【すっきり英語!ルール】分詞構文の強調形「as」の意味・使い方

rules英語レッスン

みなさん、英語では「理由」の分詞構文では、「as」で「その理由」を強調することができることを知っていますか?よく大学受験や英語試験でとわれるポイントだから、しっかり理解すればスコアアップが期待できるんです。

そこで当記事では、「as」と「the way」を使った「分詞構文の強調形」をていねいに説明します。英語の例文をつかって、その意味と使い方をみっちり学べるんです。そのあとに、「as」の書き換えを「the way」を使ってしていきます。

【当記事のおすすめポイント】
・「理由」を意味する分詞構文を、「as」で書き換え
・「as」と「the way」の使い方がわかる

スポンサーリンク

【例文1】「as」をつかった分詞構文の強調形

「as」を使った分詞構文の強調形の例文をみていきましょう。英語「as」の使い方とその意味を学びます。

1.Living as I do in the city, I have no occassion to wear this dress.
(田舎に暮らしているので、このドレスを着る機会がありません。)

例文の「Living as I do in the city」が、「理由」をあらわす分詞構文。なお、以下にある例文のように「as」を使わずとも表現できます。

2.Living in the city, I have no occassion to wear this dress.

例文1は「as+代名詞+do」を置くことで「理由」を強調することができているんです。代名詞はこの文の主語を指します。「do」は代動詞で分詞構文と同じ意味。この「as」は「様態」をあらわす従属接続詞になります。

「as I do」は、「as I live」の「live」を「do」に置き換えたもの。「Living as I live the county」だと「live」が繰り返されるため、「do」に変えられているんです。

同じ内容を「do」という「代名詞」をもちいて反復することで、目立つように表現できます。日本語でいうと「わたしって田舎に住んでるから、田舎だよ?だからドレスを着る機会がないんだよね〜」といった意味になるでしょう。

「as+代名詞+do」は分詞構文の「理由」を強調する

【例文3】「as」を使った、分詞構文の強調形

もうすこし思い浮かべやすくするため、もうひとつ例文をみてみましょう。

3.Sitting as I was at a low table, my legs fell asleep.
「低いテーブルに座っていたため、私の足はしびれました。」

例文3は「We were sitting at a low table」を分詞構文にしているため、「were」がつかわれています。「例文2」の時制は「過去進行形」。

例文3で「as+代名詞+do」が置かれている理由は、分詞構文の「理由」の意味を強調するため。例文1と同じ理由です。

「as S+V」の意味は、「SがVするために〜」

様態「as S+V」と「the way S+V」の使い方と意味

英語では、様態の「as S+V」は「the way S+V」で書き換えられるんです。大学入試や英語試験でよく問題として出されるから、得点源にしておきましょう。

まず「as S+V」の例文4をみてみましょう。「学校で教えてくれない英文法」の例文で、学んでいきます。

4.Liking as she does chilren, She should become a teacher.
「あのようにスーは子供が好きなのだから、先生になるべきだ」

重要なのでくり返しますが、こちらの例文でも様態「as S+V」の意味は、「理由」を強調するためです。この例文を「the way S+V」で置き換えてみましょう。

Liking children the way she does, Sue should become a teacher.

みなさんは「as S+V」を「the way S+V」に書き換えることで、起こった変化がわかりますでしょうか?「the way S+V」になると、「Likeing」の目的語「children」の位置が変わります。この点が大学入試や英語試験でよくとわれるんです。しっかりと理解しておいて損はありません。

様態の「as S+V」は、「the way S+V」で書き換えできる

【例文】様態の「the way S+V」の使い方と意味

この「the way S+V」は「様態」の意味を表し、どのジャンルの英文でもよくつかわれるんです。英語をリーディングする上で、ちゃんとした理解が必要になるといえます。

そこで、もうひとつ「the way S+V」の例文を読んで、イメージをつかんでいきましょう。

Sue dances the way I do.
「スーはわたしと同じような踊り方をします」

「the way S+V」の意味は「SがVするように」

分詞構文の強調形

以上のように英語では、分詞構文の強調形は「as S+V」と「the way S+V」で表現できます。「as S+V」と「the way S+V」で表現することで、分詞構文の「理由」を強調することができるんです。

【分詞構文の強調形】の使い方と意味
・「-ing as S+V」で分詞構文の「理由」の意味を強調
・「-ing O the way S+V」で分詞構文の「理由」の意味を強調

COMMENT