1分でわかる「It is a pity that」意味・使い方・書き換え

it-is-a-pity英語レッスン

みなさん、「It is a pity that」の意味・書き換えの方法がわかりますか?

「It is a pity that」は英作文で、よく問われる内容。にもかかわらず、「It is a pity that」の使い方や書き換えの方法を正しく理解できない方が多いようです。

よくある間違えは「It is a pity」を「It is pity」と書いてしまう間違え。

そこで当記事では、「It is a pity」の意味・使い方・書き換え方法をていねいに解説していきます。

間違えやすいポイントを紹介しますので、英作文のケアレスを減らすことができます。

スポンサーリンク

「It’s a pity that」の意味・使い方・書き換え

「It’s a pity that」の意味は、「〜は残念だ」です。例文をみていきましょう。

It is a pity that he left the team.
彼がチームを去ってしまったのは残念なことです。

It is a pity that I was unable to take a trip due to a tight lockdown.
厳重なロックダウンのため、旅行に行けなかったのが残念です。

【「It’s a pity that」の意味】
→ 「〜は残念だ」

「It is a pity」の使い方

「It’s a pity that」の使い方は、文頭に「It’s a pity that」を書いて、that以下に「残念だと思う事柄」を書きます。

「It is a pity that」の書き換え「It’s a shame」

「It is a pity that」の書き換えは、「It’s a shame that」や「It’s regrettable that」でできます。上の例文をそれぞれ書き換えていきましょう。

It’s a shame that he left the team.
彼がチームを去ってしまったのは残念なことです。

It’s regrettable that he left the team.
彼がチームを去ってしまったのは残念なことです。

It’s a shame that I was unable to take a trip due to a tight lockdown.
厳重なロックダウンのため、旅行に行けなかったのが残念です。

It’s regrettable that I was unable to take a trip due to a tight lockdown.
厳重なロックダウンのため、旅行に行けなかったのが残念です。

【「It is a pity that」の書き換え方法】
「a shame」や「regrettable」を使う

スポンサーリンク

「残念だ」を英語で言うには?

「残念だ」を英語で言うには、前述したように「It’s a pity that」が使えるのです。

この「〜は残念だ」という表現、英作文でよく問われますから正確に覚えておくといいでしょう。よく間違えやすいポイントが「It is pity」と書くミス。

It is a pity that some people mistakenly believe that Nukes are the only way to guarantee peace.
核兵器が平和を保証する唯一の方法だと勘違いしている人がいるのは残念なことだ。

「pity」は可算名詞ですから、必ず「a pity」と書かなければなりません。

「It’s a pity that」のポイントを意識しながら、例文をみていきましょう。

「It’s a pity that」のポイント】
→ pityは可算名詞
「a pity」と書くこと

スポンサーリンク

「It’s a pity that」の使い方がわかる英語参考書

「It’s a pity that」の使い方がわかる英語参考書は『竹岡広信の 英作文が面白いほど書ける本』です。

「It’s a pity that」だけでなく、「regrettable」、「a shame」、「unfortunately」の使い方まで解説されてあります。

COMMENT