ホーム英語レッスン【1分ガイド英語...

【1分ガイド英語】再帰代名詞の強調・強意とは?位置・使い方・意味

みなさん、再帰代名詞の「強意用法」って知っていますか?

この用法、洋書の強調したい場面でよくつかわれるんです。

大学入試の英文法問題として問われるのを見たことある人も多いはず。

【再帰代名詞の「強意用法」】
→ 洋書で頻出表現
→ 英文法問題で出題される

でも小さい論点のため、ここまで手が回っている学習者が少ないんですよね。

そこで当記事では、再帰代名詞の「強意用法」の意味・例文・パターンについて解説していきます。

再帰代名詞の「強意用法」はパターンがありますから、記事でコツをつかめばすぐに理解できるでしょう。

再帰代名詞とは

再帰代名詞とは、「myself」や「herself」のように語尾に「self・selves」がつく代名詞のことです。

再帰代名詞とは?】
→ 語尾がself・selves
→myselfやherselfなど

再帰代名詞の「強意用法」の意味

再帰代名詞の強意用法」の意味は、名詞・代名詞のあとに再帰代名詞を置いて、「自ら」と強調することです。

また再帰代名詞は文末に置かれることもあります。

【再帰代名詞の「強意用法」】
→ 「自身で」と強調する用法
→ 再帰代名詞の位置は、名詞・代名詞後
→ 再帰代名詞の位置は、文末でも○

「再帰代名詞の強調」の位置

再帰代名詞で強調するときの「位置」は、名詞・代名詞のあとに置かれることが多いんです。

文末に「強調用法の再帰代名詞」が置かれることもありますから注意が必要です。

「再帰代名詞の位置」を意識して、例文をみていきましょう。

She herself cooked a great meal.
彼女自身で、素晴らしい料理を作った。

→ herselfでSheを強調

上の例文では、強調する「主語のすぐ後ろ」に再帰代名詞「herself」が置かれています。

このように主語・代名詞のあとに再帰代名詞を書いた方が、どこにかかるかがハッキリするんです。

【「再帰代名詞の位置」】
→ 「強調する語」の近くが多い
例:名詞/代名詞のすぐ後

再帰代名詞の「位置が文末」

再帰代名詞の「位置が文末」にある例文をみていきましょう。

He made arrangements for online education himself.
彼は自分でオンライン教育の手配をした。

→ himselfでHeを強調

上の例文では再帰代名詞「himself」が文末にあります。

「himself」は「He」を強調していますが、位置が離れているのです。

このように再帰代名詞が文末にあると「どれを修飾するか」がわかりにくいため、注意が必要になります。

【再帰代名詞が文末のとき】
→ どれを強調しているか注意!

再帰代名詞の「強意用法」の例文

再帰代名詞の「強意用法」の例文をみていきましょう。

He carefully locked the door himself.
彼は自分で丁寧に鍵をかけた。

【英語】再帰代名詞の「主語強調」

上の例文では、再帰代名詞「himself」があります。

再帰代名詞「himself」が「主語強調(Heを)しているのです。つまり「彼自身で」ということを強調するために「himself」が書かれているのです。

この例文の「He」と「himself」は同格の関係にあります。

再帰代名詞の「強意用法」のひとつ】
→ 主語を強調
→ 主語と再帰代名詞が同格

また再帰代名詞の「強意用法」の特徴は、再帰代名詞が「文の主要素」になっていないという特徴があるのです。

「文の主要素ではない」をカンタンに言うと、「himself」がなくても文の意味が変わらないということ。

したがって、上の例文でも「himself」がなくても英文は成立します。動詞「locked」の目的語として「the door」があり、文は成立しているのです。

なくてもよい「himself」を書く理由は「強調」のため。

【再帰代名詞の「強意用法」の特徴】
→ 再帰代名詞がなくても文成立

再帰代名詞の「強意用法」の種類

再帰代名詞の「強意用法」の種類があります。

上の例文では主語「He」と「himself」が同格でしたが、目的語と同格のパターンもあります。

例文をみて、理解を深めていきしょう。

I met Tony himself.
トニー本人に会った。

上の例文では目的語「Tony」と「himself」が同格。主語「I」と「himself」は同格ではありません。

このように主語と目的語のどちらを再帰代名詞は強調しているのか、には注意が必要です。

【再帰代名詞の「強意用法」の種類】
① 再帰代名詞と「主語」が同格
② 再帰代名詞と「目的語」が同格

再帰代名詞の「強意用法」が詳しい参考書

再帰代名詞の「強意用法」が詳しい参考書は『「読む」ための英文法』と『英文法詳解』です。

『「読む」ための英文法』は難関大学の入試問題から、再帰代名詞の「強意用法」を学べます。スコアに直結する英語の実践力を高められるでしょう。

『英文法詳解』は日本語の解説がくわしい文法書。例文の量も豊富ですから、論理的に理解することができるでしょう。

 

 

関連記事

どんな英文もスラスラ読めるようになるには、英文解釈・英文読解の参考書を読むといいでしょう。

【サクサク英文読解するには?】
→ 英文解釈力が必要

英文解釈力があると
 速く正確に読める

英文解釈・英文読解の参考書えらびは、次の記事がオススメです。

上級のテキストまでやりこめば、読めない英文がなくなるでしょう。

英文解釈を高速化する多読コンテンツ
【30日無料】洋書の多読でスラスラ英文読解「Amazon Kindle Unlimited」

英文解釈の初心者におすすめ記事
『超・英文解釈マニュアル』の効果・レベル|英語長文勉強法・参考書

【英文解釈の中級者におすすめ記事】
英文読解の原則125ー難易度・使い方|英文熟考・ポレポレ・透視図

② 『最重要構文540』一冊だけ、英語重要構文一覧が|効果・使い方

英文解釈の上級者におすすめ記事】
「英文解釈教室」で、”英語の読み”が劇的チェンジ!【効果&使い方】

英語リーディングを極める!「上級教材&英文解釈本」がど正解?

おすすめ記事まとめはコチラ!
英語勉強法のまとめはコチラ!

→ 3分英語レッスン記事はコチラ!  

オンライン英会話でアウトプット

英語リーディングでインプットしたら、英会話でアウトプットもすると英語力がググッと引き上げられます。

英語上達には、インプットとアウトプットのバランスがなによりも大切。

オンライン英会話の「カランメソッド」なら、良質なアウトプットを先生と一緒にできます。

【英語上達するには?】
① リーディング
② スピーキング
※ふたつのバランスが大切

【おすすめオンライン英会話】
【4倍速で上達するカランメソッド】
期間60日・上級者レポ】カランメソッドの効果実感?進まない?

【せきらら体験談】カランメソッドステージ2|独学は難しい?テキスト?

 

\ 2回の無料体験キャンペーン中 /

 

 

 

ピックアップ

Feature

関連記事

人気記事

アノエイゴ
アノエイゴ
→ TOEIC最高点は960点 → 翻訳みならい・英語を教えたりも → 厳選した勉強法をお伝え