ホーム英語レッスン【つかえる!ナマ...

【つかえる!ナマ英語フレーズ】ボージャック・ホースマンで英語学習【1-12】

Netflixオリジナル「ボージャック・ホースマン」のシーズン1のエピソード12をていねいに解説していきます。みなさんも一緒に、Netflixで英文法事項をサクっと復習しませんか?

Netflix「ボージャック・ホースマン」で英語学習

まずは英文と訳を紹介します。そのあとに文法事項をみてみましょう。「ボージャック・ホースマン」のS1-E12の20:43からです。この場面では、パーティーからダイアンとボージャックは抜け出して、タバコをふかしながらしだいに込みいった話をしていきます。

1.ボージャック :
Not big on parties, huh?
(パーティーは嫌いなんだろ?)

2.ダイアン :
Nah, I never know what to do with my hands.(そうね、手持ちぶさたで。)

3.ボージャック :
I think I just got cast in Secretariat.(シクレタリアトの主役に決まった)

4.ダイアン :
That’s amazing.(すごいわ。)

5.ボージャック :
It’s everything I ever wanted.
(ずっとやりたかったんだ。)

6.ダイアン :
Yeah, you seem super-jazzed.(すごく嬉しそう。)

7.ボージャック :
What do I do now.(どうしよう)

8.ダイアン :
Well, that’s the problem with life, right?(それがいつも問題なのよね。)

9.ダイアン :
Either you know what you want, and you don’t get what you want, or get what you want, and then you don’t know what you want.
(欲しいものは手に入らないし。手に入ると、気がつかないのよね。)

10.ボージャック :
Well, that’s stupid.
(バカだな。)

11.ダイアン :
Yeah.(そうよね。)

12.ダイアン :
I don’t know if this makes yo more or less excited, but I actually decided to take a job on the Secretariat movie as a character consultant.(喜ぶかわかならないけど、シクレタリアトの仕事を受けたの。キャラクターコンサルタントとしてのね。)

13.ボージャック :
Wow, so we’re gonna be working together again.(また一緒に働けるってこと?)

14.ダイアン :
I hope you don’t get sick of me.(嫌がらないでね。)

15.ボージャック :
I don’t think that’s gonna happen.(それはないよ。)

「be(not) big on A」は「Aが大好き」

1.ボージャック :
Not big on parties, huh?
(パーティーは嫌いなんだろ?)

「be(not) big on A」は「Aが大好き」という意味。「not」がつくと、「嫌い」という意味になります。

また「, huh」という間投詞がついています。これは相手に同意を求めるときに使う表現です。意味は「〜でしょう?」になります。

直訳すると「パーティーは嫌いなんでしょう」です。男性のボージャックが話しているため、語尾をすこし工夫してあります。

「Nah」も「no」と同じ意味

2.ダイアン :
Nah, I never know what to do with my hands.(そうね、手持ちぶさたで。)

「Nah」は「no」と同じ意味で、前文を否定します。前文は「Not big on parties」という否定文でしたよね。そのため、この「Nah」は「Not big on parties」に同意しているという意味になります。

3.ボージャック :
I think I just got cast in Secretariat.(シクレタリアトの主役に決まった)

「get cast」は「役をもらう」という意味です。

前に述べたことを示す「this」と「that」

4.ダイアン :
That’s amazing.(すごいわ。)

前出のことを「this」と「that」で表せます。前文の「ボージャックが主役になったこと」をthatで受けて、それが「amazing」と言っているんです。

5.ボージャック :
It’s everything I ever wanted.
(ずっとやりたかったんだ。)

「jazzed」は「ワクワクしている」

6.ダイアン :
Yeah, you seem super-jazzed.(すごく嬉しそう。)

「jazzed」は「ワクワクしている」という意味です。Merriam-Websterでは以下のように説明されています。

Definition of jazzed
: full of excitement or enthusiasm

7.ボージャック :
What do I do now.(どうしよう)

「problem with A」は「Aに関連する問題」という意味

8.ダイアン :
Well, that’s the problem with life, right?(それがいつも問題なのよね。)

「problem with A」は「Aに関連する問題」を表しています。また文中の「life」は「生活」や「人生」という意味。

直訳すると、「それが人生に関する問題なのよね。」となります。すこし硬い表現のため、「人生に関する」を「いつも」と変更しています。

「, right」とは間投詞で「〜でしょ」という意味

「, right」とは間投詞で「〜でしょ」という意味になります。これは前述した「, huh」と同様に相手に同意をもとめる表現です。

9.ダイアン :
Either you know what you want, and you don’t get what you want, or get what you want, and then you don’t know what you want.(欲しいものは手に入らないし。手に入ると、気がつかないのよね。)

10.ボージャック :
Well, that’s stupid.
(バカだな。)

11.ダイアン :
Yeah.(そうよね。)

次にくる文の内容を示すのは「this」のみ

12.ダイアン :
I don’t know if this makes you more or less excited, but I actually decided to take a job on the Secretariat movie as a character consultant.(喜ぶかわかならないけど、シクレタリアトの仕事を受けたの。キャラクターコンサルタントとしてのね。)

「if this makes」の「this」は前文の内容を示していません。あとに述べる内容をさしているんです。そのため「this」があるからといって、前文でその内容を探しても、その内容はありません。後の文に「this」の内容が述べられることを頭に中に入れて進みましょう。「this」の内容は、but以下が表しています。

「if」と「whether」は名詞節では、「〜かどうか」という意味

「if」と「whether」は名詞節では、「〜かどうか」という意味です。文中では「if節」は「know」の他動詞として働いています。

- Advertisement -
  • 【2回無料】体験できる!
  • 筆者これだけ!TOEIC900点超え

無料 体験してみる

体験
レポ
当ブログ60日
体験記をよむ

無料キャンペーン中!終了までわずか!

  • 【7日間無料】体験できる!
  • ゾクゾク、TOEIC800点超え!

無料
体験
TOEIC
テスト対策

無料
体験
業界初・オンライン特化型
コーチ スタディサプリENGLISH

無料キャンペーン中!終了までわずか!

 

 

関連記事

どんな英文もスラスラ読めるようになるには、英文解釈・英文読解の参考書を読むといいでしょう。

【サクサク英文読解するには?】
→ 英文解釈力が必要

英文解釈力があると
 速く正確に読める

英文解釈・英文読解の参考書えらびは、次の記事がオススメです。

上級のテキストまでやりこめば、読めない英文がなくなるでしょう。

英文解釈を高速化する多読コンテンツ
【30日無料】洋書の多読でスラスラ英文読解「Amazon Kindle Unlimited」

英文解釈の初心者におすすめ記事
『超・英文解釈マニュアル』の効果・レベル|英語長文勉強法・参考書

【英文解釈の中級者におすすめ記事】
英文読解の原則125ー難易度・使い方|英文熟考・ポレポレ・透視図

② 『最重要構文540』一冊だけ、英語重要構文一覧が|効果・使い方

英文解釈の上級者におすすめ記事】
「英文解釈教室」で、”英語の読み”が劇的チェンジ!【効果&使い方】

英語リーディングを極める!「上級教材&英文解釈本」がど正解?

おすすめ記事まとめはコチラ!
英語勉強法のまとめはコチラ!

→ 3分英語レッスン記事はコチラ!  

オンライン英会話でアウトプット

英語リーディングでインプットしたら、英会話でアウトプットもすると英語力がググッと引き上げられます。

英語上達には、インプットとアウトプットのバランスがなによりも大切。

オンライン英会話の「カランメソッド」なら、良質なアウトプットを先生と一緒にできます。

【英語上達するには?】
① リーディング
② スピーキング
※ふたつのバランスが大切

【おすすめオンライン英会話】
【4倍速で上達するカランメソッド】
期間60日・上級者レポ】カランメソッドの効果実感?進まない?

【せきらら体験談】カランメソッドステージ2|独学は難しい?テキスト?

 

\ 2回の無料体験キャンペーン中 /

 

 

 

ピックアップ

Feature

関連記事

人気記事

アノエイゴ
アノエイゴ
→ TOEIC最高点は960点 → 翻訳みならい・英語を教えたりも → 厳選した勉強法をお伝え