【1分ガイド英語】形容詞・動詞の名詞化表現ー規則・例文・和訳

nouns英語レッスン

みなさん、英語の授業などで「動詞の名詞化」ってきいたことありますか?

大学入試や英語試験で「動詞の名詞化」は頻出表現。

でもみなさん、この「動詞の名詞化」をニガテとしているんですよね。難しい理由は「直訳すると、意味がわからない」ところにあります。

【英語における「動詞の名詞化」】
→ 和訳問題でよく問われる
→ 難関大で頻出の表現

そこで、当記事では英語の「動詞の名詞化」について、くわしく説明します。

スポンサーリンク

「動詞の名詞化」の例|英語

「動詞の名詞化」は英語ではよくみられます。ただ、学習者がつまずきやすいところでもあるのです。

「動詞の名詞化」の難しいところは、その訳し方。「動詞の名詞化」を直訳すると、ぎこちない訳になってしまいがちなんです。

まず、例文をみていきましょう。

On careful inspection, current business needs are revealed.
慎重に調べてみると、現在のビジネスニーズが見えてきます。

上記の例文、「On careful inspection」を「慎重な調査において」と訳しても、意味はなんとなくわかるでしょう。

でも「動詞の名詞化」を読みほどくことで、和訳がなめらかになります。

この点、名詞「inspection」は、動詞「inspect」の名詞形。このような「動詞の名詞化」が起きたら、それを動詞に変換すると和訳が自然になることがあります。

例文でいうと以下のとおり。

①名詞「inspection」
動詞「inspect」に変換


②形容詞「careful」
副詞「carefully」に変換


③「carefully inspect」と読む
→ 和訳「慎重に調べると〜」

動詞の名詞化「例文2」|英語

動詞の名詞化の例文をさらにみていきましょう。

He called for the observation of management procedures.
彼は管理手順の遵守を呼びかけた。

上の例文では、名詞「observation」は動詞「observe」の名詞化表現です。

ただし、こちらでは動詞に読み解かずに名詞のまま訳してあります。つまり名詞「observation」を「遵守」と訳し、動詞「observe」として訳してありません。

このように、英文によっては動詞に変換したほうがいい場合と、しないほうがいい場合があるのです。

形容詞と名詞化表現|英語

上の例文のように、形容詞が名詞化表現を修飾することは英語でよくみられます。

その際には上記のように、「名詞」を「動詞」に変換したのと同様に、「形容詞」を「副詞」に変換するといいでしょう。

上の例文でいうと、形容詞「careful」を副詞「carefully」に変換するのです。

つまり、「carefully inspect」と変換すると自然な訳になります。

【名詞化表現の形容詞】
→ 「形容詞」を「副詞」に変換する

スポンサーリンク

名詞化表現|英語

「動詞の名詞化」は名詞化表現と呼ばれ、英語の頻出表現のひとつ。動詞の名詞化の例文をさらにみていきましょう。

An examination of the upper house vote shows an irregular pattern.
参議院の投票を調べてみると、不規則なパターンが見られます。

上の例文では、名詞「examination」は動詞「examine」の名詞化表現です。名詞「examination」を「調査」と訳すと、英文の意味がとおりません。

この英文では、前述のように「名詞」を「動詞」に変えると、訳が自然になります。

具体的には以下のとおり。

① 名詞「examination」を変換
動詞「examine」に


② 動詞「examine」の目的語を確認
目的語は「the upper house vote」

上記のように、①名詞を動詞に変換、②目的語を確定、することができました。訳は「参議院の投票を調べると〜」となるでしょう。

スポンサーリンク

英語の「名詞化規則」|

英語では、名詞化の規則はさまざまあります。

頻出は、「A of B」で「A」に「動詞の名詞化」が置かれ、「B」にその動詞の目的語がおかれるパターン。

「A of B」は前述した例文のパターンです。

An examination of the upper house vote shows an irregular pattern.
参議院の投票を調べてみると、不規則なパターンが見られます。

上記例文で「A of B」の関係をみていきましょう。

①「A」が「examination」

②「B」が「the upper house vote」
→ Bが目的語、Aがその動詞の関係
→ 「examine the upper house vote」

スポンサーリンク

名詞の動詞化|英語

上では動詞の名詞化をみました。「動詞を名詞化」を逆に考えると。「名詞の動詞化」もできるのです。

名詞を動詞にすると?|英語

英語の「名詞を動詞にすること」を動詞化といいます。

「名詞を動詞化」した英単語は、たとえば次のものが挙げられるでしょう。

「名詞を動詞化」した英単語】
recognition → recognize(動詞)
=認識する


protection → protect(動詞)
=守る


observation → observe(動詞)
=観察する

consideration → consider(動詞)
=考える

【名詞を動詞にすること】
→ 名詞の動詞化

【例文】名詞の動詞化

「名詞を動詞化」した例文をみていきましょう。

He was considered one of the most promising NPB players.
彼は日本プロ野球で最も有望な選手の一人と思われていた。

She observed the life of raccoons in Japan.
彼女は日本でのアライグマの生態を観察した。

上の例文は、みなさん読みやすかったのではないでしょうか?

「名詞の動詞化」した英文はあまり難易度が高くないですよね。

受験生・学習者がニガテとするのは「動詞の名詞化」した英単語。日本語の訳語で訳すと、不自然な訳になってしまうんですよね。

大学入試・英語試験でも「動詞の名詞化」した単語がよく問題とされるため、集中して学習するといいでしょう。

【英語試験で狙われるポイント】
→ 動詞の名詞化で
→ 和訳問題・英文法問題

スポンサーリンク

「動詞の名詞化」がわかる英語参考書

動詞の名詞化がわかる英語参考書はつぎのふたつ。

「読む」ための英文法
英文法詳解

『「読む」ための英文法』では、大学受験で出題された英文で「動詞の名詞化」が学べます。

『英文法詳解』では「抽象名詞」の項目で、「名詞化表現」の自然な訳し方を学べるでしょう。

COMMENT