【1分ガイド英語】過去分詞「1語」で後置修飾ー例文・意味・TOEIC

put-together-and-combined英語レッスン

みなさん、英文法問題で頻出の「後置修飾」をご存知ですか?

「後置修飾」は英字新聞・洋書で多用されてますから、スムーズな英文読解のためには避けては通れません。

またTOEICでも、これでもかと言うほど「分詞の後置修飾」は出題されます。

【分詞の「後置修飾」】
→ 洋書で頻出の英語表現
→ TOEICでよく問われる

そこで当記事では、英語の後置修飾の例文・意味・作り方をくわしく説明していきます。

また後置修飾の応用編として、「比較級の英文」にある後置修飾についても掘り下げます。

スポンサーリンク

後置修飾が「比較級にある例文」

まず後置修飾が「比較級にある例文」をみていきましょう。

Hanako spends more on beauty care products than all of us put together.
花子は私たち全員をあわせたよりも、美容グッズにお金を費やしています。

「put」は過去分詞で、「all of us」を後置修飾しています。「put together」は「〜を合計した」という意味です。

【「A put together」の意味】
→「〜を合計した」

後置修飾の作り方

後置修飾の作り方は「名詞」の後ろに「put together」をつけるイメージ。
このとき「名詞」は複数のものが置かれます。

【比較級 〜 than「名詞」+ put together】
意味 → 『[名詞]をあわせたよりも〜』

スポンサーリンク

「後置修飾(過去分詞)」の例文

過去分詞が名詞を後置修飾するとき、ほとんどが「他動詞」の分詞。そのときの「他動詞の分詞」意味は受け身になります。

割合としては少ないですが、「自動詞の分詞」もあります。

イメージしやすいように、さらに「後置修飾(過去分詞)」の例文をみていきましょう。

He earns more than all of us combined.
彼女の収入は私たち全員の合計よりも多い。

分詞「combined」が「put together」のように後置修飾として働いています。同じ意味で「〜を合計した」という意味です。

【分詞「A combined」の意味】
→ 「〜を合計した」

スポンサーリンク

過去分詞「1語」で後置修飾

後置修飾は一般的に修飾語句がなければ「前置」されますが、過去分詞「1語」で「後置修飾」ことがあります。

【過去分詞は、前置か後置か?】
① 分詞の多くは「前置」
→ 修飾語句がないときなど


② 過去分詞「1語」で後置アリ
→ 例外のケース
→ 一時的な状態を表すとき

【例文】過去分詞が後ろから修飾

過去分詞が後ろから修飾する例文をみていきましょう。

しかも過去分詞「1語」で後置するパターンです。

Police identified the woman shot.
警察は、撃たれた女性の身元を特定した。

上の例文では過去分詞「shot」が修飾する名詞(woman)より「後置」されています。

後置されている理由は「一時的な状態」のため。

つまり「撃たれた状態」というのは「習慣的」なものではなく「一時的な状態」であるためなんです。

このように分詞「1語」で修飾する場合、基本的には「前置」なのですが、一時的な状態を表すときには「後置」します。

後置修飾とTOEIC

後置修飾はTOEICのリーディングパートで頻出。

とくに英文法のパートでは「毎回出題される」といっても過言じゃないくらいでますから、後置修飾の分詞をしっかり理解しておきましょう。

【TOEICの英文法問題】
→ 分詞の後置修飾が問われる
→ 頻出問題

後置修飾を「分かりやすく」

後置修飾を分かりやすく理解するには、まず分詞が「1語」のときには「前置」と覚えるといいでしょう。

もちろん前述のように例外はありますが、例外はレアなケースですから、まずは大きな枠組みを覚えるのが先です。

分詞が「前置」された例文をみていきましょう。

He is trying to fix a broken window.
彼は壊れた窓を直そうとしている。

上の例文では、過去分詞「broken」は1語だけなので、名詞「window」より前置されています。

いっぽう、分詞が修飾語句や目的語とともなって「2語」以上になるときは「後置」になります。

【分詞は、前置か後置か】
① 分詞が1語のみ
→ 前置(原則)

→ 例外は上記参照

② 分詞が2語以上
→ 後置

スポンサーリンク

「後置修飾」が詳しい参考書

「後置修飾」が詳しい参考書は『「読む」ための英文法』『英文法詳解』『ジーニアス総合英語』です。

『「読む」ための英文法』は大学入試の英文で「後置修飾」が学べます。

『英文法詳解』は日本語の解説が詳しい英文法書。例文もたくさんあるため、「後置修飾」の理解を深められるでしょう。

『ジーニアス総合英語』は「分詞を前置するか後置するか」の「例文」が豊富ですから、理解の整理に役立ちます。

また「分詞のコラム」もたくさんあり解説も親切ですから、初学者からTOEIC受験者までオススメです。

COMMENT