ホーム英語レッスン【3分ガイド】t...

【3分ガイド】too~to構文ー意味・例文・書き換え・品詞・名詞の語順

みなさん「too ~ to構文」をしっかり理解できていますか?

よく大学入試でも英語試験でもよく問われる「too ~ to構文」。

英文法問題で「too ~ to構文」の書き換えなどはよく問われますから、しっている方もいるかもしれません。

【「too ~ to構文」】
→ 英検でも問われる
→ 英字新聞でも頻出表現
→ 英語長文でもよく出る

でもこの「too…to構文」、語順の間違えや誤訳するミスが頻発するんですよね。

そこで当記事では「too…to構文」の例文・意味・否定形などを説明していきます。

「too…to構文」の例文がたくさんありますから、当記事を読めばニアミスを減らせますよ。

「too~to do構文」の意味・例文

「too~to do構文」の意味は「〜すぎて…できない」です。

「to以下」をするぶんには「〜すぎる」という意味になります。つまり「to以下」では「〜すぎる」の基準が書かれるのです。

【「too~to do構文」の意味】
→「〜すぎて…できない」

「Too~to構文」のなぜ?

「Too~to構文」はなぜ否定の意味を表すのでしょう。

これは「too」という単語自体に「過度に〜すぎる」という意味が含まれているためなんです。

たとえば、「to以下」の基準を話さなくてとも、「too little」や「too diffult」といういうだけで、話していることがらに対して「小さすぎる」や「難しすぎる」という否定の意味を表現できます。

「too~to do」の例文

「too to do」の例文をみていきましょう。

It is too cold to walk my dog.
寒すぎて犬の散歩ができない。

The problem is too difficult for me to solve.
この問題は難しすぎて、私には解けません。

上の例文では、まず「〜すぎる」ことに言及し、「to do以下」で何に対して「〜すぎる」のかが示されています。

たとえば、①例文では「too cold(寒すぎる)」といったあと、何に対してか「to walk my dog(犬の散歩をするには)」が示されているのです。

つまり「〜すぎる」のあとに「その基準」が書かれるといえるでしょう。

【「too~to do」】
→ to以下は「〜すぎる」基準を示す

「too…to 構文」の中学例文

「too…to 構文」の中学例文をみていきましょう。中学生レベルの英単語を使用しています。

The tea is too hot to drink.
このお茶は熱くすぎて飲めません。

「too ~ to 構文」の品詞

「too ~ to 構文」の品詞、「~」の部分の品詞は「形容詞または副詞」がつかわれます。

前述した例文は形容詞ばかりでしたので、以下では「副詞」をつかった例文をみていきます。

「too~to do構文」副詞の例文

副詞を使った「too~to do構文」をみていきましょう。

He ran too fast for me to catch up with.
彼はあまりに速く走ったので、私は追いつけなかった。

「too ~ to構文」の否定ー例文

「too ~ to構文」の否定もよく大学入試や英語試験で問われます。

「too ~ to構文」否定の意味は「〜しないほど…ではありません」です。

「too ~ to構文」の否定の例文をみていきましょう。

The goal is not too difficult to attain.
その目標は達成できないほど難しくはありません。

「too ~ to構文」否定の意味】
「〜できないほど…ではありません」

「too~to構文」の文法問題

「too~to構文」の文法問題としてよく問われるものは「文末のit」と「名詞の位置」です。

以下では、このふたつの例文をみていきます。しっかり理解しておきましょう。

「too~to構文」のit

「too~to構文」のit(文末)には注意が必要です。

下の例文でも他動詞「attain」には目的語が不足しているように見えますよね。

しかし「too~to構文」では主文の主語と、「to不定詞」の目的語が同じときには「it」を省略するというきまりがあるため「文末のit」は省かれているのです。

The goal is not too difficult to attain.
その目標は達成できないほど難しくはありません。

上の例文では主文の主語「The goal」と「to不定詞」の目的語「it(=the goal)」が一致しているため、「attain it」の「it」が省略されてあります。

【「too~to構文」のitを省略する場合】
→ 主文の主語と「to不定詞の目的語」が一致

「too~to構文」の名詞

「too~to構文」の名詞の位置にも注意が必要です。

ポイントとしては「too+形容詞+a+名詞to」の語順になること。大学入試や英検でもよく問われますから、しっかりと理解しましょう。

This is too difficult a problem for me to solve.
これは私には難しすぎる問題で解けません。

too toの書き換え

too toの書き換えは「so+形容詞/副詞+that節」でできます。

例文をみながら理解を深めていきましょう。

「too ~ to do」の言い換えー例文

「too ~ to do」の言い換えの例文をみていきましょう。

The problem is too difficult for me to solve.
=The problem is so difficult that I cannot solve it.
この問題は難しすぎて、私には解けません。

He ran too fast for me to catch up with.
=He ran so fast that I couldn’t catch up with him.
彼はあまりに速く走ったので、私は追いつけなかった。

上の例文のように「too~to構文」は否定の形でなくても、否定の意味を表せます。

いっぽう「so that構文」では「that節以下」で「cannnot」などの否定形を書かなければ否定の意味を表せません。この点が「too~to構文」と「so that構文」の異なるところ。

【「too ~ to do」の言い換え・書き換え】
→ 「so+形容詞/副詞+that節」で可能

「too ~ to構文」の文法がくわしい参考書

「too ~ to構文」の文法がくわしい参考書は『大学入試 基礎からの英作文実践講義』と『コーパス・クラウン総合英語』です。

『大学入試 基礎からの英作文実践講義』では、「too ~ to構文」の大学入試や英語試験で狙われるポイントを集中的に学べます。

「too ~ to構文」と「so that構文」の書き換えも詳しいため、本書を使えば英語表現を豊かにもできるでしょう。

『コーパス・クラウン総合英語』は「too ~ to構文」の例文が豊富ですから、より理解を深められるでしょう。

『コーパス・クラウン総合英語』では、コーパス分析によって例文が書かれてありますから、英会話でも英作文でもつかえる「自然な英語表現」を身につけらるのです。

 

 

関連記事

どんな英文もスラスラ読めるようになるには、英文解釈・英文読解の参考書を読むといいでしょう。

【サクサク英文読解するには?】
→ 英文解釈力が必要

英文解釈力があると
 速く正確に読める

英文解釈・英文読解の参考書えらびは、次の記事がオススメです。

上級のテキストまでやりこめば、読めない英文がなくなるでしょう。

英文解釈を高速化する多読コンテンツ
【30日無料】洋書の多読でスラスラ英文読解「Amazon Kindle Unlimited」

英文解釈の初心者におすすめ記事
『超・英文解釈マニュアル』の効果・レベル|英語長文勉強法・参考書

【英文解釈の中級者におすすめ記事】
英文読解の原則125ー難易度・使い方|英文熟考・ポレポレ・透視図

② 『最重要構文540』一冊だけ、英語重要構文一覧が|効果・使い方

英文解釈の上級者におすすめ記事】
「英文解釈教室」で、”英語の読み”が劇的チェンジ!【効果&使い方】

英語リーディングを極める!「上級教材&英文解釈本」がど正解?

おすすめ記事まとめはコチラ!
英語勉強法のまとめはコチラ!

→ 3分英語レッスン記事はコチラ!  

オンライン英会話でアウトプット

英語リーディングでインプットしたら、英会話でアウトプットもすると英語力がググッと引き上げられます。

英語上達には、インプットとアウトプットのバランスがなによりも大切。

オンライン英会話の「カランメソッド」なら、良質なアウトプットを先生と一緒にできます。

【英語上達するには?】
① リーディング
② スピーキング
※ふたつのバランスが大切

【おすすめオンライン英会話】
【4倍速で上達するカランメソッド】
期間60日・上級者レポ】カランメソッドの効果実感?進まない?

【せきらら体験談】カランメソッドステージ2|独学は難しい?テキスト?

 

\ 2回の無料体験キャンペーン中 /

 

 

 

ピックアップ

Feature

関連記事

人気記事

アノエイゴ
→ TOEIC最高点は960点 → 翻訳みならい・英語を教えたりも → 厳選した勉強法をお伝え