英語構文を覚えるだけ、リーディング力が3倍に!【参考書・勉強法】

reading-english-book-TOEIC

大学受験・TOEICの参考書をさがして、参考書がいっぱりあってウンザリ…したことありませんか?はじめて大学受験・TOEICの対策するかたにとっては、参考書を探しだけでも大変なはず。

この点、一冊でリーディングにもリスニングにも効くオールランダーのような参考書があるんです。それは英語構文の参考書!構文とは「英語の型」で、これだけ英語の土台ができあがります。大学受験とTOEICで、リーディングできない英文がなくなるんです。

本記事では、TOEIC対策にも大学受験対策にもオススメな「入試英語最重要構文540CD付」を紹介。私はTOEIC855点を超えるためにやった勉強法は、「構文」と「金のフレーズ」ぐらい。TOEICでは難しい英文がほとんどでないから、英語構文をやれば読めない英文が「完全」になくなります。あとはリーディングスピードをどれくらい伸ばせるかの勝負。

大学受験の英文は、TOEICよりも構文が難しいです。そのためMARCH以上の早慶、上智を受けるかたは、「構文」のあと、英語勉強法としては「英文解釈」がおすすめ。リーディングの演習がつめるんです。本記事では、「構文について」と「構文の後には、どのような英語勉強法がおすすめか」を紹介します。

「入試英語最重要構文540」の効果】
・TOEICのリーディングで、読めないものがなくなる
・大学入試のリーディングでは、9割は読めるように
・英語力をグッと底上げする

【こんな方に「構文勉強法」がおすすめ】
・英単語が学習したのに、リーディングができない
・TOEIC・大学入試のリーディングが苦手

スポンサーリンク

英語の構文とは? – その効果は?

英語の構文とは、英文構造をパターン化したもの。英語の型とも言えます。どんな難しそうにみえる英文でも、この構文のもとにつくられているんです。だから英語の構文(型)を覚えると、すらすらとリーディングができるようになります。基礎をガッシリとさせる英語勉強法なんです。英語構文の効果を、本書を例にとってみてみましょう。

35. I’d like to make it clear that I will not change my mind.
36. They take it for granted thatwhat is new is better than what is old.

上記の英文において、赤字で書かれてあるのが英語構文です。この型を知らないと、リーディング中に「英文法の知識」をひっぱりだして、イチカラ考えないといけなくなります。時間がかかるんです。でもこの「make it clear that」や「take it for granted that」という型を知っていれば、パッと意味がわかります。速読できるんです。意味は「はっきりさせたい」と「当然だと思っている」になりますが、構文がわかるだけでかなり英文が読みやすくなりますよね。英文の赤字から先は、「はっきりさせたい」ことって何だろう、「当然だと思っている」ことって何だろう、と考えながら読めるんです。構文とは大きな「ピースのパズル」のようなもの。上記の赤字の大きなパズルがわかれば、かなり英文の意味がクッキリしてきます。全体像がわかりやすくなる英語勉強法なんです。

英語構文とは、野球でいうと「素振り練習」、サッカーでいうと「鳥かご」のように、競技のエッセンスがつまっているもの。スポーツや音楽の演奏でもそうであるように、基礎の型がしっかりしている人は上達がはやく、うまい人はみなさん基礎の型を身につけています。英語構文も英文のエッセンスがギュッとつまっているんです。構文を覚えれば、リーディング、リスニング、スピーキング、ラインティングの能力を基礎からグッと向上させます。書籍「英語上達完全マップ―初級からTOEIC900点レベルまでの効果的勉強法」においても、「英の構文参考書」こなすことで英語力を底上げすると書かれてあります。

早い段階でマスターしておきたいのがいわゆる大学入試構文。100~150の構文をマスターしてしまえば、英語の文型にはけりがつく。

【入試英語最重要構文540】大学受験に必要な「構文」の「一覧表」

「入試英語最重要構文540」は、540の英文にぎゅっと重要な英語構文がおさめられているので、復習がパパっとできます。540個の英語構文は、大学受験で必要なリーディングの「構文一覧表」のようなもの。コスパのよい英語勉強法なんです。リーディングに必要な型をコンパクトに、一冊にまとめられています。コンパクトさはホント魅力。だから少ない時間で効果を実感できるでしょう。

具体的にいうと、復習すればするほど通読にかかる時間が少なります。私が読んでいる回数は100回を越しますが、1回にかかる時間は1時間もかかりません。復習にかかる時間が短いほど、時間あたりに学べる情報が増えていくんです。また構文が複雑でわからないという人に安心できますよ。英語構文の説明がカンタンに説明されているから、サクッと英文法の事項が確認できるんです。

【入試英語最重要構文540】のレイアウト・勉強法

レイアウトは右側に和文が、左側にその英文が記載されています。本書の「英語構文の勉強法」としては、「和文を読んですぐに左側の英文を読む」という順序がオススメ。瞬間英作文の要領です。使用されている英単語のレベルはたかくないから、英語初心者から上級者まで読めるでしょう。単語のレベルを抑えながらも、TOEIC・大学入試のコアとなる構文を効率的に学べますよ。

もし説明を読んでも構文の意味がわからないという場合は、文法書が一冊あると理解が深まるでしょう。英文法書でオススメなのは「ジーニアス総合英語」。これで調べて、わからないことはTOEIC・大学受験のレベルではありません。手元においておけば、学習をサポートしてくれる強力な味方になってくれるでしょう。どんな英語勉強法にも相性がよい英文法書です。

【本書のポイント】
・英語構文でも重要なものの一覧表。540個のコンパクトな英文
・復習がしやすいから、記憶にのこりやすい

英語構文の勉強法

シンプルな勉強法だから、続けるのは簡単ではありませんよね。英語構文の勉強法としては、1回で覚えようとせずに何回も繰りかえしながら体に染み込ませる、という心がけが大切です。何回も繰り返すという前提をおくことで、肩の力をぬいて一回一回がやり遂げられますよ。「ゆったり、でもはやく読みぬく」ことが重要。

【英語構文の勉強法】
・音読する
・書く
・付属のCDを聴く

・一ヶ月に6周できるようにスピーディに

上記のように復習のやりかたは色々と考えられると思います。どれも効果がありますので、みなさんに合う復習法をさがしてみるといいでしょう。とくに最後の「一ヶ月に6周できるようにスピーディに」が重要。スタディサプリの英語を担当する関先生も、どんな英語勉強法でも「繰り返す」ことがとくに大切だと著書でいわれています。

一ヶ月に『6回』同じ単語に目を通す!!

わたしのおすすめは4つを組み合わせるです。4つの復習を組み合わせると、より深く記憶に定着しますよ。また復習法を変えると気分転換にもなって、飽きにくくなるんです。

【私が実践!勉強法】英語構文を、ひたすら眺める

私がオススメする「英語構文の勉強法」は、ひたすら眺める。ここで重要なのは、「すばやく」するということ。Google元副社長、村上さんが著書「村上式シンプル英語勉強法」で紹介していた「英単語の覚え方」を、「英語構文の勉強法」に応用したものです。

村上式の単語の覚え方の極意は「ひたすら眺める」です。毎日毎日、ただひたすら単語を見る、眺める。最終的には1日に1万語を見る。

「すばやく」こなす理由は何かというと、なんども構文に出会えるということ。復習の回数がふえると、記憶に残りやすいんです。みなさんもよく出会う人は、顔や名前をスラスラ覚えられますよね。「お店に常連さん」や、職場の人、学校でクラスが同じ人、すべて出会う回数が多いから記憶に定着するんです。この仕組みと同じように、英語構文によく出会うようにすると記憶に強く残ります。すばやく540個のすべての英語構文に目をとおしましょう。初心者は半分でもかまいません。2週間つづければ、かならず結果はついてきますよ。

【英語構文の勉強法】
・ひたすら、すばやく眺める
・1日540個、すべての構文をみる

【英語構文の効果】すらすらリーディングできる

英語構文の勉強法として、①和文ー②英訳を繰り返すと、英語と和訳のギャップをうめられます。ギャップがなくなっていくにつれて、日本語をはさまずに英語がわかるように私はなりました構文が身につくと、英文の骨格を予想しながら英語を読めるようになるんです。この感覚の変化について、具体例を挙げてみましょう。

「I found it difficult to make myself understood in English.」を左から右に読むなかで、「I found it difficult that」を読んだ瞬間に、「that」以下は「難しいと思った」内容を説明するだろうと見通すことができます。語順どおりに読みとれると、リーディングとリスニング力が上がりを実感できるでしょう。返り読みしなくなるから、リーディングがグングン進みます。

【英語構文の効果】
・返り読みしなくなるから、リーディングスピードアップ
・語順とおりに理解できると、リーディング力アップ

・英語構文を、英会話のフレーズとしてもつかえる

【英語構文】英会話のフレーズもスラスラ出てくる

①和文ー②英訳を50回ほどやり遂げて感じたのは、本書の英語を借りながら英会話できるようになったこと。構文をまるまる引き出すことで、英会話のテンポが上がります。英会話の内容にそった構文を頭から引き出して、ところどころ単語を入れ替えているという感覚です。英語構文で大きなパズルのピースは埋められるから、あとは小さなピースである「英単語」を入れ替えれば、英会話は完成します。英語構文を試してみる場として、オンライン英会話にチャレンジしてもいいかもしれません。以下の記事で、おすすめの「オンライン英会話」と「英語勉強法」について紹介しています。もし興味があればご参照ください。

【構文のあと – 1】「英文解釈」で、リーディングのさらなる強化

本書の学習をおえて、洋書の「多読勉強法」をチョイス。きっかけはTOEICだけでなく生の英語に触れたいと思ったため。構文もマスターしたことだし、洋書もさくさく読めるようになっただろうと考えていました。みなさんもTOEICができたら洋書もカンタンに読めると思いませんか?でも実戦英語のリーディングはTOEICと比べものにならないくらい難しいかったんです。

そのころ、TOEICのリーディングが得意のパートになっていましたが、洋書のリーディングとなると話はべつ。ミスしやすかった文法ポイントとしては、「比較」や「倒置」がからんだ英文があるときです。原因は「比較」や「倒置」がからむ英文は、その構造がこみ入った形になるためだと思います。「入試英語最重要構文540CD付」だけで「英語の型」までは学べましたが、まだまだ実践の場で試すことがすくなかったんです。つまり型を体にしみこませる、演習がたりなかったといえます。そこで、構文の演習として購入したのは「英文読解の透視図」。

大学受験用の参考書で、社会人が英語学習を再開するためにもつかえるんです。中級者がつまずきやすい項目「比較」や「倒置」が、大学受験の過去問を交えて説明されています。5回ほど通読すると、評論文での誤読があきらかに少なくなりました。さらに効果を実感したのは小説を読んだとき。本書によって高度な英文を読み解けるようになるので、複雑な構文が多い小説も読めるようになります。小説をさくさく読めるようになりたい人におすすめ。

大学受験レベルのリーディングの強化したいかた、洋書・英字新聞も読めるようになりたいかた、も「英文解釈」を学ぶと構文の演習ができますよ。以下の記事で「英文解釈」のレベル別の参考書と勉強法を説明。初心者から上級者までリーディング力を高められる、参考書をたくさん紹介しています。

「洋書の英語が読めない」をラクにかえる!一流の読解力をつくる5冊
単語や英文法をみっちり学習したのに、「いざ洋書の英語を読んでみると、内容がぜんぜん入ってこない」なんてことありませんか?わたしはこれを大学受験のときに痛いほど感じ、勉強法をかえていったんです。具体的には英文解釈本をつかって、ひとつ...
すらすらリーディングの神ワザ「英文解釈の勉強法」【おすすめ参考書】
リーディングの正しいフォーム(精読=英文解釈)を学ぶために、英文解釈の「おすすめ参考書と勉強法」を紹介。これでTOEICも英字新聞も読める!難易度がカンタンなものから並べているから、順番にやっていただけると着実にリーディングの力がつく。

【構文のあと – 2】Netflix英語学習法で、リーディングとリスニングもみがく

Netflixの「海外ドラマ・アニメ」が英語勉強法としてかんり使えるのを知っていますか?「英語字幕」をつかえば、リーディング力とリスニング力ともに伸ばせるんです。しかも楽しいのに、結果がでる。集中力が切れたときなんかに、気分転換として観るのがオススメですよ。

「入試英語最重要構文540CD付」の効果として、海外ドラマ・アニメの英語字幕はらくらく読めるはず。海外ドラマ・アニメは難しい構文が使われることは少ないから、ラクに読めるようになっているでしょう。

海外ドラマ・アニメで理解しづらいのは、リスニングのスピードが早いところ。スピーキングのスピードがはやすぎるときには、英語字幕を表示するのがオススメ。字幕おいながら聴きとることで、英語字幕と発声される英語をリンクする力があがるんです。だんだんと大学入試やTOEICのリスニングが遅いと感じるほど上達しますよ。くわしくは、以下の記事で海外ドラマ・アニメをつかった英語勉強法を紹介しています。

【ラクチン英語学習】Netflixアニメを、英語字幕でみるだけ
「面白い」ことは、英語学習にとっての最高スパイス。楽しいと次のストーリーが気になり、英語勉強が習慣化できるようになります。わたしはNetflixで英語を学んでいるときは、もはや「学習」してるという感覚はありません。毎週お気に入りのドラマ・アニメを視聴しているようです。

【本書が難しいときには?】「瞬間英作文トレーニング」がおすすめ

もし「入試英語最重要構文540」の構文が難しいと感じるときには、本書よりカンタンな「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」からはじめるといいかもしれません。森沢 洋介氏は人気の「英語上達マップ」で瞬間英作文についてこのように語られています。

短文暗唱=瞬間英作文は、英文を即座に作るための瞬間英作文回路を自分の中に組み込みます。また、この回路に乗せて、音読パッケージなどで蓄えた英語のストックが実際に使えるようになります。最も目立った効果は英語が話せるようになるということですが、それ以外にもリスニング、読解力も向上します。自在に使える構文、フレーズが多いということは、英語力全体を底上げしてくれるのです。

COMMENT