【1分ガイド】more and more+名詞|例文意味・使い方

more-and-more英語レッスン
スポンサーリンク

みなさん、「数が増えている」を英語で伝える方法がわかりますか?

「数が増えている」は英語試験で頻出のテーマです。とくに英作文で出されますから、正確な知識が求められます。

「数が増えている」をシンプルに書くには、「more and more」という英語表現がとにかく使えるんです。

そこで当記事では、「more and more」の使い方・例文・意味をくわしく解説していきます。

スポンサーリンク

「more and more」の例文・意味

「more and more」の使い方・意味を、例文から学んでいきましょう。

「more and more」の例文

More and more Japanese people are shopping on Amazon.
アマゾンで買い物をする日本人が増えています。

「more and more」の意味は「数が増えている」|英語

「more and more」の意味は「〜の数が増えている」となります。

「more and more + 名詞」の使い方・名詞・進行形

「more and more + 名詞」の使い方で注意が必要なところは、「名詞」にあります。

具体的には名詞が可算名詞か、不可算名詞かによって、あとに続く動詞が異なるのです

「more and more + 可算名詞 + are Ving」

上の例文のように、「more and more」のあとに「可算名詞」が置かれた場合は、つづいて「are Ving」がおかれます。

More and more Japanese people are shopping on Amazon.

「可算名詞」の「people」が置かれていますから、続いて「are Ving」を書かなければなりません。「is」と書かないように注意しましょう。

【「可算名詞」のあとは「are」を使う】
more and more + 可算名詞 + are (V)ing

「more and more + 不可算名詞 + is Ving」

「more and more」のあとに「不可算名詞」が置かれた場合は、つづいて「is Ving」がおかれます。

例文をみていきましょう。

More and more information is being leaked about the software.
このソフトウェアについては、ますます多くの情報がリークされています。

「不可算名詞」の「information」が置かれていますから、「is Ving」を書かなければなりません。

【「不可算名詞」のあとは「is」を使う】
more and more + 可算名詞 + is (V)ing

「more and more」は進行形(通例)

「more and more」の動詞は進行形で書かれるのが一般的です。

上記例文でもすべて、「is」・「are」のあとは「Ving」が置かれています。

「more and more」の動詞は通例「進行形」

「数が増えている」を英語では?

前述のように、「数が増えている」を英語でいうには「more and more」が使えます。さらに例文を読んで、理解を深めていきましょう。

More and more shoppers are picking Apple Watch.
Apple Watchを選ぶ買い物客が増えています。

「可算名詞」の「shopper」がありますから、複数形の「s」をつけて「shoppers」にしてあります。

繰り返しますが、「more and more」を使うときには、「名詞」が「可算名詞」かどうかに注意が必要です。それによって、「is」をつかうか「are」を使うかが決まりますから。

【「more and more」の名詞】
・「可算名詞」のとき、「are」を使う
・「可算名詞」のとき、「is」を使う

「more and more」がわかる「英語参考書」

「more and more」がわかる「英語参考書」は「竹岡広信の 英作文が面白いほど書ける本」です。

「数が増えている」を英語で伝えるための表現をたくさん学べます。また学習者が間違えやすいポイントをまとめていますから、効率的に学べるでしょう。

COMMENT

<ランキングサイト>

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ