ホーム英語レッスン【1分ガイド英語...

【1分ガイド英語】前置詞句の「形容詞・副詞」の違い・見分け方|文末・文頭

みなさん、「前置詞+名詞」が「形容詞句・副詞句」のどちらの働きをしているのか、迷いませんか?

この「前置詞句の見分け方」は大学入試・英語試験でよく問われるパート。

でもココ、苦手なかたが多いんですよね。

「前置詞+名詞」の働き】
→ 和訳で問われる
→ 英文読解でも重要な知識

その点、「形容詞・副詞」のどちらで機能するかは「前置詞の位置」でカンタンに判別できます。

そこで当記事では、「前置詞句の、形容詞・副詞の見分け方」を例文を挙げながら、くわしく解説します。

「前置詞の位置」によってパターン化してますから、「前置詞の知識」をより深められるでしょう。

前置詞句の「形容詞・副詞」の見分け方・違い

前置詞句の「形容詞・副詞」の見分け方としては、次のように3つのパターンで考えるとわかりやすいでしょう。

【前置詞句の見分け方】
① 文頭の前置詞
②「主語+前置詞句」の語順
③ 前置詞が文末

以下ではそれぞれ前置詞の位置から「前置詞の見分け方」を説明していきます。

なお、前置詞句や副詞句の「句」とは、2つ以上の語が「1つの品詞」の働きをすることです。

例えば「at first(最初は)」は、「前置詞+名詞」の2語で「副詞」として働きます。これを副詞句というのです。

【「句」とは?】
→ 2語以上で品詞として働く

【文頭の前置詞】「前置詞+名詞」が副詞句

「前置詞+名詞」が副詞句になる場合の例文をみていきましょう。

In the metropolitan area, flu is spreading fast.
首都圏では、インフルエンザが急速に広がっています。

上の例文のように、「文頭の前置詞」はほとんどが副詞句になります。

これを「形容詞句」と考え「首都圏のインフルエンザは〜」と訳すと、間違えになるのです。

【「文頭の前置詞」】
→ 副詞句となるのが一般的

「主語+前置詞句」の語順で「形容詞句」

「前置詞+名詞」が形容詞句の例文をみていきましょう。

People in the town are seeking jobs.
町の人々は仕事を求めている。

上の例文のように「主語+前置詞句」の語順では、一般的に「形容詞句」になります。

そのため、この例文を「町では、人々は〜」と副詞句として訳すと、間違えになるのです。

【「主語+前置詞句」】
→ 「形容詞句」が多い

「前置詞句」が文末の場合

「前置詞句」が文末につくときは、副詞句・形容詞句のどちらの可能性もあります。

そのため文脈で「副詞句・形容詞句のどちらか」を判断しなくてはなりません。

【「前置詞句」が文末の場合】
→ どちらの可能性もあり
→ 文脈で判断する

「前置詞句」が文末【形容詞句】

「前置詞句」が文末にあり、かつ「形容詞」として機能している例文をみていきましょう。

I saw a man with a gun.
銃を持った男を見た。

上の例文では「前置詞+名詞」のかたまりが文末にありますから、形だけでは「形容詞句か副詞句か」は判別できません。

文脈から判断すると、形容詞句と捉え「銃を持った男」と考えると自然でしょう。

「前置詞句」が文末【副詞句】

「前置詞句」が文末にあり、かつ「副詞」として機能している例文をみていきましょう。

He eats curries with his hands.
彼はカレーを手で食べます。

上の例文でも文末に「前置詞+名詞(with his hands)」がありますね。

こちらも文脈から「形容詞句か副詞句か」を判断しなければなりません。

そうすると、「手で食べる」と「副詞句」と考えると自然な英文になります。

「必ず副詞句」となる表現

「必ず副詞句」となる表現としては「all of a sudden(急に・突然)」があります。

したがって、どの位置に「all of a sudden」が置かれても「副詞句」と解釈するのです。

「all of a sudden」の例文をみていきましょう。

He got mad at me all of a sudden.
彼に急に怒られた。

上の例文では、「all of a sudden」を副詞句と考え「急に怒られた」と訳しました。

「必ず副詞句」となる前置詞句

「必ず副詞句」となる前置詞句として、よく英語試験で出題されるのは次のものが挙げられます。

【副詞句となる前置詞句】
→ after all(結局)
→ at first(最初は)
→ in fact(実のところ)

「前置詞+名詞」は、形容詞句か副詞句

上の説明のように「前置詞+名詞」は形容詞句、または副詞句として働きます。

前述したように、前置詞の置かれる位置によって、どちらの働きをしているか判断しやすいのです。

しかし、「形容詞句か副詞句かどうか」は判別しにくいものもありますから、その場合は「文脈」から見分けなければなりません。

「前置詞+名詞」について詳しい参考書

「前置詞+名詞」について詳しい参考書は『英文読解の原則125』と『ジーニアス総合英語』です。

『英文読解の原則125』は「前置詞の位置」によって公式化しているため、知識の整理にぴったりの参考書。

難関大・英検の試験対策の仕上げにおすすめでしょう。

「英文読解のコツ」がコンパクトにまとまっているため、多読前に読むのもいいでしょう。

いっぽう『ジーニアス総合英語』は、より基礎的なことがらから説明されてますから、中学生から社会人まで、サクサク読めます。

「前置詞+名詞」の理解に大切なポイント「句と節の違い」についても、ていねいに解説してあります。

『ジーニアス総合英語』は分厚く網羅性がありますから、参照用にいいでしょう。

大学受験にも、社会人の英語の学び直しにも、相性がいい参考書になります。

 

 

関連記事

どんな英文もスラスラ読めるようになるには、英文解釈・英文読解の参考書を読むといいでしょう。

【サクサク英文読解するには?】
→ 英文解釈力が必要

英文解釈力があると
 速く正確に読める

英文解釈・英文読解の参考書えらびは、次の記事がオススメです。

上級のテキストまでやりこめば、読めない英文がなくなるでしょう。

英文解釈を高速化する多読コンテンツ
【30日無料】洋書の多読でスラスラ英文読解「Amazon Kindle Unlimited」

英文解釈の初心者におすすめ記事
『超・英文解釈マニュアル』の効果・レベル|英語長文勉強法・参考書

【英文解釈の中級者におすすめ記事】
英文読解の原則125ー難易度・使い方|英文熟考・ポレポレ・透視図

② 『最重要構文540』一冊だけ、英語重要構文一覧が|効果・使い方

英文解釈の上級者におすすめ記事】
「英文解釈教室」で、”英語の読み”が劇的チェンジ!【効果&使い方】

英語リーディングを極める!「上級教材&英文解釈本」がど正解?

おすすめ記事まとめはコチラ!
英語勉強法のまとめはコチラ!

→ 3分英語レッスン記事はコチラ!  

オンライン英会話でアウトプット

英語リーディングでインプットしたら、英会話でアウトプットもすると英語力がググッと引き上げられます。

英語上達には、インプットとアウトプットのバランスがなによりも大切。

オンライン英会話の「カランメソッド」なら、良質なアウトプットを先生と一緒にできます。

【英語上達するには?】
① リーディング
② スピーキング
※ふたつのバランスが大切

【おすすめオンライン英会話】
【4倍速で上達するカランメソッド】
期間60日・上級者レポ】カランメソッドの効果実感?進まない?

【せきらら体験談】カランメソッドステージ2|独学は難しい?テキスト?

 

\ 2回の無料体験キャンペーン中 /

 

 

 

ピックアップ

Feature

関連記事

人気記事

アノエイゴ
アノエイゴ
→ TOEIC最高点は960点 → 翻訳みならい・英語を教えたりも → 厳選した勉強法をお伝え