マンネリ化して英語の勉強が進まない?漫画・コミックでたのしむ化

リーディング

英語の勉強がマンネリ化してしまうことありませんか?わたしのスランプ解消法、これ。マンガから英語をまなぶ(多読)。

漫画から学ぶと、なんといっても楽しい。しかもイラストがあるから、記憶にも残りやすいんです。日常会話が多いからスピーキングにもリーディングもぐぐっと上げられます。漫画の多読は英語のプロ同時通訳・翻訳者も英語のトレーニングに取りいれるほど定評がある勉強法。

日本語ぺらぺらなアメリカの友達が、「日本語はドラゴンボールとナルトで勉強した」言うほど、漫画で語学を勉強するとほんと効果大。悟空みたいな口調ですが、日本語うまいんですよ。

英語の勉強にも漫画・コミックを使わない手はありません。そこでいままで読んだ50冊のなかから、おすすめの漫画・コミックを紹介します。

【漫画・コミックからまなぶメリット】
・絵があるから、記憶にのこる
・なんといってもたのしい!
・リーディング力アップ
・日常会話のフレーズをたくさん学べる

【こんな人におすすめ】
・英語の勉強にまんねりを感じている
・リーディングのスピードアップさせたい
・たのしく勉強したい

スポンサーリンク

マンガ・コミックを多読で、英語力がアップする理由

マンガ・コミックから英語をまなぶことを、「多読」といいます。多読の効果は科学的にも実証されてます。

ベストセラー「英語上達完全マップ」でも多読が推奨されています。

例えば、英語のプロ中のプロである同時通訳者は、その完璧なリスニング能力と見事なスピーキング能力ばかりが強調されますが、その裏で膨大な量の英語を日常的に読んでいるのです。

また脳科学者の茂木健一郎氏も多読で英語の能力が飛躍的にのびたとも。

僕は英語で苦労した記憶がありません。高校のときに自分に「英語の原書をたくさん読む」という無茶ぶりをしたのが効いたようです。『赤毛のアン』シリーズや科学書などの英語の原書を、3年間で30冊ぐらい読みました。最初は苦しかったのですが、読み終えたあとは、大学入試くらいの英語だったら問題ない状態になりました。

URL : https://benesse.jp/kosodate/201401/20140109-3.html

マンガ・コミック多読の効果【体験談】

個人的にいちばん効果がかんじたのは、英語のリーディングスピード。TOEICテストでもリーディングパートで時間が余るくらいに、ぐぐっとアップしました。

リーディングの苦手意識もなくなったと思います。以前まではリーディングするのに、「よしっ、気合い入れてやるぞ」とパワーが必要でしたが、いまではスッと取りかかれるくらいに意識が成長。

またマンガ・コミックは会話が多いから、英会話で使えるフレーズの宝庫なんです。多読で仕入れたフレーズをオンライン英会話で話そうとウキウキできます。この「多読 → 英会話 → 多読…」というサイクルほんとおすすめ。”英語を楽しめる化”できますよ。

【個人的に感じた多読の効果】
・リーディングスピードがぐんと上昇
・リーディングが楽しめるようになった
・英語勉強を”楽しめる化”できる

おすすめの漫画・コミック

多読をはじめたての人は、日本の漫画から多読をはじめるとスイスイいくはず。というのも英語版の漫画はセリフのフォントがきれいで読みやすいから。

また作品の内容を知っている漫画からスタートすると理解しやすいですよ。その点ジブリ作品は多くのかたが鑑賞したことがあるからおすすめ。

アメコミなどのコミックは手書き風のセリフが読みづらく感じます。挫折しないためにも多読に慣れてからはじめるのがおすすめ。

以下ではおすすめ5選を紹介します。

【風の谷のナウシカ】「Nausicaa of the Valley of the Wind」

皆さんおなじみのジブリ作品、「Nausicaa of the Valley of the Wind」。映画版と漫画とでラストの描きかたが違うのもみどころです。

【あらすじ】
戦争により荒廃した世界を舞台に少女ナウシカの視点から、異形の生態系と人がどのように共生していくかを描く。

【英語の難易度】
・英単語 : ふつう
・文構造 : やさしい 〜 ふつう
・フォント : 読みやすい

【千と千尋の神隠し】「Spirited Away Picture Book 」

アカデミー賞を受賞したことでも知られる、大ヒット作品「Spirited Away Picture Book 」。

漫画というよりは絵本にちかいレイアウト。漫画のように「登場人物に吹き出しがあり、そこにセリフが書いてある」という形ではありません。絵本のように絵と文章が分離。絵が白黒ではなくカラーだからこどもから大人までたのしめますよ。

【あらすじ】(「BOOK」データベースより)

10歳の少女千尋は、不思議の町で名まえを奪われ、さまざまな困難にあいながらも、本来の「生きる力」をとりもどし、生き生きと働く。「千尋がんばれ!」一生懸命な千尋の姿に、思わず胸が熱くなる。

【英語の難易度】
・英単語 : やさしい 〜 ふつう
・文構造 : やさしい 〜 ふつう
・フォント : 読みやすい

【20世紀少年】「20th Century Boys」

「20th Century Boys: The Perfect Edition, Vol. 1」は浦沢直樹の代表作。講談社漫画賞や小学館漫画賞など数々の賞を受賞しています。映画化されているため、ご存知のかたもおおいはず。

セリフのフォントは読みやすく、英語の構造も難しくありません。会話がメインなため難しい単語も少ないです。英会話に教材にばっちり。

あらすじ/1997年、ケンヂが営むコンビニへ刑事が訪れた。ケンヂがいつも酒の配達をしている敷島家が、全員行方不明になったのだという。敷島家の集金がまだ終わっていなかったケンヂは、飲み逃げかと落ち込むものの、渋々ビールの空きビンを取りに敷島の家を訪れる。するとそこには、どこかで見たことがあるような、不思議なマークが壁に描かれていた(第1話)

【英語の難易度】
・英単語 : ふつう
・文構造 : やさしい 〜 ふつう
・フォント : 読みやすい

「タンタンの冒険」「Tintin in the Congo (English Edition)」

『タンタンの冒険』シリーズは世界中で人気の作品で、映画化もされています。こどもから大人まで笑えてワクワクさせられる作品です。kindle版があるから、気軽によめるのも魅力。こども向けのコミックだから、すなおな文章・英単語が多く読みやすいですよ。

【あらすじ】
少年記者のタンタンが相棒の白い犬と世界中を冒険しながら、事件を解決していく。

【英語の難易度】
・英単語 : やさしい 〜 ふつう
・文構造 : やさしい 〜 ふつう
・フォント : 読みやすい

【デッドプール】「Deadpool: World’s Greatest Vol. 1」

大ヒット映画の原作マーベルコミック。正統派のアメコミのヒーローとはひとあじちがうデッドプール。無責任ヒーロー、だけど締めるところはしめるからどこか憎めない。

大人向けのコミックなため、英単語のレベルは高め。フォントも手書きだから、すこしとっつきにくいかもしれません。

【英語の難易度】
・英単語 : ふつう 〜 むずかしい
・文構造 : ふつう
・フォント : 読みにくい(手書き風)

【アキラ】「Akira」【+2冊】

世界中から評価されている、日本名作SF漫画「Akira」。

【あらすじ】
舞台は第3次世界大戦のネオ東京。超能力者・軍・反体制勢力の争いが、荒廃した近未来都市で繰り広げられる。

【英語の難易度】
・英単語 : ふつう
・文構造 : ふつう
・フォント : 読みやすい

「March」【+2冊】

公民権運動に尽力したジョン・ルイスをえがく、自伝コミック。ニューヨークタイムズやワシントンポストから賞賛され、アメリカではベストセラーになっています。

【英語の難易度】
・英単語 : ふつう 〜 むずかしい
・文構造 : ふつう
・フォント : すこし読みにくい

コメント

タイトルとURLをコピーしました