「no more A than B」と「no less A than B」の意味【理屈はカンタン】

whale英語レッスン

高校でかならず学ぶ超有名な構文があります。その名は「クジラ構文」。このクジラ構文はイレギュラーな形のため、理解するのに苦労しませんでしたか?なかには「暗記しちゃって構造なんてわからない!」という人もおおいはず。

そこで当記事ではクジラ構文「no more A than B」と「no less A than B」の意味・使い方をていねいに解説します。「どうしてこの意味になるのか」を理屈から攻めるから、しっかりと理解できるでしょう。大学受験でもTOEICでも頻出パートだから要チェックになります!

【当記事の理解できること】
・「no more A than B」の意味と使い方
・「no less A than B」の意味と使い方
・クジラ構文を理屈からしっかり理解できる

スポンサーリンク

「no more A than B」の意味と使い方

まずクジラ構文「no more A than B」の例文をみていきましょう。

A whale is no more a fish than a horse is.
「クジラが魚でないのは、馬が魚でないのと同じです」

例文の直訳は「クジラは、馬が魚でない以上に魚でない」です。どうしてこの直訳が、例文訳になるのでしょうか。

理由は「馬が魚でない」ということは、みんながハッキリと知っていることだから。例文のように「no more A than B」のthan以下に、みんなが理解している否定的なことがらを置くことで、「主語も同じように違う」ことが述べられるのです。

「みんなが知っているように馬は魚ではない」

「それ以上にクジラは魚ではない」

「クジラも馬も魚ではない」

以上のように意味が進んでいます。

【「no more A than B」の意味】
・意味は「主語がAでないのは、BがAでないのと同じです」

【「no more A than B」の使い方】
・than以下には、みんなが知っている否定的なことがらを書く

「no more A than B」のAの品詞によって、意味は異なる

クジラ構文「no more A than B」は、Aの品詞によって意味もかわります。例文をみてみましょう。

She is no more able to speak French than I am.
「彼女は私と同じで、フランス語を話せない」

例文のように「no more A than B」のAには名詞だけでなく、いろんな品詞がおかれます。また例文のような「no more A than B」の意味になるには、前提として「わたしがフランス語を話せない」という事実をみんなが知っている必要があるのです。その前提がないと、例文のような訳にはなりません。

「わたしはフランス語が話せない」(はっきりとこの事実が知られている)

「そのわたし以上に、彼女はフレンス語を話せない」

「彼女も私もフランス語を話せない」

以上のように「no more than A than B」の意味は展開しているのです。

「no less A than B」の意味と使い方

A whale is no less a mammal than a horse is.
「クジラが哺乳類なのは、馬が哺乳類なのと同じです」

「no less A than B」は「no more A than B」とは違い、than以下に「肯定的」なことがらが述べられます。「more」が「less」に変わることで意味がひっくりかえるのです。

【「no less A than B」の意味】
意味は「主語がAなのは、BがAなのと同じです」

【「no less A than B」の使い方】
・than以下には、肯定的なことがらが置かれる

「no less A than B」はAの品詞で意味が異なる

The sun in summer is no less beautiful than Christmas lights in winter.
「夏の太陽は冬のイルミネーションと同じで、美しい」

「no more than A than B」のAには、名詞だけが入るとは限りません。例文のように形容詞が入ることもあるのです。

COMMENT