ホーム英語レッスン1分ガイド!譲歩...

1分ガイド!譲歩のas「as省略+形容詞+as+SV」例文・意味・文頭

みなさん、「as+形容詞/副詞+as」で譲歩をあらわすことができることを知っていますか?

大学入試や英語試験でよく問われる構文です。でも構文のカタチが特殊なために、意外と解けない人が多いパートといえます。

【譲歩の「as+形容詞/副詞+as」】
→ 大学入試で頻出問題
→ 和訳問題でも問われる
→ 洋書でもよく使われる
→ 英字新聞でも頻出表現

→ 「though」で書換え可能

そこで当記事では、譲歩「as+形容詞/副詞+as」の意味・例文・書き換えをていねいに解説します。

みなさんが不得意としている分野だからこそ、わかれば差をつけることができるでしょう。

譲歩の構文「名詞/形容詞/副詞+as SV」

idiom

まず譲歩をあらわす、「名詞/形容詞/副詞+as SV」の例文をみていきましょう。これは「(as)+形容詞/副詞+as」の最初の「as」が省略したものです。

Old man as he is, he looks very healthy.
「彼は年をとっているけれども、とても健康そうだ。」

Strange as it may sound, scientists think that it could happen again.
「奇妙に聞こえるかもしれないが、科学者はそれが再び起こるかもしれないと考えている。

Poor as she was, she was happy.
「彼女は貧しかったけれども、幸せでした。」

それぞれ例文では、asの前に「名詞、形容詞、副詞」がでてきています。「名詞/形容詞/副詞+as SV」構文は、譲歩で「〜だけれでも」という意味。

譲歩の意味をあらわす「as」では、asのまえに名詞、形容詞、副詞をだし、asのうしろにS+Vを置きます。特殊な語順になるんです。

この構文で、文頭に名詞がくるときには単数・無冠詞で使うことになっています。

【(as省略) + 形容詞 + as SV】の訳
→ Sは「形容詞」だけれども
→ 譲歩の意味になる

「譲歩のas」は「though」で書き換えできる

これらの構文は、「as」の代わりに「though」を使って表現できます。上記の3つの例文を「though」に書き換えしてみましょう。

Old man though he is…

Strange though it may sound…

Poor though she was….

「名詞/形容詞/副詞 + as SV」
① 意味は「〜だけれでも」
② asはthoughで書換え可能

譲歩の構文「as+形容詞/副詞+as」

この構文のなかで、asの前に形容詞と副詞がでてきたときには、もうひとつasを追加することがあるんです。語順は以下のようになります。

【「譲歩構文」の語順】
→「as+形容詞/副詞+as SV」

実際に例文をみて、イメージをつかんでいきましょう。

As clever as she was, she couldn’t solve the problem.
「彼は頭が良いけれども、その問題は解けなかった。」

例文を書き換えるとそれぞれ以下のようになります。

① Clever as she was…
② Clever though she was…
Though she was clever…

文頭のasがついても構文の意味はかわらず、譲歩「〜だけれども」です。譲歩の意味になる「as」は、もともと「比較構文」から派生したもの。だから文頭にasがつくのもなっとくできるでしょう。

【as + 形容詞 + as SV】の意味
→ Sは「形容詞」だけれども
→ 譲歩の意味

「as+形容詞/副詞+as」の形容詞2つのパターン

「as+形容詞/副詞+as」構文では、形容詞/副詞が2つ以上になることもあります。では例文で確認していきましょう。

As popular and entertaining as the sounds was, its heyday was short-lived.
「その曲は人々を楽しませ、人気があったけれども、その全盛期は短かった。」

「and」で形容詞2つ「popular」「entertaining」が並列されているのです。形容詞や副詞が2つあったとしても、大きな骨格「as+形容詞/副詞+as」を見失わないようにしましょう。

【「as+形容詞/副詞+as」構文】
→ 形容詞がandで並列されることアリ

「(as)+形容詞+副詞+as」のまとめ

以上のように、「(as)+形容詞+副詞+as」の構文では、譲歩「〜だけれでも」という意味になります。またひとつ目の「as」は省略することができるのです。

「(as)+形容詞+副詞+as」にくわしい本

「(as)+形容詞+副詞+as」の詳しい解説が読めるのは次のふたつ。

学校で教えてくれない英文法
英文法詳解

学校で教えてくれない英文法』はあまり分厚くない本で、高校卒業〜大学生レベルのかたが読むのがおすすめ。もちろん「(as)+形容詞+副詞+as」について、みっちり解説されてありますからさらに理解が深まるでしょう。

学校であまり説明されないような、難しい英文につかわれている英文法事項を解説されてあります。かゆいところに手がとどく英文法・英文解釈の本です。

学校の英文法を習ったのに、英字新聞・洋書の内容がわからないというかたにピッタリです。

いっぽう『英文法詳解』は英文法書。分厚いです。そのぶん索引から調べて、わからないことがないくらいなんでも書いてあります。

絶版ですが、あまり値段が高騰していないときに買うのがいいでしょう。3000円以下でしたら「買い」です。

「(as)+形容詞+副詞+as」についても詳細な解説がありますし、なにより『英文法詳解』特徴は「自然な日本語に和訳するには」についてくわしく書かれているところ。

そのため和訳問題を苦手にしている人や、洋書・英字新聞を読んでいて内容がモヤモヤするかたにオススメできるでしょう。わたしは、「本書を手に取らない日がない」くらい重宝しています。

- Advertisement -
  • 【2回無料】体験できる!
  • 筆者これだけ!TOEIC900点超え

無料 体験してみる

体験
レポ
当ブログ60日
体験記をよむ

無料キャンペーン中!終了までわずか!

  • 【7日間無料】体験できる!
  • ゾクゾク、TOEIC800点超え!

無料
体験
TOEIC
テスト対策

無料
体験
業界初・オンライン特化型
コーチ スタディサプリENGLISH

無料キャンペーン中!終了までわずか!

 

 

関連記事

どんな英文もスラスラ読めるようになるには、英文解釈・英文読解の参考書を読むといいでしょう。

【サクサク英文読解するには?】
→ 英文解釈力が必要

英文解釈力があると
 速く正確に読める

英文解釈・英文読解の参考書えらびは、次の記事がオススメです。

上級のテキストまでやりこめば、読めない英文がなくなるでしょう。

英文解釈を高速化する多読コンテンツ
【30日無料】洋書の多読でスラスラ英文読解「Amazon Kindle Unlimited」

英文解釈の初心者におすすめ記事
『超・英文解釈マニュアル』の効果・レベル|英語長文勉強法・参考書

【英文解釈の中級者におすすめ記事】
英文読解の原則125ー難易度・使い方|英文熟考・ポレポレ・透視図

② 『最重要構文540』一冊だけ、英語重要構文一覧が|効果・使い方

英文解釈の上級者におすすめ記事】
「英文解釈教室」で、”英語の読み”が劇的チェンジ!【効果&使い方】

英語リーディングを極める!「上級教材&英文解釈本」がど正解?

おすすめ記事まとめはコチラ!
英語勉強法のまとめはコチラ!

→ 3分英語レッスン記事はコチラ!  

オンライン英会話でアウトプット

英語リーディングでインプットしたら、英会話でアウトプットもすると英語力がググッと引き上げられます。

英語上達には、インプットとアウトプットのバランスがなによりも大切。

オンライン英会話の「カランメソッド」なら、良質なアウトプットを先生と一緒にできます。

【英語上達するには?】
① リーディング
② スピーキング
※ふたつのバランスが大切

【おすすめオンライン英会話】
【4倍速で上達するカランメソッド】
期間60日・上級者レポ】カランメソッドの効果実感?進まない?

【せきらら体験談】カランメソッドステージ2|独学は難しい?テキスト?

 

\ 2回の無料体験キャンペーン中 /

 

 

 

ピックアップ

Feature

関連記事

人気記事

アノエイゴ
アノエイゴ
→ TOEIC最高点は960点 → 翻訳みならい・英語を教えたりも → 厳選した勉強法をお伝え