ホーム英語レッスン【3分ガイド】s...

【3分ガイド】say、tell、talk、speakの区别・違い

みなさん、say、tell、talk、speakの違い・使い分けって難しいくないですか?

ココ、日本人が間違えやすいポイント。ここを理解することなしに、流暢に英会話・ライティングはできません。

【say、tell、talk、speakの違い・使い分け】
→ 英会話で、この使い分け大切
→ 英語試験でもよく問われる

この点say、tell、talk、speakの違い・使い分けを理解するには「文型の違い」に焦点を合わせると、すらすら理解できるでしょう。

そこでsay、speak、tell、talkの区别について、「例文」をまじえてくわしく解説していきます。

tellとsayの違いは「文型」

「tell」と「say」の違いは文型にあります。

tellの直後、that節は×

tellは直後にthat節が使えませんが、sayの直後にはthat節が置けます。

また「tell」は「誰に」言うかに重点があり、目的語に「誰」にあたる名詞が置かれる傾向にあります。

例文を見ていきましょう。

【tellの文型】
① I told him.
私は彼に言った。

② I told him the truth.
私は彼に本当のことを言った。

③ I told him that he was wrong.
私は彼が間違っていると言った。

【誤ったtellの使い方】
(×)I told.
(×)I told that he was wrong.

tellはSVの文型では使えません。この点「say」はSVの文型でつかえます。

【tellの特徴】
→「だれに」言うかに重点
→ ほぼ「誰に」言うかを明記

【第1文型がつかえるかどうか】
→ tellは第1文型(SV)が×
→ sayは第1文型(SV)が

sayの直後はthat節○

sayの直後はthat節が使えます。例文をみていきましょう。

【sayの文型】
① I said, “he’s ill”.
私は「彼は病気だ」と言った。

② I said goodbye to him.
私は彼に別れを告げた。

③ I said what I wanted.
私は自分の欲しいものを言った。

④ I said that he was tall.
私は彼が背が高いと言った。

→ 「say」はthat節つかえる

【sayの誤った使い方】
(×)I said him.
(×)I said him that

sayの直後には、「誰に」あたる目的語が置けません。ここがtellとの違いといえます。

ここからsayは「誰に」対して話すかよりも、「何を話すか」に力点がかかっていると言えるでしょう。

tellとsayの違い】
tellは「誰に」言うかが大切
→ ほぼ「誰に」言うかを明記


sayは「言う内容」が大事
→「誰に」言うか、なしでもOK

say,speak,tell,talkの「区别」

tell,talk,say,speakの違いは大きく分けると次のようになります。

【say・tellグループ】
→「誰」「何を」を強調

【talk・speakグループ】
→「話す」「しゃべる」動作に力点

前述ようにsay、tellは「誰に言うか」、「何を言うか」に力点がありました。

いっぽうでtalk,speakは「話す」「しゃべる」という行為に力がかかっています。

say,speak,tell,talkの文型

that節をとれるsayとtellとは違い、speakとtalkはとれません。ここが「say,speak,tell,talk」の文型の違いといえるでしょう。

speakのあとの目的語はよく「言語」が置かれます。例文をみてみましょう。

・I speak Japanese.
私は日本語を話します。
z
Japanese = 言語

speakとtalkの語法

speakとtalkはほとんど同義。すこしspeakのほうがフォーマルな印象があると言えるでしょう。

ただしspeakとtalkの語法には少し違いがあります。例文をみていきましょう。

【speakとtalkの語法】
① I spoke with him yesterday.
② I talked with him yesterday.
昨日、彼と話しました。

【speakとtalkの違い】
(○)I speak Japanese.
(×)I talk Japanese.

「talk」のあとに「言語」は置けないため、この点、注意がひつようです。

【「talk」の目的語】
→ 「言語」は置けない

say,tell、talk、speakの使い分け

say,tell、talk、speakの使い分けは、「何を伝えたいのか」や「どの文型か」などから、決めなければなりません。

上記の例文をもとに、使い分け・違いのイメージを深めましょう。

前述のようにsayとtellは「何を言うか」「誰にいうか」を強調します。

いっぽう、talkとspeakは「話す」「しゃべる」という行為そのものに力点があるのです。

say、tell、talk、speakの違いに詳しい参考書

「say、tell、talk、speakの違い」に詳しい参考書は『大学入試英作文実践講義』です。

大学入試の問題から、「say、tell、talk、speakの違い」を学べます。実践的に鍛えられるといえるでしょう。

大学入試だけでなく、この違いは英検・TOEFLでも頻出ですから、本書で理解を深めるといいでしょう。

 

 

関連記事

どんな英文もスラスラ読めるようになるには、英文解釈・英文読解の参考書を読むといいでしょう。

【サクサク英文読解するには?】
→ 英文解釈力が必要

英文解釈力があると
 速く正確に読める

英文解釈・英文読解の参考書えらびは、次の記事がオススメです。

上級のテキストまでやりこめば、読めない英文がなくなるでしょう。

英文解釈を高速化する多読コンテンツ
【30日無料】洋書の多読でスラスラ英文読解「Amazon Kindle Unlimited」

英文解釈の初心者におすすめ記事
『超・英文解釈マニュアル』の効果・レベル|英語長文勉強法・参考書

【英文解釈の中級者におすすめ記事】
英文読解の原則125ー難易度・使い方|英文熟考・ポレポレ・透視図

② 『最重要構文540』一冊だけ、英語重要構文一覧が|効果・使い方

英文解釈の上級者におすすめ記事】
「英文解釈教室」で、”英語の読み”が劇的チェンジ!【効果&使い方】

英語リーディングを極める!「上級教材&英文解釈本」がど正解?

おすすめ記事まとめはコチラ!
英語勉強法のまとめはコチラ!

→ 3分英語レッスン記事はコチラ!  

オンライン英会話でアウトプット

英語リーディングでインプットしたら、英会話でアウトプットもすると英語力がググッと引き上げられます。

英語上達には、インプットとアウトプットのバランスがなによりも大切。

オンライン英会話の「カランメソッド」なら、良質なアウトプットを先生と一緒にできます。

【英語上達するには?】
① リーディング
② スピーキング
※ふたつのバランスが大切

【おすすめオンライン英会話】
【4倍速で上達するカランメソッド】
期間60日・上級者レポ】カランメソッドの効果実感?進まない?

【せきらら体験談】カランメソッドステージ2|独学は難しい?テキスト?

 

\ 2回の無料体験キャンペーン中 /

 

 

 

ピックアップ

Feature

関連記事

人気記事

アノエイゴ
→ TOEIC最高点は960点 → 翻訳みならい・英語を教えたりも → 厳選した勉強法をお伝え