ホーム英語レッスン【3分ガイド】I...

【3分ガイド】It takes+人+時間+to doー例文・意味・書き換え

みなさん、英語で「時間がかかる」をどう表すかわかりますか?

よくつかわれる表現が「It takes+人+時間+to do」です。

英作文でも問われやすく、英字新聞でもよく目にする表現。

でも「It takes+人+時間+to do」がうまく書けない人が多いんですよね。

「It takes+人+時間+to do」】
→ 英作文でよく問われる
→ 洋書で頻出表現

「takes」の後に何を書けばいいかがわからなかったり、「It takes+人+時間+to do」の書き換えができなかったりするのがよく見られます。

そこで当記事では「It takes+人+時間+to do」の意味・例文・書き換えを解説していてきます。

「It takes+時間+to do」の意味・例文

「It takes+時間+to do」の意味は「Vするのに〜時間かかる」です。

「It takes+時間+to do」の例文をみていきましょう。

上の例文では「takes」の後に「かかる時間」が置かれ、「to do」以下で「時間がかかること」が書かれます。

この「It takes+時間+to do」では、「誰にとって時間がかかるのか」が書かれません。

よって、前後の文脈からその人が想定できる場合や、「誰にとってか」を表さない場合に、「It takes 時間 to do」がつかわれるのです。

【「It takes+時間+to do」】
→ 「だれにとっての時間か」は書かれない

「It take+人+時間+to do」の意味・例文

「It take+人+時間+to do」の意味は「人にとってVするのに〜時間かかる」です。

It took me ten months to build the log cabin.
そのログハウスを建てるのに10ヶ月かかりました。

It took her ten minutes to solve the puzzle.
彼女はパズルを解くのに10分かかりました。

上の例文では「人」にあたるところに「me」「her」が置かれています。「me」「her」を置くことで「わたし(彼女)がかかった時間」を明らかにしているのです。

この「人」にあたる部分には「him」「me」「us」などの目的格の代名詞が置かれます。

【「It take+人+時間+to do」】
→ 「人」には目的格の代名詞を書く

「It takes 時間」の書き換え

「It takes 時間」の書き換えについてみていきましょう。

「It takes+人+時間」の書き換えは「It takes+時間+for+人」でできます。

【It takes+人+時間の書き換え】
→「It takes+時間+for+人」で書換

「It take+時間+for+人+to do」の書き換え例文

さきほどの例文を書き換えていきます。

It took ten months for me to build the log cabin.
=It took me ten months to build the log cabin.
そのログハウスを建てるのに10ヶ月かかりました。

さらに例文をみていきましょう。

It took more than 10 years for us to develop the new drug.
=It took us more than 10 years to develop the new drug.
この新薬の開発には10年以上かかりました。

「人+take+時間+to do」の書き換え

前述の例文は「人+take+時間+to do」の書き換えができます。

このとき注意が必要なのが、「人」は主語であるため「I・We・he・she」などの「主格」で書かなければなりません。

書き換えの例文をみていきましょう。

I took ten months to build the log cabin.
=It took me ten months to build the log cabin.
そのログハウスを建てるのに10ヶ月かかりました。


We took more than 10 years to develop the new drug.
=It took us more than 10 years to develop the new drug.
この新薬の開発には10年以上かかりました。

「It takes 時間 for 人 to do」が詳しい参考書

「It takes 時間 for 人 to do」は『大学入試 基礎からの英作文実践講義』と『ジーニアス総合英語』です。

大学入試 基礎からの英作文実践講義』は英作文で間違えやすい「It takes 時間 for 人 to do」を集中的に学べます。

受験生がつまづきやすいところを丁寧に解説してありますから、英作文対策の一冊目にいいでしょう。

ジーニアス総合英語』は「It takes 時間 for 人 to do」の例文がたくさんありますから、理解を深めるのに役立ちます。

また本書は「It takes〜」だけでなく英文法を幅広く解説し、例文も豊富ですから、参照用にオススメです。

大学受験生も英検受験生も一冊もっておけば、英語学習の力づよい味方になってくれるはず。

 

 

関連記事

どんな英文もスラスラ読めるようになるには、英文解釈・英文読解の参考書を読むといいでしょう。

【サクサク英文読解するには?】
→ 英文解釈力が必要

英文解釈力があると
 速く正確に読める

英文解釈・英文読解の参考書えらびは、次の記事がオススメです。

上級のテキストまでやりこめば、読めない英文がなくなるでしょう。

英文解釈を高速化する多読コンテンツ
【30日無料】洋書の多読でスラスラ英文読解「Amazon Kindle Unlimited」

英文解釈の初心者におすすめ記事
『超・英文解釈マニュアル』の効果・レベル|英語長文勉強法・参考書

【英文解釈の中級者におすすめ記事】
英文読解の原則125ー難易度・使い方|英文熟考・ポレポレ・透視図

② 『最重要構文540』一冊だけ、英語重要構文一覧が|効果・使い方

英文解釈の上級者におすすめ記事】
「英文解釈教室」で、”英語の読み”が劇的チェンジ!【効果&使い方】

英語リーディングを極める!「上級教材&英文解釈本」がど正解?

おすすめ記事まとめはコチラ!
英語勉強法のまとめはコチラ!

→ 3分英語レッスン記事はコチラ!  

オンライン英会話でアウトプット

英語リーディングでインプットしたら、英会話でアウトプットもすると英語力がググッと引き上げられます。

英語上達には、インプットとアウトプットのバランスがなによりも大切。

オンライン英会話の「カランメソッド」なら、良質なアウトプットを先生と一緒にできます。

【英語上達するには?】
① リーディング
② スピーキング
※ふたつのバランスが大切

【おすすめオンライン英会話】
【4倍速で上達するカランメソッド】
期間60日・上級者レポ】カランメソッドの効果実感?進まない?

【せきらら体験談】カランメソッドステージ2|独学は難しい?テキスト?

 

\ 2回の無料体験キャンペーン中 /

【TOEIC250点UPスタディサプリENGLISH【7日間無料】

 

スタディサプリENGLISHが「7日間無料」キャンペーンを実施中です。

本番に近い問題形式の「実戦問題集」や「動画講義」もついているため、「スタディサプリENGLISH」だけでTOEIC対策ができます。

たった「2ヶ月で250点スコアアップ」した人もいるくらい即効性があるんです。

【スタディサプリENGLISH】
① 動画講義アリ
② 実践問題集アリ
→ TOEIC対策オールインワン
※ 200点UP人がゾロゾロ

 

\ 全ての機能が7日間無料 /

 

 

 

ピックアップ

Feature

関連記事

人気記事

アノエイゴ
→ TOEIC最高点は960点 → 翻訳みならい・英語を教えたりも → 厳選した勉強法をお伝え