英語の語順を覚えるだけ!スラスラ英会話のフレーズを話せる| 「英語構文詳解」

TOEIC

TOEICや大学入試の四択問題が解けるようになったのに、いざ英作文にチャレンジすると思いませんか?「ぜんぜん解けない・・・」と。そんなんです、四択問題では英語の応用力がつかないんです。だから四択ができたからって、英作文ができたり、英会話ができたりしません。

英語の応用力をつけるなら整序問題がおすすめです。整序問題の魅力は、英作文のように添削がいらないから独学がしやすい。それなのに、単語をパズルのように組み合わせて解いていくことで、「英語の型」である「語順」の感覚が強烈にきたえられます。整序の参考書でも「英語構文詳解」はていねいに解説がなされているから、文法の復習にももってこいです。当記事では「英語構文詳解」を紹介していきます。

【英語構文詳解の効果】
・英作文の精度が上がる
・単語の結びつき(コロケーション)に強くなる
・語順の感覚が身につき、スラスラ英会話できる

スポンサーリンク

「英語構文詳解」を読むようになったきっかけ

TOEIC855点を取ったあとに洋書を読んでみると、すべてを把握できないモヤモヤ感がありました。主人公が敵を倒した、というようなストーリーの大きな流れは読めるが、モザイクがかかっているような感覚しかありませんでした。このような霧がかかった英語世界をきっくりさせるために、いろいろの学習法を調べてまわりました。

そんななか、英語講師の田中健一氏が整序問題が効果的だとツイートしていたのを発見。私もTOEICなどの英文法本の限界を感じていたため、みょうにこのツイートに興味を持ちました。これが伊藤和夫『英語構文詳解』に興味をもったきっかけです。

「英語構文詳解」は、越前 敏弥「翻訳百景 」でも推薦

もっと英語のニュアンスがわかるようにと、越前敏弥「翻訳百景」も読んでいると、ここでも「英語構文詳解」に出会いました。このなかで越前敏弥氏が「英語構文詳解」を推薦されていて、氏もたいへんお世話になったそう。わたしは「越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文」がとても勉強になったため、氏がおすすめする「英語構文詳解」はぜひ読まなければと思い、手に取りました。

【効果】コロケーションと「語順のルール」を学べる

「英語構文詳解」を5回読んで感じた効果は、英文法の立体的に理解できるようになったこと。具体的にいうと、英文法の応用力がためされる、英作文や瞬間英作文がサクサクとけるようになりました。これは断片的な知識だけで正解できる「選択問題」だけでは身につかない力です。ここに「整序問題」をする意味があると思います。だからどのような人に「整序問題」がおすすめかというと、英文法の四択が7割くらいとけるようになった人や、英作文をやりはじめる人におすすめです。整序問題は英作文よりも負荷がかるいから、英作文の準備として取りいれるとスムーズにいくでしょう。

また「英語の語順」や単語と単語の結びつきを、より意識できるようになりました。「語順」と「単語結びつき」を意識できるようになったおかげで英文の途中でも、この英文はこう続くのではないか、ということを予測できるようになりました。この予測力がつくと、リーディングのスピードが上がるんです。

「語順の感覚」がつくことで、英会話もかなりスムーズにいくようになりました。英語と日本語の大きな違いは「語順」。だから語順があっていれば、すこし語彙力が足りなくてもニュアンスが伝わるんです。つまり、日本人が苦手な「語順」を覚えさせすれば、かなりアドバンテージになるでしょう。ツイートでもその効果が指摘されています。

【英語構文詳解の効果】
・英作文の精度が上がる
・単語の結びつき(コロケーション)に強くなる
・語順の感覚が身につき、スラスラ英会話できる

【特徴】難易度がちょうどいい!解説がくわしい!

本書の特徴を、イメージしやすいように引用しつつ説明しまていきます。

人間の進歩にはかぎりがない。

There [progress, no, limit, human, to], (+1)

出典元:英語構文詳解 (駿台受験シリーズ)

みなさんは、上の候補の単語と「プラス1単語」を持ってきて正しい英文を作れますか?私は本書にあるこのような問題を正しく整序できませんでした…骨が折れる問題が多いのが本書の魅力。そのぶん得られるものは大きいですよ。何度も通読することで、スムーズに英文を作られるようになりますよ。語順の感覚もどんどん養われていくでしょう。

この本の特に良いところはいい具合に脳に加圧がかけられるところ。四択の問題だと整序よりも深く考えなくても解けてしまうので、脳への負荷が低いんです。どうしても吸収できる知識も表面的になってしまう。いっぽうで「整序問題」は脳を柔軟にしないと解けない問題がおおいです。ただ、手も足もでような問題ではなく、ヒントとして単語が提示されているから、ほどよいさじ加減の問題といえます。

「英作文」と比較すると、英作文はヒントとなる単語がありません。まっさらな状態で解かないといけないから難しく、初心者はやる気がなくなりがちですよね。整序問題は難しくもなく優しくもない、といういいさじ加減だから自習する際には重宝しますよ。いくつか回答がある英作文と違って、「整序問題」は答えはひとつだけ。「整序問題」の「添削いらず」なところも、独学向きといえるゆえんでしょう。また4択問題よりも脳を使わないといけないので、記憶にも定着しやすい。

【英語構文詳解の特徴】
・ヒントがあるから、英作文よりもカンタン
・でも四択問題よりも難しいから、記憶に残りやすい
・他の整序問題本よりも、解説がくわしい

【効果】英語の型「語順ルール」が身につく!

整序問題は「5個〜10個くらいの単語」をパズル問題のように組み合わせていきますよね。だから答えの組み合わせは何通りもあるんです。そのため整序問題は、TOEICにあるような四択問題よりも文法をより深く理解していないと解けません。

TOEICの出題は4択問題のため、そのことを通してでしか文法を理解できない。4択しか答えがないから、この手の文法書を何度か読んでいくうちに答えを覚えてしまう。英語の語順を気にせずになんとなく答えがわかってしまうんですよね。

【アプローチのちがい】
・「整序問題」をやると、英語の応用力がつく
・「四択問題」は応用ができない。四択しか解けなくなってしまう

英文法の勉強法に迷っているならコレ、「英語構文詳解」

基本的な文法を学習した人が、復習するのに本書は向いています。文法事項の理解が進んでいないうちに本書を読んでも、説明を理解することができないかもしれません。受験頻出の事項の「倒置」、「比較」、「分詞構文」などを理解したうえで本書を取りくむいいでしょう。

基本事項がまだ理解できていない場合は、「英語構文詳解」とコンセプトが似ている田中健一「英文法基礎10題ドリル 」からスタートするといいでしょう。初心者向きに書かれた「英語構文詳解」があるとすると、「英文法基礎10題ドリル 」。「入門」と「基礎」があるから、レベルに合わせてスタートの本を決めるといいと思います。「入門」のほうが易しいです。

【効果】語順がわかると、「英会話フレーズ」もすらすら話せる

瞬間英作文などを勉強して、ある程度英会話ができるようになった人にも本書は適していると思います。「内容のある英会話」ができるまでレベルを引き上げてくれるでしょう。本書は、瞬間英作文よりもぐんっと難易度が高いから、もうひとつ英語構文をやってもいいかもしれません。「入試英語最重要構文540」なんかは、本書の準備運動としておすすめですよ。

難しい人には、「英文法・語法良問500+4技能」。語順ルールが学べる!

「英語構文詳解」が難しいと感じたかたには、「英文法・語法良問500+4技能」がおすすめ。「英語構文詳解」より難易度は低いですが、大学受験の最新傾向にそった参考書といえます。「英文法・語法良問500+4技能」は、リーディングだけでなくスピーキング能力をどう向上させるかについてコラムが充実しています。以下の記事で「英文法・語法良問500+4技能」を紹介。

語順を学ぶだけ、英語学習はうまくいく【おすすめ参考書・独学方法】
整序問題のすばらしい点は、選択問題よりも難しく、英作文よりもカンタンなつくりで。つまり絶妙にいい具合の難易度なんです。だから独学でやっても、問題が難しすぎて眠くなることはないし、カンタンすぎて退屈になる心配もありません。そんな「整序問題」のおすすめ参考書、「英文法・語法良問500 整序英作文編」を当記事で紹介します。

COMMENT