ホーム英語レッスン【1分ガイド】a...

【1分ガイド】a lot of・many peopleー違い・意味例文

みなさん、「〜な人が多い」を英語でど表現するかわかりますか?

パッと浮かぶのは「many」や「a lot of」で伝える方法かもしれません。

でも「many」と「a lot of」は使われるシーンがすこし違うんです。

【「many」と「a lot of」】
→ 使われる場面が違う

そこで当記事では「a lot of people」と「many people」の違いや、その例文・意味についてくわしく解説していきます。

A lot ofとmanyの違いを【簡単に】

A lot ofとmanyの違いを簡単にみていきましょう。

「A lot of」「many」につづく名詞が不可算名詞でもいいのかどうか、に違いがあります。

①「a lot of A」
Aに可算・不可算名詞どちらもつかえる


②「many A」
→ Aに不可算名詞がつかえない
→ Aは可算名詞のみOK

つまり「many」とセットの名詞は「可算名詞」ということです。

【例文】A lot ofとmanyの違い

A lot ofとmanyの違いを例文から学んでいきましょう。

There’s been a lot of news about celebrities.
芸能人に関するニュースが多いです。

【間違い例】
× There’s been many news about celebrities.

上の例文の「news」は抽象名詞であるため不可算名詞です。そのため「many」ではなく「a lot of」を使うことになります。

「抽象名詞」は不可算名詞

「抽象名詞」とは物質でなく、手でふれられない概念を表す名詞のこと。「抽象名詞」として他には、「advise」や「peace」などが挙げられます。

【「抽象名詞」とは?】
→ 触れられない概念などのこと

→ 不可算名詞
例:「advise」「peace」

a lot of peopleとmany peopleの違い

a lot of peopleとmany peopleの違いがあります。

どちらも「多くの〜」という意味をあらわす点では同じです。

しかし使われるシーンが違うのです具体的にいうと「a lot of」は話し言葉、「many」は書き言葉として使われることが多いといえます。

つまり「a lot of」はスピーキング、「many」はライティングで使う機会が多いといえるでしょう。

【a lot of peopleとmany peopleの違い】
→「a lot of」はスピーキング
→「many」はライティング

ただし「a lot of」を英作文や論文で使わないということではなく、書き言葉では「many」が好まれやすいということです。

【a lot of peopleとmany peopleの違い】
「a lot of」は口語表現
→ 「many」は文語表現

【例文】a lot of peopleとmany people

a lot of peopleとmany peopleの例文をみていきましょう。

A lot of people turned out for the FUJI ROCK FESTIVAL.
FUJI ROCK FESTIVALには多くの人が集まりました。

スピーキングで好まれる表現

Many people turned out for the FUJI ROCK FESTIVAL.
ライティングで好まれる表現

上の例文の「people」は可算名詞ですから、「a lot of」と「many」のどちらも使うことができます。意味も「多くの〜」で同じです。

a lot of peopleの意味

a lot of peopleの意味は「多くのです。例文をみていきましょう。

A lot of people in the area have been vaccinated.
この地域では多くの人がワクチンを接種しています。

【a lot of peopleの意味】
→ 「多くの人」

「〜な人が多い」の英語例文

「〜な人が多い」の英語例文をさらにみていきましょう。

A lot of students attended the camp.
多くの学生がこのキャンプに参加しました。

「a lot of」のあとの名詞が可算名詞の場合、その名詞を複数形にしなければなりません。上の例文では「可算名詞のstudent」を複数形の「students」にしているのです。

【「a lot of A」の名詞】
Aが可算名詞なら複数形にする

「多くの〜」の英語表現「many」「a lot of」

「多くの〜」を英語で伝えるには、 「a lot of」のほかに「many」を使うこともできます。上の例文を「many」をつかって書き換えると次のようになります。

Many people in the area have been vaccinated.
この地域では多くの人がワクチンを接種しています。

Many students attended the camp.
多くの学生がこのキャンプに参加しました。

「A lot of」と「many」がわかる英語参考書

「A lot of」と「many」がわかる英語参考書は『竹岡広信の 英作文が面白いほど書ける本』と『ジーニアス総合英語』です。

これ一冊で、「〜な人が多い」という英語表現をバリエーション豊かに学べます。

また『竹岡広信の 英作文が面白いほど書ける本』では、英作文で「A lot of」と「many」のどの点が問われるかが理解しやすいでしょう。

ジーニアス総合英語』では、「A lot of」と「many」の使い分けを決める「可算・不可算名詞」の分類がくわしいです。

また『ジーニアス総合英語』は「A lot of」と「many」の例文がたくさんありますから、より理解を深められるでしょう。

 

 

関連記事

どんな英文もスラスラ読めるようになるには、英文解釈・英文読解の参考書を読むといいでしょう。

【サクサク英文読解するには?】
→ 英文解釈力が必要

英文解釈力があると
 速く正確に読める

英文解釈・英文読解の参考書えらびは、次の記事がオススメです。

上級のテキストまでやりこめば、読めない英文がなくなるでしょう。

英文解釈を高速化する多読コンテンツ
【30日無料】洋書の多読でスラスラ英文読解「Amazon Kindle Unlimited」

英文解釈の初心者におすすめ記事
『超・英文解釈マニュアル』の効果・レベル|英語長文勉強法・参考書

【英文解釈の中級者におすすめ記事】
英文読解の原則125ー難易度・使い方|英文熟考・ポレポレ・透視図

② 『最重要構文540』一冊だけ、英語重要構文一覧が|効果・使い方

英文解釈の上級者におすすめ記事】
「英文解釈教室」で、”英語の読み”が劇的チェンジ!【効果&使い方】

英語リーディングを極める!「上級教材&英文解釈本」がど正解?

おすすめ記事まとめはコチラ!
英語勉強法のまとめはコチラ!

→ 3分英語レッスン記事はコチラ!  

オンライン英会話でアウトプット

英語リーディングでインプットしたら、英会話でアウトプットもすると英語力がググッと引き上げられます。

英語上達には、インプットとアウトプットのバランスがなによりも大切。

オンライン英会話の「カランメソッド」なら、良質なアウトプットを先生と一緒にできます。

【英語上達するには?】
① リーディング
② スピーキング
※ふたつのバランスが大切

【おすすめオンライン英会話】
【4倍速で上達するカランメソッド】
期間60日・上級者レポ】カランメソッドの効果実感?進まない?

【せきらら体験談】カランメソッドステージ2|独学は難しい?テキスト?

 

\ 2回の無料体験キャンペーン中 /

 

 

 

ピックアップ

Feature

関連記事

人気記事

アノエイゴ
→ TOEIC最高点は960点 → 翻訳みならい・英語を教えたりも → 厳選した勉強法をお伝え