「英文解釈教室」で、”英語の読み”が劇的チェンジ!【効果&使い方】

become-a-good-english-interpreter勉強法

英語ができる人にオススメの参考書を聞くと、「英文解釈教室」といわれたことありませんか?オススメされるわりには、通読した人が少ないですよね。

その理由は「英文解釈教室」はとても難しいため。だからどんな本なのかがわかっていない人がおおいはず。

そこで本記事では「英文解釈教室」についてていねいに紹介していきます。

【本記事でわかること】
・「英文解釈教室」の効果
・「英文解釈教室」の難易度
・「英文解釈教室」のレイアウト
・「英文解釈教室」の効果的な使い方・勉強方法
・「英文解釈教室」での悩み。その解決法

スポンサーリンク

「英文解釈教室」の効果

英文解釈の効果はつぎのようなものがあります。

・精読力アップ
・ちゃんと読めるから、速く読める
・洋書が
スラスラ読める

「英文解釈教室」は英語講師もオススメしていて、スタディサプリの関正生先生もオススメしてるんです。関正生先生はほかにも伊藤和夫「ビジュアル英文解釈」もオススメされていますよ。

「英文解釈教室」のレベル

glasses-man

「英文解釈教室」のレベルを、それぞれの試験の観点からみていきます。

英検1級、英検準1級

英検1級、英検準1級のリーディング試験は、TOEICなどと比べて難しいものが多いんです。英文の構造がわかっていないと問題が解けないものが多くあります。

そのため英検1級、英検準1級には「英文解釈教室」はオススメできます。とくに英検1級では正確な英文読解がもとめられるから、「英文解釈教室」などで読解力をきたなければなりません。

「英文解釈教室」: 英検1級、英検準1級のリーディングスコアを上げる

TOEIC

TOEICの試験では、かならずしも「英文解釈教室」が必要とはいいきれません。といのもTOEIC試験は、「難しい英文を読む能力」よりも「簡単な英文を素早く読む力」をはかる試験のため。

そのため「英文解釈教室」をものにできれば、もちろんTOEICスコアは上がります。でも「英文解釈教室」つかっても、思ったよりもTOEICスコアの伸びはひくいでしょう。

それよりもTOEICレベルの英文をたくさん読んで、リーディングスピードを上げたほうがスコアは伸びますよ。いちばんはTOEIC模試です。これらが終わって、TOEICの勉強がマンネリ化したときにいいかもしれません。

・TOEIC対策には模擬問題集がイチバン
・模試のあとに「英文解釈教室」がオススメ
・「英文解釈教室」対象:TOEICスコア600点から

洋書・英字新聞

「英文解釈教室」は、洋書や英字新聞を読みたいかたには非常にオススメできます。その理由は、洋書や英字新聞にはネイティブレベルの正確なリーディングが要求されるからため。

具体的にいうと、洋書や英字新聞では、読み手(ネイティブ)を飽きさせないために、巧みな文章が書かれます。そのうまい英文には「倒置」や「比較」など難しいパートがとうぜん含まれるのです。

つまり読み手がネイティブの洋書や英字新聞には、高い英文解釈力がもとめられるということ。高い英文読解を身につけるには「英文解釈教室」がオススメなんです。このレベルの英語参考書は限られており、他には「英文解体新書」などしかありません。

その高レベルの参考書のなかでも、いちばん歴史があるのが「英文解釈教室」。これ一冊やっておけば間違いがないんです。

英語を再び学習する社会人

英語学習にブランクがある社会人には、「英文解釈教室」はオススメできません。すくなくとも1冊目にやるのは避けておいたほうがいいでしょう。

というのも、これから英語を始めようとする社会人には、英語のベースとなる英文法を学んだほうがコスパがいいため。基礎からしっかり積み上げていったほうが学習の効果が高いのです。

英語初心者の社会人が「英文解釈教室」を手に取ることは、サッカー初心者がプロの練習に参加するようなものです。かなりの無謀なこと。基礎練からやっほうが上達ははやいでしょう。

東大、京大、阪大などの旧帝大

東大、京大、阪大などの旧帝大を目指す受験生には「英文解釈教室」はオススメできます。東大、京大、阪大は「正確な読み」が必要な問題が多いですよね。

東大、京大、阪大のような骨太の問題を出すところには、高レベルの「英文解釈教室」が相性がいいでしょう。とくに下線部和訳など英文解釈力がもとめられる問題を解くときに、「英文解釈教室」は力を発揮します。

早稲田や慶応、いわゆる早慶

早稲田や慶応、いわゆる早慶の受験生には、「英文解釈教室」は手放しでオススメはできません。レベルが高すぎるうえに、早稲田や慶応の試験との相性もあまりよくないため。

というのも早稲田や慶応(早慶)は、どちらかというと英語長文を多く読ませるほうに試験問題がシフトしていますよね。ほかの私大でもその傾向があるようです。そのため早稲田や慶応を目指す受験生の中でも、時間によゆうがある人なら「英文解釈教室」に挑戦してもいいかもしれません。

また下線部和訳などの英語構造をふかく問われる受験校志望のかたにも、「英文解釈教室」はオススメできます。

大学院入試

大学院入試にも、「英文解釈教室」はオススメできます。大学入試は下線部和訳を問われることが多いですよね。これに「英文解釈教室」が効きます。

下線部和訳はしっかりと英文構造をわかっていないと解けませんから、この能力をググッと引き上げる「英文解釈教室」はぴったりなんです。

「英文解釈教室」のレイアウト

「英文解釈教室」のレイアウトは、チャプターごとにテーマが決まっています。つぎの目次をみてもらえばわかるように、チャプターごとに「Chapter5 倒置形」や「Chapter13 比較の特殊問題」のようにテーマがあります。

「英文解釈教室」の目次について

「英文解釈教室」の目次は研究社のホームページより見られます。

「英文解釈教室」の目次はこちら

基本的なレイアウト

大まかな「英文解釈教室」のながれは次のとおり。

1 テーマの解説
2 例文(60ワード前後)を5題ほど
3 例題(250ワード前後)

このように「英文解釈教室」は1〜3を繰り返して進んでいきます。「英文解釈教室」の解説は豊富だから、ほとんど不明なところはでないはず。もしわからないところがあるなら、ジーニアス総合英語などの英文法書があれば解決するでしょう。

また練習例文は「例題」のためのステップとして位置づけられていて、難易度は高くはありません。「英文解釈教室」では例題がいちばん難易度が高く設定してあります。そのため「英文解釈教室」の順番にそうことで、自然と英文読解の力がやしなえるのです。

ページ数と網羅性

「英文解釈教室」のページ数は314ページのため、網羅性はかなり高いといえます。「英文解釈教室」さえやれば、英文解釈の勉強はほぼ完成といってもいいくらいです。

【ページ数比較】
・英文解体新書:274ページ
・英文読解の透視図:236ページ
・ポレポレ英文読解プロセス50:129ページ
・英文解釈教室:314ページ

このように他の英文解釈参考書と比べても、ページ数はいちばん多くあります。

問題数

「英文解釈教室」のはっきりとした問題数はわかりませんが、推定300題(例文+例題)あります。問題数を30ページまで数えると、29題ありました。そこからの推定です。

はしがき

「英文解釈教室」のはしがきには、目指していることが完結にのべられています。一部引用します。

筆者が本書で試みたのは、英語を形から考える練習、つまり、英語を読んでいるかぎり決してそこからはなれることができない基本的な約束を明らかにすることから出発し、その原則に基づいて英語の構造を分析し、読者とともに考えることを通して、英語を読む際に具体的には頭はどのように働くのか、また働くべきなのかを解明することである。

「英文解釈教室」のはしがきはつまり、「ネイティブが読むように読む」ということだと思います。そこを緻密に言語化しているのです。

あとがき

「英文解釈教室」のあとがきには、通読したあとにどのように勉強したらいいかがのべられています。それは2つあり、一部を引用して紹介します。

1つはもう一度この本を読み返すことである。どんな書物でも1回読んだだけでその全部を汲みつくせるものではない。

2つ目の勉強方法は以下です。

第2の道は、この書物から得た知識をもとに、原書を読む道、自分は見たいとかねがね思っていた本を読む道へ踏み出すことである。

「英文解釈教室」のあとがきにもあるように、もういちど通読するか、原書を読むかの2パターンの勉強法があるようです。

「英文解釈教室」の使い方・勉強法

idiom

「英文解釈教室」の使い方・勉強法について、パートごとに紹介していきます。

レベルに合わせて問題選び

「英文解釈教室」の使い方としては、みなさんレベルに合わせての問題を選ぶいいでしょう。その理由は「英文解釈教室」は問題が多すぎるため。これはいい面でもあるのですが、悪い面でもあります。

二周目のとき、一回目の記憶が飛んでしまって、イチから勉強することにならないようにしましょう。

そのためにはまず「英文解釈教室の練習例文」だけを解くことをオススメ。これだけでもかなりの力がつきます。「例題」は難易度が高いため、難しかたは3周目くらいまでは飛ばしてしまってかまいません。

通読にかかる時間

わたしは高校3年の夏を過ぎたあたりに、はじめて「英文解釈教室」をやったのを覚えています。そのときは「英文解釈教室」の通読に1ヶ月半くらいかかりました。

ただ、いちど通読できれば一回の通読にかかる時間はどんどん短くなるのです。わたしは今では2週間で一周するくらいのペースで読めます。

何周すればいいか?

「英文解釈教室」は何周すればいいか、については最低3週はやってほしいです。というのもかなり分量がおおいぶん、繰り返さないと身につかないため。

志望校や目標とする英語レベルに合わせて、「英文解釈教室」を何周やるかは決めるといいでしょう。

「英文解釈教室」に関する「悩みアレコレ」

「英文解釈教室」に関する悩みについて項目別にみていきましょう。

英文解釈教室が「難しい、難しすぎる」

英文解釈教室が「難しい、難しすぎる」というかたが時々いらっしゃいます。

そんなかたは、だいたいこんなかたが多いんじゃないでしょうか?

・節と句の区別がわからない
・副詞節が何かわからない

これらの区別や正確な知識なしでは、英文解釈教室は読めません。というのも、「節と句」や「副詞節」の知識はあるという前提で、解説は進められるため。前提がわからないと、解説もわからないのです。

そんなときは自分のレベルに合う英文法の問題集にもどることをオススメします。仲本の英文法倶楽部やジーニアス総合英語でベースを磨きましょう。

解説が難しい:レベルの易しい参考書から取り組むのを推奨

2つめの「英文解釈教室」が「難しい、難しすぎる」パターンは、英文解釈の知識が足りないとき。「英文解釈教室」は英文解釈の基礎については説明しません。基礎の知識ははぶきつつ、エッセンスを解説していくのです。

そのため「英文解釈教室」を読んでいて難しすぎると感じるかたは、まずレベルの低い英文解釈本からはじめてみるとスムーズにいくはずです。

「英文解釈教室」よりもやさしい本だと、「ポレポレ英文読解プロセス50」や「英文読解の透視図」があげられるでしょう。

「英文解釈教室」が不要な人

「英文解釈教室」が不要なんじゃないかと不安になるかたがよくいらっしゃいます。そんな方にまず伝えたいのは、「英文解釈教室」をすれば本当の英語力が手にはいるということ。

でもそんな高い英語力が必要ないというかたもいるかもしれません。そのためつぎのようなかたは必ずしも「英文解釈教室」をやらなくていいでしょう。

・TOEICを素早くスコアアップしたい
・旧帝大以外の受験生
・難しい下線部和訳が出題されない受験生

「英文解釈教室」がつらい人

「英文解釈教室」がつらい人と感じるかたも多いようです。理由はレベルの高さもありますが、解説のカタイ表現にもあるように感じます。参考書にもみなさんとの相性があるのです。

したがって「英文解釈教室」と相性がわるいと感じたら、同じレベルの英文解釈の本にうつってもいいかと思います。そのときの選択肢はつぎの本があげられます。

・英文解体新書
・英文読解の原則125
・越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文

「英文解釈教室」を取り組むまでの順番

「英文解釈教室」を取り組むまでの順番としては、「ビジュアル英文解釈」をやってからこちらにうつるといいでしょう。著者はどちらも伊藤和夫氏ですから、スムーズに勉強できますよ。

「英文解釈教室」の「英文は古い?」

「英文解釈教室」の「英文は古い?」かというと、古いです。ただそれがダメなことかというと、わたしはそう思いません。

というのも英文は古いものもありますが、「古すぎてこの表現つかわない」というようなものはないため。どれも今でも使われる、英語のエッセンスが詰まった英文ばかりです。つまり「英文解釈教室」をものにできれば、現代に書かれた小説や英字新聞が読めるようになります。

あわせて読みたい

COMMENT