【すっきり未来時制】「be going to」と現在進行形【英語・英文法】

studying-english-grammar英語レッスン

英語で、未来の予定をあらわしたいときに、どの表現をつかえばいいか迷いませんか?学校では未来表現としてたくさん教えられますよね、「will」や、「be going to do」、「現在進行形」などなど。

でも具体的に「未来の表現をどのように使い分けるか」となるとあまり教えられていませんよね。これらはニュアンスがはっきり異なっているから、英作文でもはっきりとその異なりを理解することが重要になるんです。そのため本記事では、未来表現の使いわけについて紹介していきます。

【学べること】
・「be going to do」と「現在進行形」のニュアンスの異なり
・「現在時制」をつかった、未来の表現
・「was / were going to」の微妙な意味のちがい

スポンサーリンク

【英語の未来時制】「be going to do」と「現在進行形」の場合

(A) I’m going to go to Japan next summer. I’m going to go sightseeing in Tokyo.
(今年の夏は日本に行って、東京で観光する予定です。)

(B) I’m going to Japan next summer. I’m going sightseeing in Tokyo.
(今年の夏は日本に行って、東京で観光する予定です。)(準備が整っている)

AとBは、どちらも未来のことがらを表しています。両者のちがいは、「予定や準備がどのくらいすんでいるか」のところ。黄色で下線してあるところが、英語の表現としてはちがいます。

(B)の現在進行形では、日本ゆきの航空券を予約していて、観光の準備もすましています。例えば、東京の浅草や上野美術館に行くことを決めているくらい計画がととのっているレベルにあるんです。

いっぽうで(A)の「be going to V」は、(B)のように計画や予約がすんでいません。(A)では、友達と「日本に行こう」ということは決まってはいるけど、まだ航空券も予約していない状態です。予定がより漠然としています。

【「be going to」と「現在進行形」 】
・現在進行形で未来をあらわすと、計画や手はずが整っているというイメージを与える。

【英語の未来時制】注意!現在進行形で、近い未来を表せない場合

現在進行形をつかって未来を表現するときに、注意しなければならない点があります。「述語動詞がbe」ときには未来を表せないということ。これは具体的に例文を読んだほうがわかりやすいかと思います。

(×)I’m being in Tokyo next week。
(来週は、東京にいます。)

上記の例文は述語動詞がbeのため、未来を表すために使えません。そのため「述語動詞がbe」のときには、「be going to」や「will」で表すことになります。

【述語動詞がbe】のときの、未来の表現
(○) I’m going to be in Tokyo next week.
(○) I’ll be in Tokyo next week.

【英語の未来時制】現在時制で、「確定的な未来」を表現

確実に起こると思われる、未来のことがらには「現在時制」がつかえます。イメージしやすいように例文をみてみましょう。

The baseball season begins next month.
(野球のシーズンは来月から始まります。)

上記の例文を考えてみると、野球のシーズンはどの年も同じ時期に始まりますよね。これは確定的な未来と言えるため、「現在時制」をつかって未来をあらわせます。

「現在時制」で未来を表すのは、個人の予定よりも、多くは団体や公共イベントの予定を表すときにつかわれます。例えば、「東京ゆきの新幹線がいつ出発するか」や「公共のお祭りがいつ開かれるか」などは、ころころと予定が変わるものではありません。そのため確定的な未来の予定といえ、現在時制で表せるのです。

【英語の未来時制】was / were going toの使いかた

「was / were going to」は「be going to」の過去形です。「was / were going to」の意味は、多くは実際にはやらなかったことを表します。

I’m going to give you a present yesterday, but decided to give it to someone else.

(あなたにプレゼントを昨日あげようと思っていたんだけど、やっぱり他の人にあげることにしました。)

この「was / were going to」を自然につかおうとすると、「but + 意図が実現しなかった理由」がついてきます。日本語で考えてみても、「予定していたんだけどね….でも、(理由)が原因できなかったんだ」となるのがスムーズに感じるでしょう。

他にも例をあげると、「昨日あなたに電話しようと思ったんだけど、残業しなくちゃいけなくてできなかったんだ」というときも、この「was / were going to」 + 「but + その理由」がつかえるでしょう。「何かできなかったこと」があったときに、「でもそれを実現しようという意思」はあったんだよと伝えたいときに使えそうですよね。

【英語の未来時制】「未来の予定」の表現いろいろ

上記のように「未来の予定」を表現するには、その予定に向けて「どのくらい準備が整えられているか」で使い分けられます。

かなりのレベルまで準備が完了しているときには、「現在進行形」で表すことができるのです。いっぽう予定がまだ漠然としか決まっていないときには、「be going to」を使わなければなりません。

また「現在時制」でも未来の予定を表現できますが、確定的な未来をあらわすときに限られます。例えば「新幹線の出発時刻」や「野球のシーズンの日付」について。その予定ははっきりと決まっていますよね。このように予定が確定的な未来のため、「現在時制」で表現できるのです。

なお「一人称 + will」と「一人称 + be going to do」については以下の記事で紹介しています。

COMMENT