勉強法も学べる
・「学校で教えてくれない英文法」よりも難しい

【英文法解説】英語をリーディングするときの、参照用に

「学校で教えてくれない英文法」でも「英語のしくみと訳しかた」でもよく引用されている参考書があります。それが「英文法解説」です。こちらの文法書に読めば「わからないことがない」というくらいに詳しい。網羅的。わからない表現、英文解釈があったらまずこの本にあたってください。かなり頼れる存在になってくれるはずです。リーディングしててわからないことは、「英文法解説」の索引で調べるのが正しい勉強法。どんな英語の勉強法にも相性がいいんです。海外ドラマを観るときも、洋書を読むときも、この一冊があればきっと力になってくれるでしょう。

大学生以上の英語を学んでいる人は必読といっていいくらい。参考書を読んでいるとよく言及される本なんです。「英文翻訳術」でも「英文法解説」の英文を引用してありました。本書は網羅性もさることながら、日本語訳もこなれていて和訳も学べるんです。わたしは日課として、本書を30ページ読むようにしてます。読むたびに発見があります。

【英文法解説のおすすめポイント】
・リーディングでわからないことはなくなるくらい、「網羅的」
・本書の勉強法は、リーディングでわからない箇所を調べるという勉強法
・和訳がこなれているから、翻訳も学べる

とにかく1人1冊もっていていて間違いありません。どのレベルの英語学習者にとってもこの本はかならず役に立ちます。田中先生も以下のようにツイートされています。

【英文解体新書】リーディングの超上級者におすすめ

「英文解体新書」はうえの紹介した参考書とくらべ、もっとも難しい参考書です。大学受験レベルのリーディングができるかたにおすすめできます。「英文解釈教室」とよく作りが似ているからコレを覚えて、「英文解体新書」を学ぶといいでしょう。スムーズな勉強法は、「英文解釈教室」やってから「英文解体新書」を。難しいぶん、その効果は保証ができます。これをマスターすれば、難解なリーディングもすらすら読めます。

本書で扱われている英文はそれぞれ難易度分けされていて、難易度3(★★★☆☆)や難易度5(★★★★★)で表されています。見やすいレイアウトです。

学習する人のレベルに合わせて取り組む英文を選ぶといいかと思います。例えば大学受験レベルでも難易度3(★★★☆☆)くらいまでは出題されるため、取り組めば力がつく。難易度4(★★★★☆)は大学院入試レベルの英文で、難易度5(★★★★★)はそれ以上のレベルです。

【英文解体新書】例文・効果

本書で扱われている例文は、例えば以下のようなものです。本書で扱われるレベルでは一番やさしいくらいのもの。

Under no circumstance should you open the door.
[訳]何があってもこのドアは開けるべきではない。

Only then did I the value of his words.
[訳] その時になって初めて彼の言葉の価値に気づいた。

それぞれ倒置がおきている理由は、否定の意味を持つ表現が、onlyで修飾される副詞的要素が、あるため。本書にはSVOCなどの記号を使って、より詳しい説明がなされています。これらの英文は序の口で、もっと難しい英文がみなさんを楽しめてくれるはず。「英文解体新書」の勉強法としては、実際に和訳をノートに書くことをおすすめします。というのも、実際に書いてみて、筆者の訳と比べると、ハッする発見があったり精読できていない点が見つかるからです。

本書の特徴として、扱っている英文が面白いことも挙げられます。英文の著者は映画「ハリー・ポッター」シリーズのハーマイオニー役で知られるエマ・ワトソンから、アメリカ前大統領バラク・オバマ、イギリス作家カズオ・イシグロまで。バリエーションに富んでいます。楽しめでできるリーディングの勉強法をお探しのかたにおすすめ。

【英文解体新書のおすすめポイント】
・大学入試と比べものにならないくらい、難しい
・難しいぶん、かなりリーディング強化できる
・本書で、9割以上の英文は読めるようになる

【英文をいかに読むか】リーディング演習としておすすめ

上記の演習本としておすすめなのが、「英文をいかに読むか」。扱っている著書が幅ひろく、さまざまな英文を読めるでしょう。モーム、オーウェル、ラッセルなどの名だたる名著で精読を学べます。ただ前半は解説が詳しいのですが、後半からはカンタンにしか解説されていません。リーディングの実戦勉強法のような形になります。英文と日本語訳がついていて、解説はすこしといった具合です。

その解説のすくなさを補うくらいに、英文が質がよく、日本語訳もすばらしいです。楽しめる物語が多いのも魅力。こちらの参考書は精読の演習としても使えますし、多読としても活用できるでしょう。

【英文をいかに読むかのおすすめポイント】
・いろんなジャンルの英文を楽しめる
・英文の質が良い。名著を解説している
・文構造が難しいものが多いから、演習用に向いている

【英文解釈の参考書】勉強法・効果

当記事ではレベルがカンタンなものから精読の「オススメ参考書」を紹介しています。そのため以下のような勉強法でやれば、しっかりと力はつくでしょう。注意点としては、精読の初心者はいきなりレベルが高すぎる参考書に手を出さないということ。なぜなら「難しい英文解釈の参考書」は初歩的なことがらの説明がないから。かえって混乱をまねきかねません。

【英文解釈の勉強法】
レベルが低いものから、取り組んでもらえば力がつきます。みなさんのレベルはそれぞれですから、取り組みはじめる参考書は、自分に合うものからはじめるといいでしょう。そのとき当記事で紹介している【英文法解説】を参照用としてもっていると心強いかと思います。

【英文解釈の効果】読めると、とにかく英語が楽しくなる

上記の精読の参考書とその勉強法に取り組んで、大きな変化が3つあります。

【精読の効果】
ほんとんど英文の構造がわかる
・映画のセリフのニュアンスがつかめる
・速読できるようになった

英語がサクサク読めるようになって楽しい日課が増えました。CNNやBBCのサイトで記事を読むこと。読めないストレスがないから、リーディングが生活の一部になりました。

私は「正しく読めない」と思ったとき、立ち止まり「精読」をみがいて正解でした。というもの、好きな洋書を深くわかるようになりましたし、英字新聞のレベルならサクサク読めるようになったため。うれしいのは、あの読めないときのモヤモヤ感がなくなったことです。読めるとほんっと楽しんですよね。多読がさらに面白くなりました。驚いたことは他にも。それはリスニング力も上がったことです。読めないものは聞きとれないから、その意味もよくわかります。リーディングとリスニングは切っても切り離せない関係なんです。

【英文解釈の初心者に】リーディングを基礎をしっかりさせる「勉強法」

当記事で扱った参考書は上級者向けのものが多いため、難しすぎると感じるかたもいらっしゃるかもしれません。大学受験レベルの精読力をつけるための参考書も以下の記事で紹介しています。初級者、中級者の勉強法をお探しなら、こちらの記事がおすすめ。

「洋書の英語が読めない」をラクにかえる!一流の読解力をつくる5冊
単語や英文法をみっちり学習したのに、「いざ洋書の英語を読んでみると、内容がぜんぜん入ってこない」なんてことありませんか?わたしはこれを大学受験のときに痛いほど感じ、勉強法をかえていったんです。具体的には英文解釈本をつかって、ひとつ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました