【語順のルールを知っている、だから英語が話せる】「英文法・語法良問500+4技能」

TOEIC

いざTOEIC・英検・大学受験対策として書店にいくと、「問題集・参考書がおおすぎ…」。どの本がイイのわからないですよね。私は試験までせまっているのに、参考書選びでモタついた経験があります…

試験を受けるとなると、いい点数をとりたい!だから参考書選びは大事対策本が中途半端で身につかなかったことは避けたいですし。

参考書を選ぶ上でわたしが大事にしたことは、自習でも力がつくこと。それとあまり分厚くなくて、サクサクと進められる本。そんな独学向きで、楽しく英語学習できる「英文法・語法良問500 整序英作文編」を当記事で紹介します。

【「英文法・語法良問500 整序英作文編」を勉強するメリット】

  • 文法が定着する
  • 語順に慣れると、速読できる
  • TOEIC・英検・大学受験の対策にばっちり
スポンサーリンク

英語は語順ちがう。語順の感覚をつけると即スコアアップ!

英語と日本語の大きな違いは….語順です。語順さえとらえれば、話される内容・英文をかなりの部分理解できます。

英語は<主語+動詞+目的語>などで表される5文型が柱となることが多いです。このような型を身につけると英語のベースアップにつながるため、得点アップに即効性がありますよ。

例えば野球、サッカーなどのスポーツでも重要視されるのは、まず素振りや、キックなどの基礎練ですよね。英語でも基礎をていねいにこなすと、リーディング・リスニングの能力を総合的にあげられる。英語のベースを固めてから、多読、英文解釈、英作文の学習にうつったほうがスムーズに進みますよ。

もし英作文・整序問題をこなすと、語順の感覚がつく

では英語の基礎を作るため、どのような参考書・問題集を選べばいいでしょうか。英作文・整序問題は語順の感覚を身につけるのにうってつけ。

整序問題の特徴は、四択の問題より難しいから記憶の定着率が高いこと。それも独学でも、サクサク解けるくらいの難易度なんです。整序問題で適切な語順を整えると、英語の感覚が養われる。数をこなすなかで速読や文法力までもつきます。英語講師の田中健一先生も以下のようにツイートされてます。

英作文と整序のちがいは、ヒントの「単語」があるかどうか。英作文は日本語から英訳を作り出さないとならないので、時間がかかるぶん負荷が高い。負荷が高いと、「難しすぎ、もうやーめた」となりがち。やり遂げられれば、記憶の定着率は高く学習効果が高いとも言えます。

一方で、整序問題はヒントとなる単語があるので、英作文よりも負荷は低いです。語順の組み合わせは何通りもあるから、「四択穴埋め」問題より難しい。このてん整序問題は負荷の加減がバランスがよく、独学でも続けやすいんです。

良いあんばいだから挫折せずにサクサク・楽しく独学できます。整序問題に慣れたら、英作文問題としても活用可能なところもうれしい。ひいては語順を通りに理解できるようになり、速読する力・リスニング力・リーディング力を総合的に引き上げてくれます。

「リスニング力も?」と疑問に思うかもしれません。リスニング力は聞き取る能力だけでなく、語順通りに理解するのも重要なんです。だから語順の感覚はリスニングに効く。広く効くから、TOEIC・英検対策にもってこい。問題集選びの、一冊めはこれで間違いなし。

【整序英作文の難易度】

  • 【問題集難しさ】英作文 > 整序英作文 > 四択問題
  • 【記憶の残りやすさ】英作文 > 整序英作文 > 四択問題
  • 【挫折しやすさ】英作文 > 整序英作文 > 四択問題

整序問題集の選び方 「英文法・語法良問500+4技能 整序英作文編 (河合塾シリーズ) 」

整序問題の参考書を選ぶうえでキーポイントは、最新の傾向を採用しているかどうか。あまりに傾向が違うと、「そのフレーズ、ネイティブは使わないよ」というようなフレーズを練習することになるからたいへん。

自然なフレーズで最新傾向を汲み取っているのは、「英文法・語法良問500+4技能 整序英作文編 (河合塾シリーズ) 」。「4技能」と銘打っているだけあり、整序問題としてだけでなく英語として自然な英文を採用してます。2018年発売で、最新傾向を捉えた良問が厳選されています。

文法事項ごとに問題が出題されていないから、答えを予測できない。このことがかえって復習に効果的です。他の整序問題集は文法事項ごとに問題が出題されるから、答えが予測できる。だから演習するときはランダムに並んでいる「英文法・語法良問500+4技能 整序英作文編 (河合塾シリーズ) 」がオススメ。

復習の回数を重ねるごとに発見がありました。「1和訳 → 2英作文」を繰り返すことで、和訳問題にも強くなれたことです。和訳練習に整序問題をつかうのはアリ!

筆者も本書のインパクトをこのように表しています。

この500問を解くことによって、整序英作文を解くために必要かつ十分な練習をすることができるように本書は設計されています。これは、同時にライティング全般で必要とされる文法・語法・構文の土台が完成するということです。

価格は1320円。これで4技能も鍛えられるから、TOEICの公式問題集よりコスパは高い。大学受験だけでなくTOEIC・英検対策に推薦できる内容です。こちらをマスターできたら「英語構文詳解」を取り組めるハズ。「英文法・語法良問500+4技能 整序英作文編」よりも一段、いや二段くらい難しい整序問題集です。これができれば語順はかんぺき。「英語構文詳解」については以下の記事で詳しく紹介しています。

英語ができる人はなぜ、整序問題をやっているのか?英文読解を高速化する「英語構文詳解 」
「英語構文詳解」を読むようになったきっかけ洋書の多読を日課にしているのですが、読めることには読めるが、すべてを把握できないモヤモヤ感がありました。読む中で、主人公が敵を倒した、というようなストーリーの大きな流れは読めるが、何かしっ...

もし「英文法・語法良問500+4技能 整序英作文編 (河合塾シリーズ) 」が難しいと感じた人には、「英文法・語法良問500+4技能 整序英作文編 」と同様のコンセプトの、「英文法基礎10題ドリル 」を推薦。より初心者向きにの整序問題集です。学習者のレベルごとに学べるように、「入門」と「基礎」があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました