【1分ガイド英語】人が少ない・ほとんどいないー例文・意味

英語レッスン
スポンサーリンク

みなさん、「人が少ない」「ほとんどいない」を英語でどう表現したらいいかわかりますか?

英作文で頻出のパートにもかかわらず、この表現をニガテとしているかた多いんですよね。

しかもこのパート、英作文だけでなく、英語試験の英文法問題でもよく出題されます。得点源となるところなんです。

そこで、当記事では、「人が少ない」「ほとんどいない」の英語例文・意味・使い方をくわしく解説していきます。

スポンサーリンク

「人が少ない」の英語例文

「人が少ない」を、英語で表現するには「few」がよく使われます。例文を見ていきましょう。

Few people realize the shortcomings of Artificial Intelligence (AI).
人工知能(AI)の欠点に気づいている人は少ない。

上の例文のように、「few people」を使って「人が少ない」を表せるのです。

ここで注意が必要なのが、「a few」ではないということ。というのも、「a few」は肯定の意味になり、「少しはいる」というニュアンスになりますから。

いっぽうで「few」は「ほとんどいない」という否定的な意味。

つまり「a」を書くか書かないかで、肯定的な意味か、否定的な意味かが変わるのです。

【「few」と「a few」のちがい】
①「few」は「ほとんどいない」
否定的
②「a few」は「少しはいる」
肯定的

「する人は少ない」の英語例文

「する人は少ない」の英語例文をさらにみていきましょう。

Few people attended the protest.
抗議行動に参加した人はほとんどいませんでした。

上の例文も「few people」を使い、「する人は少ない」、「する人はほとんどいない」という否定的なニュアンスを伝えています。

「ほとんどいない」の英語例文

「ほとんどいない」の英語例文をさらにみていきましょう。

Few students turned in the paper yesterday.
昨日、レポートを提出した学生はほとんどいませんでした。

「few」のあとには可算名詞の複数形を書かなければいけません。英作文で書く際には、ミスしやすいポイントですから、とくに注意が必要でしょう。

「不可算名詞」を使う場合には、「few」ではなく「little」を使わなければなりません。

【英作文で間違いやすいポイント】
・「few」のあとは可算名詞の複数形
・「little」のあとは可算名詞の単数

「ほとんどいない」がわかる英語参考書

「ほとんどいない」がわかる英語参考書は『竹岡広信の 英作文が面白いほど書ける本』です。

「ほとんどいない」の英語表現を公式化して、わかりやすく解説してあります。

また、「few」と「little」の使い分け、「a」を書く場合と書かない場合、など英作文頻出ポイントを効率的に学べるんです。

COMMENT

<ランキングサイト>

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ