【4選】英語読解がニガテなあなたへ「英文解釈本、読んでますか」

TOEIC


単語や英文法をみっちり学習したのに、「いざ英語の長文を読んでみると、内容がぜんっぜん入ってこない」ってことありませんか?

英語の長文問題を解くには、英文解釈を学んで一文一文を正確に読めることが重要。英文解釈を学ぶと正確に読める、だから英文読解ができる。

正確に読めると返り読みしないから、英語を読むスピードもアップ。長文の内容もみるみる理解できるようになりますよ。

英語上達に近道はありません。一文を正確に訳せるようになることが、地道にみえて一番効率的!

英語の読解力をガッチリと上げる「英文解釈本」を【厳選】しました。レベル、分かりやすさ、使いやすさを観点におすすめ5選を紹介。

英文解釈の本を選ぶ際には、自分のレベルに合わせて選ぶことが大切。というのも上級の本は基本的な事項は説明しないから。

【英文解釈をまなぶメリット】

  • 正確に読めるから、和訳もできる
  • 返り読みしない、だから速読できる
  • 正確に訳せると、英語の長文問題に強くなる
スポンサーリンク

「ポレポレ英文読解」は50の英語を厳選、だから長文が解ける

  • レベル    ★★☆☆☆
  • わかりやすさ ★★★★★
  • 使いやすさ  ★★★★★

厳選された50の例題から、英文解釈のコアを学べます。

レベルは2ですが、50の例題の中には難しいものも含まれています。

説明も詳細にされていて、英文解釈の基礎部分(SVの発見)から日本人が苦手なポイントの「倒置・省略」まで幅広く解説されています。

具体的に紹介していきます(p114 例題45)。

So important is the role of the environment that talking of an “innate” tendancy to be be aggressive makes little sense ofr animals, let alone for humans.

こちらの例文をうまく訳せますか。英文解釈の分類では、「倒置」に属します。

ヒントは構造がSVOではなく、文頭に形容詞の「So important」からはじまっているところ。わらかない場合、ポレポレで詳しく説明されていますのでぜひ手にとってみてください。

本書の構成ははほとんどが同じで、左ページに例文の記載が、右ページに訳例の記載があります。見やすいためスピーディに読めます。見開きの解説ではない英文もありますが、見やすくレイアウトされています。

見やすいことは、復習のしやすさにもつながるため、すばやく英文解釈力が養えるでしょう。約130ページというコンパクトさも、本書の特筆するべき点といえます。

50の例文にぎゅっと大事な点がつまっているから、時間がない受験生や社会人におすすめの本です。

こちらの参考書が難しい場合は、ポレポレと同じ著者の「英文読解入門基本はここだ!」をやってから、ポレポレに進むと、スムーズに進行できると思います。「英文読解入門基本はここだ!」は、基本事項の説明がより詳しいです。

【ポレポレ英文読解の効果】

  • 見開き、だから復習しやすい
  • 英文が厳選されているため、短期間で結果が出る
  • 内容が濃いから、難関大にも対策できる

精読で、英語長文問題が得点源にかわる「英文読解の透視図」

  • レベル    ★★★★☆
  • わかりやすさ ★★★★★
  • 使いやすさ  ★★★★☆

本書のレベルは、「ポレポレ英文読解プロセス50」よりも難しいものが多いです。英文分量も多いため、ポレポレを身につけたあとの問題演習として最適。「英文読解の透視図」をやると、「ポレポレ」で学んだ精読力を、実際の英語長文問題で使えるテクニックに変えられます。

私が非常に参考になったのは、潜在仮定法のページ。P139で、Ifに始まる条件節がない場合の仮定法を紹介している。簡単にいうと「if」が隠れているパターン。コレで仮定法にめっぽう強くなれました。

仮定法の条件節相当語句
(1)副詞句の場合

ex. What would you have done in my position?

(私の立場だったらならば、あなたはどうしたのだろか?)

(2)without A(もしAがないならば/もしAがなかったならば)

ex. You couldn’t have left the country without passport.

(3)but for A(もしAがないならば/もしAがなかったならば)

ex. But for the rain we would have had a nice holiday.

(もし雨が降らなければ、素晴らしい休暇になったのだが)

上記のように条件節相当語句を、じっくり吸収できます。他にも(6)不定詞の場合、(7)分詞句の場合、(8)関係詞句の場合、(9)主語の場合、と体系的に説明されています。

特に大学受験や英検などの試験で、「仮定法」は問題とされることが多いから、集中的に学べる本書はおすすめ。「仮定法」の苦手意識がなくなること間違いありません。

大学受験の頻出テーマを、みっちりと解説。

ほかにも受験生が苦手としている「省略」や「倒置」などのテーマが、ていねいに解説されています。コレをやれば他の受験生に差をつけられますよ。もし「英文読解の透視図」をマスターできれば、大学受験で読めない英文はなくなるでしょう。

【英文読解の透視図】

  • 仮定法の説明がどこよりも、くわしい
  • 問題演習の数をこなせる、だから英語長文が得点源になる
  • 大学入試の頻出テーマを、ていねい解説している

「英文解釈教室」で精読が完成、東大の長文問題も朝飯前

  • レベル    ★★★★★
  • わかりやすさ ★★★★★
  • 使いやすさ  ★★★☆☆


レベルは「英文読解の透視図」よりも難しく、こちらを通読できれば読めない洋書・英文はほとんどゼロに。英文解釈のちから強い味方。

でも分量は前述の二冊よりも多いため、時間に余裕がある人におすすめ。ただ分量が多い分、しっかりとした英文解釈の力がつくことが保証されています。難関大の合格者がよく使っているから安心。

1977年に出版されてから、現在まで読み続けられていることからも、本書の上質さがわかる。

「時間がない人」は、例題以外の「基本問題を解くといいでしょう。例題以外の問題でも十分に量があるため、十分ちからをつけられます。例題は難しい問題が多いから、なんどか通読したあとに、取り組むと内容が把握できるでしょう。

単元ごとにテーマが決まっているため、苦手な分野から取り組めるのも魅力。例えば受験生が苦手とする、「倒置形」、「比較」、「関係詞」を重点的に学べば、ライバルに差をつけらるはず。

体系的な英文解釈、精読力UP、洋書も英字新聞もスラスラと

本書が試みているのは、英語上級者が無意識にしている英文解釈を、徹底的に言語化しているところ。この言語化された英文解釈を体系的に身につけると、英文を右から左にスムーズに読めるようになります。

筆者は

筆者が本書で試みたのは、英語を形から考える練習、つまり、英語を読んでいるかぎり決してそこから離れることができない基本的な約束を明らかにすることから出発し、その原則に基づいて英語の構造を分析し、読者とともに考えることを通して、英語を読む際に具体的には頭はどのように働くのか、また働くべきなのかを解明することである

と述べています。本書をなんども読むことで、上級者がしている英文解釈法を吸収し、実践できるようになります。ひいては、洋書や英字新聞もなんなく読みこなせる真の英語力もつく。

【英文解釈教室】

  • 英語のプロの精読を学べる。だから左から右に語順通りに読める。
  • プロ精読方法を、誰もが実践できるように言語化している
  • これ一冊やれば、ほとんどの英文が読める

「英文解釈本の難易度」・タイプ別おすすめ参考書

難易度は易しいものから、1「英文読解入門基本はここだ!」、2「ポレポレ英文読解プロセス50」、3「英文読解の透視図」、4「英文解釈教室」の順。

英文解釈の力をつければ、生の英語や洋書を理解できるよろこび味わえますよ。英文解釈の力はうそはつきません、しっかりやれば、正確に英文を理解できるようになりますよ。

【英文解釈のタイプ別おすすめ】

  • 短期間で実力をつけたい人 – 「ポレポレ英文読解プロセス50」
  • 和訳問題を演習したい人 – 「英文読解の透視図」
  • 時間がかかっても、洋書・英字新聞を読みたい人 – 「英文解釈教室」

難解な英文を読む社会人・大学生には、【最上級の英文解釈本】

当記事ではおもに大学入試レベルの参考書を紹介しています。べつの記事で、英語の文献を読まなければならない大学生や社会人のための【最上級の英文解釈本】を紹介。これの難易度は当記事よりも1つ2つ上です。その分かなりやりがいがあると思います。当記事の参考書をやり終えた人にもおすすめの内容です。以下がそのリンクです。

英語リーディングが苦手?コレで上級者になれます 【おすすめ5冊】
ある程度英語を学んでも、洋書やBBC・CNNのオンライン記事を読んでみると「英文の構造がわからない…」となるときありませんか。とくに最近は仕事でもオンライン上でも英語の書類・記事を読む機会が多くなっていますよね。わたしも大学受験で...

コメント

タイトルとURLをコピーしました