【英語長文を読むトリセツ】、コツは一文を正確に |「ポレポレ英文読解プロセス50」

reading-poreporeTOEIC

英単語・文法を勉強したのに、「長文の英語がよめない」ときありせんか。わたしは高校2年のときに長文問題の正答率が低くてあせりました。あれだけ文法勉強してたのに…

そんなときに英語の点数、特に英語長文の点数を上げてくれたのが、「ポレポレ英文読解プロセス50」。コンパクトにまとまっているから復習しやすい。一文を正確に読めるようになるから、英語長文・和訳が得意になりましたよ。当記事では「ポレポレ英文読解プロセス50」のオススメな理由・効果を紹介。

【ポレポレ英文読解プロセス50のメリット】

  • 英文を正確によめるようになる
  • 英語長文・和訳問題の点数UP
  • 返りよみが少なくなるから、すばやく読める
スポンサーリンク

「ポレポレ英文読解プロセス50」のレベル・おすすめの人

レベルは「標準〜やや応用」ぐらい。センター・共通テストで6割以上とれる人におすすめです。旧帝大、上位国公立、早慶、MARCH上位、関関同立を狙えるレベルまで引き上げられる。

コンパクトな構成で、基礎的な事項の説明はない。わたしは高校2年の終わりに取りくみ、当時かなり悪戦苦闘した思い出があります。でも復習を重ねるたびに、英語長文が得意になっていきました。

「ポレポレ」が難しいひとには、これ「英文読解入門基本はここだ」

「ポレポレ」はていねいに英文読解を説明しますが高校1、2年レベルの英語は解説されていない。読んでてむずかしいと感じたかたは、同じ著者が「英文読解の基礎」を解説している「英文読解入門基本はここだ!」をやるとスムーズにいくはず。

TOEIC・英検に「ポレポレ英文読解」が効く!

本書でTOEICのスコアアップも期待できるんです。TOEICで読めない英文がなくなります。ただTOEICではむずかしい英文解釈は出題されないため、すこしオーバーワークかもしれません。TOEICのスコアアップだけじゃなくて、洋書・英語文献を読みこなしたい方に推薦できます。

「英文読解の透視図」と「ポレポレ」、どっちがおすすめ?

「英文読解の透視図」と「ポレポレ」は定評がある参考書ですが、学習者によってどちらがおすすめか変わります。

「ポレポレ」はMARCH以上を志望しているかた全員におすすめです。「英文読解の透視図」は量が多いからもっと上のレベルを目指すかたに推薦。具体的には旧帝大や早慶をねらう人には、「ポレポレ」と「英文読解の透視図」のどちらもやってほしい「ポレポレ」はコンパクトさがウリ、でもすこし問題演習の量が足りない。

「問題演習量が少ない」という穴を埋めてくれるのが、「英文読解の透視図」です。和訳問題がムズカシイ大学を志望しているひとも、これで演習をつむといいでしょう。

「ポレポレ」の構成

基本的な流れは以下のようになっています。

例題1~4 SVの発見
例題5~12 句や節,共通関係の把握(等位接続詞に注目して)
例題13~15 準動詞の主語(句の範囲を間違えやすい所として)
例題16~28 挿入,修飾語と文の骨格の把握
例題29~37 関係詞の理解(修飾語の延長として)
例題38~40 名詞構文(訳出しにくいものとして)
例題41~47 倒置(プロセス通りすすみにくく、差がつく構文として)
例題48~50 省略(プロセス通りすすみにくく、差がつく構文として)

基礎から英文読解をまなべるように構成してあるから、すらすら読みやすい。なのに力がつくのは難しい問題をたくみに織りまぜているから。基礎をていねいに解説して、難解な問題を解かせるという流れになっています。上記のように「例題1~4」あたりは「SVの発見」を解説しており、英文解釈の基礎の部分にあたる。レベルは次第にあがり、「例題41~47 倒置」や「例題48~50 省略」あたりは手こずる問題がおおいでしょう。ここまで理解できると力がついてきますよ。

コンパクトだから何度も復習するといいと思います。復習として、通読3回はやりたいところ。わたしは高校時代に5回は読みました。

「ポレポレ英文読解プロセス50」の特徴・メリット

特徴は英文読解に必要なプロセスを”ていねい”に解説しているところ。雰囲気で英文を読むのではなく、論理的に読む力をやしなえる。

英語圏の人が無意識にやっている”正しい読みかた”を、言語化している。だから第二言語で英語をまなぶわたしたちも、本書でネイティブの読みかたを身につけられます。「なぜそのような読みかたをするのか?」にたいして、きっちりと向き合っているのが本書。著者も以下のように「はしがき」で述べています。

解説については、文構造の理解について、なぜそうなるのかのプロセスにこだわりました。語句説明と結果としての構文図解、訳例しか載せていない問題集とは、一味違うつもりです。

英語長文のコツは正確に読む、だから「ポレポレ」がおすすめ

この「なぜそうなるのか」をつきつめていくと、英文が正確に読めるようになり、英語長文も解けるようになりますよ。

はっきり言って大学受験の英語長文を解くには小手先のテクニックは必要がありません。素直に一文一文を正確に読めさえすれば正解までたどりつく。英文解釈で英文をまっとうに読んでいくのが遠回りにみえて、いちばんの早道なんです。正確に読めると返り読みしなくなるから、リーディングスピードがUPしますよ。

和訳問題にも効果

本書は英文の構造を解きほどくだけでなく、和訳についても学べます。本書の例を紹介します。

1.The fact (that he told me) disapointed me.
「彼が僕に教えてくれた事実は僕を失望された。」
→「彼が僕に教えてくれた事実を知って僕はがっかりした」

上記のように無生物が主語になると訳がぎこちないですよね。そういう場合には、「無生物主語」の部分を副詞的に変えて訳出するといいと紹介されている。「事実は」の部分を、副詞的に訳して「事実を知って」と訳しています。ほかにも訳出のテクニックが説明されているから、和訳の力をきたえられますよ。

【ポレポレ英文読解プロセス50のメリット】

  • 英文を、雰囲気じゃなく論理的に読めるようになる
  • 一文一文を正確に読める、だから長文問題も解ける
  • 返りよみが少なくなるから、すばやく読める

「ポレポレ英文読解プロセス50」のあとは、何がおすすめ?

「ポレポレ英文読解プロセス50」のあと、「英文読解の透視図」と「英文解釈教室」を読むと大学受験レベルではかんぺき。詳しくは以下の記事で紹介しています。

「洋書の英語が読めない」をラクにかえる!一流の読解力をつくる5冊
単語や英文法をみっちり学習したのに、「いざ洋書の英語を読んでみると、内容がぜんぜん入ってこない」なんてことありませんか?わたしはこれを大学受験のときに痛いほど感じ、勉強法をかえていったんです。具体的には英文解釈本をつかって、ひとつ...

また洋書・英語文献を読みこなしたいかたに、さらに上のレベルの英文解釈本を紹介しています。以下がその記事です。

すらすらリーディングの神ワザ「英文解釈の勉強法」【おすすめ参考書】
リーディングの正しいフォーム(精読=英文解釈)を学ぶために、英文解釈の「おすすめ参考書と勉強法」を紹介。これでTOEICも英字新聞も読める!難易度がカンタンなものから並べているから、順番にやっていただけると着実にリーディングの力がつく。

COMMENT