【1分ガイド】特殊と普遍の違いー意味・例文・対義語

universal現代文

みなさん「特殊と普遍の違い」がわかりますか?

新聞や大学入試の文章でもよく使われる表現ながら、しっかりと理解している人が少ないところ。

頻出表現ですから、意味を正確に覚えて置かなければ、文章の意味もつかめなくなってしまうんです。

そこで当記事では「特殊と普遍の違い」を例文や対義語を挙げながら解説していきます。

スポンサーリンク

特殊とは

特殊とは、「他のものと共通点がなく、異なること」です。

【特殊とは】
→ 例外的なこと

スポンサーリンク

普遍とは

普遍とは「いかなる時代・場所でも共通のもの」のこと。

普遍は「共通である」ことは、例外がないことでもあります。

【普遍とは】
→「いかなる時代・場所でも共通のもの」

普遍の例文

普遍の例文をみていきましょう。

【普遍の例文】
→「わたしとあなたは人間であることは普遍的なこと」

普遍的の意味をわかりやすく

普遍的の意味をわかりやすく言うと「共通している」ということ。普遍と同じ意味です。

「普遍の意味」の類義語

「普遍の意味」の類義語は「一般」です。同じような意味ですが、違いもあります。

それは「普遍」は例外を想定しておらず、「一般」は例外があることを想定しているということ。つまり、「2+2=4」は普遍で、例外はありません。答えは4しかないということです。

スポンサーリンク

特殊と普遍の違い

上述のように「特殊と普遍の意味の違い」は正反対ですから、反意語になります。

「特殊」は例外的であり、「普遍」は他と共通することでありますから。

【特殊の反意語】
→ 普遍

普遍的の対義語

普遍的は普遍と同じ意味ですから、普遍的の対義語は「特殊」です。

スポンサーリンク

「特殊と普遍の違い」が詳しい参考書

「特殊と普遍の違い」が詳しい参考書は『現代文単語げんたん』と『高校生のための評論文キーワード100』です。

『現代文単語げんたん』はイラストがありますから、イメージがつかみやすく初心者に向いています。

『高校生のための評論文キーワード100』は解説の量が多く、哲学的な内容まで理解をつなげられるのが魅力。

現代文の理解をより深めたいかたにオススメです。

スポンサーリンク
現代文
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アノエイゴ

COMMENT