スポンサーリンク
勉強法

「英文解釈教室」で、”英語の読み”が劇的チェンジ!【効果&使い方】

英語ができる人にオススメの参考書を聞くと、「英文解釈教室」といわれたことありませんか?オススメされるわりには、通読した人が少ないですよね。 その理由は「英文解釈教室」はとても難しいため。だからどんな本なのかがわかっていない人がおおい...
勉強法

【新・英文法ノート】コスパ、サイズ、品質よし!「英文法問題集」

みなさんは分厚い英文法書をやって、挫折したことありませんか? わたしは分量のおおい参考書を買って、「やるぞ!」と意気込んだものの、三日ぼうずになってしまったことがあります.. そんなときにおすすめ、日栄社「新・英文法ノート」を...
英語勉強法

「ズルい音読のやり方」で、英語力をひとりじめ!【ヤバい効果】

みなさん英文を読みおわったら、「音読」してますか?音読をやるかやらないかが、ホンモノの英語をものにするかどうかのキーポイントなんです。 英語力がある人はかならずやっている「音読」。英語のプロ、通訳者のトレーニングとしても採用されてい...
英語レッスン

「can」と「be able to」の違い&使い分け【コツ3つ】

みなさん「can」と「be able to」のニュアンスや意味の違いってわかりますか?中学英語や高校英語ではあまり深く説明されないところ。苦手な人がおおいパートでもあります。 「can」と「be able to」の違いはカンタンに説...
英語レッスン

関係副詞「why」と「that」の意味を、例文でスッキリ!

関係代名詞についてはハッキリと理解できる人が多いとおもいます。でもみなさん、「関係副詞」ときいてピンっときますか?関係副詞まで手がまわらなくて、つまづきやすいポイント。しかも関係副詞は省略や代用ができるため、いろんなバリエーションの問題が...
英語レッスン

【例文ですぐ解決!】「英語の現在形」の意味がスッキリわかる

英語の現在形の意味を、例文をあげながら解説しています。具体的には、「英語の現在形の意味」「現在形がつかわれる典型的なケース」「例文からわかる、実際に現在形がつかわれる事例」についてしっかり理解できます。
英語レッスン

if notは、例文がすべて!|though notの意味・使い方

「if not」はよく英語のリーディングをしているとよく目にする表現ですよね。和訳問題としてもく問われるパート。でも「if not」の意味を和訳するのって難しくありませんか?構造がからみあっているから、カタチを掴むのが難しいのがその要因な...
英語レッスン

「no more A than B」と「no less A than B」の意味【理屈はカンタン】

クジラ構文「no more A than B」と「no less A than B」の意味・使い方をていねいに解説します。「どうしてこの意味になるのか」を理屈から攻めるから、しっかりと理解できるでしょう。大学受験でもTOEICでも頻出パートだから要チェックになります!
英語レッスン

【4つの例文だけ】英語の現在形がわかると、ネイティブ感覚に!

英語の現在形は、学びはじめの段階でならいますよね。この現在形ってかなり奥がふかいんです。というのも現在形は、たったいまのことを表すのではありません。半永久なことがらを表すんです。以下の例をみてください。 He writes nove...
英語レッスン

【すっきり3セット】as for,as to,as withの意味・使い方

「as for」と「as to」は文法問題でよくだされます。みなさんは、「as for」と「as to」の意味・違いについてご存知ですか?おなじ意味のようにみえますが、じつは使い方に差があります。 そこで当記事では、「as for」...
スポンサーリンク