【1分でわかる】「there being」の例文・意味|動名詞

スポンサーリンク
there-being英語レッスン

みなさん、「of」や「by」などの前置詞後に「there being」が書かれている英文を目にしたことありませんか?

英字新聞や洋書を読んでいると、よく使われている表現で、大学入試・TOEICで狙われやすいポイントでもあります。

そこで、動名詞「there being」の意味・例文・使い方をくわしく解説していきます。

スポンサーリンク

「there being」の例文

「there being」の例文をみていきましょう。

I was surprised by there being no objection.
反対意見がなかったことに驚きました。

まずポイントとして、前置詞「by」のあとには、必ず名詞・代名詞(またはそれと同等のもの)が置かれなければなりません。

そのため、前置詞「by」のあとに「there is(are) 〜の構文」を展開できないのです。

そこで「there is(are) 〜の構文」の「is(are)」を動名詞「being」に変更します。

動名詞は名詞の働きをしますから、前置詞「by」のあとにも問題なく置けるのです。

前置詞のあとは、必ず名詞相当のものを置く

「there being」は動名詞

前述したとおり、「there being」の「being」は動名詞。

大学入試やTOEIC試験でよく狙われるポイントでもあります。復習として例文をもう一つみてみましょう。

He never dreamed of there being anything wrong.
彼は何か悪いことがあるとは夢にも思わなかった。

こちらも一つ目の例文と考え方は同じです。

前置詞「of」のあとには、名詞・名詞と同等のものしかおかれません。

そこで「there is(are)」の「is(are)」を動名詞「being」に変更するのです。

COMMENT

<ランキングサイト>

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ