ホーム英語レッスン【すぐわかる関係...

【すぐわかる関係代名詞】such(名詞)as+動詞ー用法・使い方・例文

みなさん、関係代名詞の「as」の用法をご存知でしょうか?

よく「such+as+動詞」の語順で出題されています。文法問題でよく問われますから、みなさんも見たことがあるかもしれません。

また英字新聞・洋書でも目にする「頻出の表現」ですから、覚えておいてほしい文法事項です。

【「such+as+動詞」】
→ 英字新聞で頻出表現
→ 英文法で問われる

でもこの関係代名詞の「as」は重要なわりに、ニガテとしているかたが多いようです。

その理由は関係代名詞「which」の存在が大きすぎるため。あまり関係代名詞「as」まで、手が回らないのかもしれません。

そこで当記事では、「such+as+動詞」「such+名詞+as+動詞」の例文・用法についてくわしく解説していきます。

「such+as+動詞」の例文・用法

「such+as+動詞」は、挿入的に用いられることが多く、このときの「as」は関係代名詞の用法でつかわれます。

「関係代名詞as」が主格の例文・用法

「such+as+動詞」の例文をみていきましょう。つぎの例文では「関係代名詞as」は主格の役割をしています。

Her voice, such as is typical of her bouncy personality, makes me forget everything.
彼女の活発な性格を象徴するような声は、すべてを忘れさせてくれる。

上の例文では先行詞「Her voice」に、「such as 〜 personality」がかかっています。

また「as」は「such as is typical of〜」の英文のなかで、主語の役割をはたしているでしょう?

この「as」の他の単語との関係を「主格」と呼ぶのです。

上の「as」は関係代名詞「which」と同じ用法になります。

【「such+as+動詞」の「as」】
→asは関係代名詞whichと同じ用法

【「関係代名詞as」が主語のとき】
→ 「主格」と呼ぶ

「such+名詞+as+動詞」の例文

関係代名詞「as」の語順は変形があり、「such+名詞+as+動詞」の語順になることもあります。

「名詞」の位置が異なることに注意してください。

I have never watched such movies as she likes.
私は彼女が好むような映画を見たことがありません。

上記の例文でも、「as」が関係代名詞としてつかわれています。

また先行詞「movies」を明示するために「such」が先行詞の前に置かれているのです。

このときの語順は「such+名詞+as+動詞」となります。

【「such+名詞+as+動詞」の「such」】
先行詞を明示する「such」

「関係代名詞as」が目的語の役割?

上の例文で、「〜 such movies as she likes.」の英文の中において、「関係代名詞as」が目的語の役割をはたしているでしょう?

この「as」が目的語の働きをする関係を「目的格」といいます。

「関係代名詞which」と同様、「関係代名詞as」は主格・目的格になりえるのです。

【関係代名詞asが目的語の役割?】
→ 目的格と呼ぶ

特殊な関係代名詞「as」

上記のように、特殊な関係代名詞「as」は先行詞とセットで「such」が使われます。

みなさんがよく目にする関係代名詞「which」等とは異なり、すこし違和感を感じられるかもしれません。

「such+先行詞+as」の例文

「such+先行詞+as」の語順に例文を確認し、特殊な関係代名詞「as」に慣れていきましょう。

You should take such steps as are reasonable.
妥当な手段を講じるべきです。

上の例文でも先行詞「steps」にsuchがくっついているでしょう?

そして「as are reasonable.」の英文の中で「as」は主語として働いていますから「主格」になります。

【「such+名詞+as+動詞」の語順?】
→「関係代名詞as」の可能性アリ

「such+名詞+as+動詞」の書き換え

「such+名詞+as+動詞」は「such」が先行詞のあとに置かれることもあります。例文をみてみましょう。

I have never watched movies such as she likes.
私は彼女が好むような映画を見たことがありません。

上記の例文では「such」の語順がかわり、「先行詞+such as+動詞」になっています。

どちらの語順ともに文法問題として問われますから、書き換えられるようにしておくといいでしょう。

【「such+名詞+as+動詞」の書き換え】
→「先行詞+such as+動詞」

「such+as+動詞」がわかる参考書【2選】

なお「such+as+動詞」の例文・意味について、より学びたいかたには次の2冊がオススメ。

「読む」ための英文法―むずかしい英文も読める (駿台受験シリーズ) 
英文法詳解

「読む」ための英文法』は英語リーディングで重要な英文法だけしぼって、解説がなされています。英語そこそこ勉強しているのに、洋書・英字新聞があまり理解できないかたにおすすめでしょう。

大学入試では問われないけど、英語リーディングには必要なエッセンスがぎっしり詰まっています。「such+as+動詞」についても2ページにわたり、かなり突っ込んだところまで解説がなされているのです。

2冊目の『英文法詳解』は英文法書。分厚いです。そのぶん索引から調べて、わからないことがないくらいなんでも書いてあります。

絶版ですが、あまり値段が高騰していないときに買うのがいいでしょう。3000円以下でしたら「買い」です。

「such+as+動詞」についても詳細な解説がありますし、なにより『英文法詳解』特徴は「自然な日本語に和訳するには」についてくわしく書かれているところ。

そのため和訳問題を苦手にしている人や、洋書・英字新聞を読んでいて内容がモヤモヤするかたにオススメできるでしょう。わたしは、「本書を手に取らない日がない」くらい重宝しています。

 

 

関連記事

どんな英文もスラスラ読めるようになるには、英文解釈・英文読解の参考書を読むといいでしょう。

【サクサク英文読解するには?】
→ 英文解釈力が必要

英文解釈力があると
 速く正確に読める

英文解釈・英文読解の参考書えらびは、次の記事がオススメです。

上級のテキストまでやりこめば、読めない英文がなくなるでしょう。

英文解釈を高速化する多読コンテンツ
【30日無料】洋書の多読でスラスラ英文読解「Amazon Kindle Unlimited」

英文解釈の初心者におすすめ記事
『超・英文解釈マニュアル』の効果・レベル|英語長文勉強法・参考書

【英文解釈の中級者におすすめ記事】
英文読解の原則125ー難易度・使い方|英文熟考・ポレポレ・透視図

② 『最重要構文540』一冊だけ、英語重要構文一覧が|効果・使い方

英文解釈の上級者におすすめ記事】
「英文解釈教室」で、”英語の読み”が劇的チェンジ!【効果&使い方】

英語リーディングを極める!「上級教材&英文解釈本」がど正解?

おすすめ記事まとめはコチラ!
英語勉強法のまとめはコチラ!

→ 3分英語レッスン記事はコチラ!  

オンライン英会話でアウトプット

英語リーディングでインプットしたら、英会話でアウトプットもすると英語力がググッと引き上げられます。

英語上達には、インプットとアウトプットのバランスがなによりも大切。

オンライン英会話の「カランメソッド」なら、良質なアウトプットを先生と一緒にできます。

【英語上達するには?】
① リーディング
② スピーキング
※ふたつのバランスが大切

【おすすめオンライン英会話】
【4倍速で上達するカランメソッド】
期間60日・上級者レポ】カランメソッドの効果実感?進まない?

【せきらら体験談】カランメソッドステージ2|独学は難しい?テキスト?

 

\ 2回の無料体験キャンペーン中 /

【TOEIC250点UPスタディサプリENGLISH【7日間無料】

 

スタディサプリENGLISHが「7日間無料」キャンペーンを実施中です。

本番に近い問題形式の「実戦問題集」や「動画講義」もついているため、「スタディサプリENGLISH」だけでTOEIC対策ができます。

たった「2ヶ月で250点スコアアップ」した人もいるくらい即効性があるんです。

【スタディサプリENGLISH】
① 動画講義アリ
② 実践問題集アリ
→ TOEIC対策オールインワン
※ 200点UP人がゾロゾロ

 

\ 全ての機能が7日間無料 /

 

 

 

ピックアップ

Feature

関連記事

人気記事

アノエイゴ
→ TOEIC最高点は960点 → 翻訳みならい・英語を教えたりも → 厳選した勉強法をお伝え