【語順で即スッキリ】譲歩の構文「as+原級+as」と「though」

same英語レッスン

みなさん、「as+形容詞/副詞+as」で譲歩をあらわすことができることを知っていますか?大学入試や英語試験でよく問われる構文です。でも構文のカタチが特殊なために、意外と解けない人がおおい箇所といえます。

そのため当記事では、「as+形容詞/副詞+as」をていねいに解説。みなさんが不得意としている分野だからこそ、わかれば差をつけることができますよ。

【「as+形容詞/副詞+as」】
・英語試験では、和訳問題でよく問われる
・洋書や英字新聞でもつかわれる表現

スポンサーリンク

【英語例文】譲歩の構文「名詞/形容詞/副詞+as SV」

idiom

まず譲歩をあらわす、「名詞/形容詞/副詞+as SV」の例文をみていきましょう。これは「(as)+形容詞/副詞+as」の最初の「as」が省略したものです。

Old man as he is, he looks very healthy.
「彼は年をとっているけれども、とても健康そうだ。」

Strange as it may sound, scientists think that it could happen again.
「奇妙に聞こえるかもしれないが、科学者はそれが再び起こるかもしれないと考えている。

Poor as she was, she was happy.
「彼女は貧しかったけれども、幸せでした。」

それぞれ例文では、asの前に「名詞、形容詞、副詞」がでてきています。「名詞/形容詞/副詞+as SV」構文は、譲歩で「〜だけれでも」という意味。

譲歩の意味をあらわす「as」では、asのまえに名詞、形容詞、副詞をだし、asのうしろにS+Vを置きます。特殊な語順になるんです。

この構文で、文頭に名詞がくるときには単数・無冠詞で使うことになっています。

【英語例文】「譲歩のas」は「though」で書き換えできる

これらの構文は、「as」の代わりに「though」を使って表現できます。上記の3つの例文を「though」に書き換えしてみましょう。

Old man though he is…

Strange though it may sound…

Poor though she was….

【まとめ】
・「名詞/形容詞/副詞+as SV」の意味は「〜だけれでも」
・「as」の代わりに「though」で書き換えできる

【英語例文】譲歩の構文「as+形容詞/副詞+as」

この構文のなかでも、asの前に形容詞と副詞がでてきたときには、もうひとつasを追加することがあるんです。語順は以下のようになります。

「as+形容詞/副詞+as SV」

実際に例文をみて、イメージをつかんでいきましょう。

As clever as she was, she couldn’t solve the problem.
「彼は頭が良いけれども、その問題は解けなかった。」

例文を書き換えるとそれぞれ以下のようになります。

・Clever as she was…
・Clever though she was…
・Though she was clever…

文頭のasがついても構文の意味はかわらず、譲歩「〜だけれども」です。譲歩の意味になる「as」は、もともと「比較構文」から派生したもの。だから文頭にasがつくのもなっとくできるでしょう。

【英語例文】「as+形容詞/副詞+as」の形容詞2つのパターン

「as+形容詞/副詞+as」構文では、形容詞/副詞が2つ以上になることもあります。では例文で確認していきましょう。

As popular and entertaining as the sounds was, its heyday was short-lived.
「その曲は人々を楽しませ、人気があったけれども、その全盛期は短かった。」

「and」で形容詞2つ「popular」「entertaining」が並列されているのです。形容詞や副詞が2つあったとしても、大きな骨格「as+形容詞/副詞+as」を見失わないようにしましょう。

「(as)+形容詞+副詞+as」のまとめ

以上のように、「(as)+形容詞+副詞+as」の構文では、譲歩「〜だけれでも」という意味になります。またひとつ目の「as」は省略することができるのです。

COMMENT