【らくらく未来時制】「be going to」と「will」の違い【英語】

plan英語レッスン

みなさんは英語で未来のことがらを表すとき、どんな表現が思い浮かびますか?

「will」か「be going to」であらわせると思うひとが多いでしょう。中学・高校でおしえられる「未来の表現」も、この二つが中心。「will と be going to は同じ意味で、未来をあらわす」と考えられがちです。

でも「will」と「be going to」は意味がはっきりとちがいます。この2つをしっかりと使い分けないと、英作文で高得点が狙えないのです。また英会話でも未来表現の使いわけができると、細かいニュアンスまで伝えられますよ。本記事では「will」と「be going to」の違いをていねいに解説します。

【本記事でまなべること】
・「will」と「be going to」の違い

スポンサーリンク

「一人称 + will」は「とっさに決めたこと」を表現

「一人称(I) + will」において、「will」は「その場でハッと決めたこと」をあらわします。「あなたについていっていいよ」と言うときを例にとりましょう。

・I’ll go with you.

例文は「一人称(I) + will」なので、その場で「ついていくこと」を決めているのです。たとえば友達に「ついてきてよ」と急に言われて、とっさに「ついていくよ!」と言うときに、「一人称(I) + will」で表現できます。

レストランの注文は「I’ll + have」で

「とっさの考え」をあらわせる「I’ll」は、レストランやお店で注文するときの表現として、相性がいいんです。たとえば「レストランでウェイターに注文をたずねられたとき」を考えてみましょう。メニューをみて「オレンジジュースをお願いします」と頼みます。

・I’ll have an orange juice, please.
(オレンジジュースをお願いします。)

例文のように「I + will」を使うことで、「とっさに判断した」ことをあらわせるのです。LONGMAN DICTIONARYでも以下のように「I’ll have」と「We’ll have」が説明されています。

I’ll have/we’ll have
say this to ask for something that you have chosen in a restaurant or shop

アパレルショップをぶらぶらしてて、ふと「この洋服を買いたい」と伝えるときに、「I’ll have/we’ll have」で表現できるでしょう。

「一人称 + be going to」は「あらかじめ決めたこと」を表現

「一人称 + be going to」は「あらかじめ決めていたこと」を表現できます。「will」と「be going to」の違いについて例文で、確認してみましょう。

・I’m going to go with you.

例文は「一人称(I) + be going to」だから、「あらかじめ決めていた未来」を表しているのです。「ついていくこと」は以前から心に決めていたと考えられます。「その場でとっさに決めたこと」ではありません。

例えば、「友達のショッピングについていくこと」を前日から決めていたときなどは、「be going to」であらわせるのです。

「I’ll」と「I am going to」の違い

上記のように、「I’ll」と「I am going to」には違いがあります。

【「I’ll」と「I am going to」の違い】
・I’ll do (その場でハッと決まったことを表す)
・I’m going to do (あらかじめ決めていたこと)

未来をあらわすには他にも、「現在進行形」や「現在時制」でも表現できるんです。「現在進行形」や「現在時制」をつかった「未来の表現」は以下の記事でしっかり説明しています。

COMMENT