【3分ガイド】it is time (仮定法過去)to doー例文・意味・違い

it-is-time英語レッスン

みなさん、「〜すべき時だ」「〜の時だ」の英語表現がわかりますか?

この表現はよく英作文や英文読解で問われる頻出表現。

その答えは、「It is time to do」と「It is time 仮定法過去」になります。

【It is time (仮定法過去)to do】
→ 英作文でよく問われる
→ 英文読解でも頻出表現

このふたつの表現には意味の違いがありますが、区別がついていない方が多いようです。

「It is time (仮定法過去)to do」の区別は、ミスしやすいとこなので注意が必要でしょう。

そこで当記事では「It is time (仮定法過去)to do」の意味・例文・区別について説明していきます。

スポンサーリンク

「〜すべき時だ」「〜の時だ」の英語表現

「〜すべき時だ」「〜の時だ」を英語で表現するには、「It is time to do」と「It is time 仮定法過去」がつかえます。

このふたつの表現は意味は似ていますが、以下のように「ネガティブな気持ちが込められているか、いないか」に違いがあるのです。

【「〜すべき時だ」の意味の違い】
① It is time to do
→ 中立な立場
→ ネガティブ感情なし


② It is time 仮定法過去
ネガティブ感情アリ
→ 「時」がすでに到来

→「もっと早く」という批判アリ

スポンサーリンク

「It is time to do」の意味・例文

「〜の時だ」の英語例文をみていきましょう。

It is time to fight against the enemy.
敵と戦うべき時です。

It is time to learn about different cultures.
異文化を学ぶべき時です。

上の例文では「「It is time to do」がつかわれていますから、話者の「ネガティブな感情」はありません。

「It is time to do」のニュアンス】
→ 批判の感情はナシ

スポンサーリンク

「it is time 仮定法過去」の例文

上の例文を、「it is time 仮定法」の例文に書き換えてみましょう。

It is time we fought against the enemy.
敵と戦うべき時です。
→ 批判的なニュアンス

It is time you learned about different cultures.
異文化を学ぶ時です。
→ ネガティブなニュアンス

上の例文では「it is time 仮定法」がつかわれていますから、「批判的なニュアンス」が込められています。

つまり、戦うべきは時は「到来」しているのに「実行されていない」と話者が感じているのです。

「it is time 仮定法過去」のニュアンス】
→ 批判のニュアンスあり

「it is time 仮定法」のなぜ?

「it is time 仮定法」はなぜ「仮定法過去」がつかわれるのでしょう?

この点、「〜すべき時」が「到来している」のにかかわらず「実際には到来していない」ため「仮定法過去」がつかわれます。

つまり「すべきことを、していない」ことに対し、「批判」の感情を表すために「仮定法過去」がつかわれるのです。

「it is time 仮定法」】
→ 「もっと早く」という批判アリ

スポンサーリンク

「It is time to go」の意味・例文

「It is time to go」の意味は、前述したように「〜する時だ」です。

「It is time to go」の例文をみていきましょう。

It is time to go to sleep.
寝る時間です。

上の例文を「It is time 仮定法過去」に書き換えると、ネガティブな気持ちをあらわせます。

It is time you went to sleep.
寝る時間です。
→そろそろ寝た方がいいですよ。

「寝る時間です」という意味では同じです。よりネガティブ感情を表現すると「そろそろ寝た方がいいですよ。」と和訳できるでしょう。

「It is time 仮定法過去」を使う理由は、「寝る時間は到来」しているのに「実際には寝ていない」ため。

スポンサーリンク

「It’s time to leave」の意味・例文

「It’s time to leave」の意味・例文をみていきましょう。

It’s time to leave your job.
仕事を辞めるべき時です。

上の例文を「It is time 仮定法過去」で書き換えると、「〜すべき時」が「もう到来している」ことを表現できます。

It’s time you left your job.
もう仕事を辞めるべき時です。

スポンサーリンク

「It is time (仮定法過去)to do」が詳しい参考書

「It is time (仮定法過去)to do」が詳しい参考書は『大学入試 基礎からの英作文実践講義』と『ジーニアス総合英語』です。

『大学入試 基礎からの英作文実践講義』は英作文で間違えやすいところを、コンパクトに解説してあります。

本書は、もちろん「It is time (仮定法過去) to」のふたつの違いについても説明があります。このニュアンスの違いについても詳しいです。

大学受験・TOEFL試験の「英作文対策の一冊目」にオススメでしょう。

いっぽう『ジーニアス総合英語』は例文がたくさんあり、図解やコラムも豊富にあります。

「It is time (仮定法過去) to」についても、例文を交えて解説があるので、理解しやすいでしょう。

本書は分厚く、英文法について幅広く解説してありますから、英語初学者〜中級者はもって置くといいと強力にバックアップしてくれますよ。

COMMENT