【3分、超わかる】get toとgo toの違い・区別・差異

get-to-and-go-to英語レッスン
スポンサーリンク

みなさん、get to と go to の違いをご存知ですか?

同じ意味のようですが、ニュアンスが差異があります。

そこで当記事で、get to、go toの違い・区別をくわしく説明します。

スポンサーリンク

get toとgo toの違い

「get to」と「go to」の違いがあります。

「get to」は「目的地に到達する」という結果を強調します。

When will you get to Fukuoka?
福岡にはいつ着くの?

例文はどのように着くかよりも、「福岡に到達する」ことをより強調していると言えるでしょう。

いっぽう「go to」は「〜へ行く」過程に力点があるのです。

I go to school by bicycle.
自転車で学校に通っています。

get toとgo toの区别

get toとgo toの区别を例文をみながら、確認していきましょう。

Some people can’t get to school because of illness.
病気で学校に行けない人もいます。

She went to law school and became a lawyer.
ロースクールに進学して弁護士になった。

例文のように、「get to」は「到達する」という結果、「go to」は「〜へ行く」過程を強調しています。

COMMENT

<ランキングサイト>

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ