ホーム英語レッスン【1分ガイド英語...

【1分ガイド英語】過去分詞「1語」で後置修飾ー例文・意味・TOEIC

みなさん、英文法問題で頻出の「後置修飾」をご存知ですか?

「後置修飾」は英字新聞・洋書で多用されてますから、スムーズな英文読解のためには避けては通れません。

またTOEICでも、これでもかと言うほど「分詞の後置修飾」は出題されます。

【分詞の「後置修飾」】
→ 洋書で頻出の英語表現
→ TOEICでよく問われる

そこで当記事では、英語の後置修飾の例文・意味・作り方をくわしく説明していきます。

また後置修飾の応用編として、「比較級の英文」にある後置修飾についても掘り下げます。

後置修飾が「比較級にある例文」

まず後置修飾が「比較級にある例文」をみていきましょう。

Hanako spends more on beauty care products than all of us put together.
花子は私たち全員をあわせたよりも、美容グッズにお金を費やしています。

「put」は過去分詞で、「all of us」を後置修飾しています。「put together」は「〜を合計した」という意味です。

【「A put together」の意味】
→「〜を合計した」

後置修飾の作り方

後置修飾の作り方は「名詞」の後ろに「put together」をつけるイメージ。
このとき「名詞」は複数のものが置かれます。

【比較級 〜 than「名詞」+ put together】
意味 → 『[名詞]をあわせたよりも〜』

「後置修飾(過去分詞)」の例文

過去分詞が名詞を後置修飾するとき、ほとんどが「他動詞」の分詞。そのときの「他動詞の分詞」意味は受け身になります。

割合としては少ないですが、「自動詞の分詞」もあります。

イメージしやすいように、さらに「後置修飾(過去分詞)」の例文をみていきましょう。

He earns more than all of us combined.
彼女の収入は私たち全員の合計よりも多い。

分詞「combined」が「put together」のように後置修飾として働いています。同じ意味で「〜を合計した」という意味です。

【分詞「A combined」の意味】
→ 「〜を合計した」

過去分詞「1語」で後置修飾

後置修飾は一般的に修飾語句がなければ「前置」されますが、過去分詞「1語」で「後置修飾」ことがあります。

【過去分詞は、前置か後置か?】
① 分詞の多くは「前置」
→ 修飾語句がないときなど


② 過去分詞「1語」で後置アリ
→ 例外のケース
→ 一時的な状態を表すとき

【例文】過去分詞が後ろから修飾

過去分詞が後ろから修飾する例文をみていきましょう。

しかも過去分詞「1語」で後置するパターンです。

Police identified the woman shot.
警察は、撃たれた女性の身元を特定した。

上の例文では過去分詞「shot」が修飾する名詞(woman)より「後置」されています。

後置されている理由は「一時的な状態」のため。

つまり「撃たれた状態」というのは「習慣的」なものではなく「一時的な状態」であるためなんです。

このように分詞「1語」で修飾する場合、基本的には「前置」なのですが、一時的な状態を表すときには「後置」します。

後置修飾とTOEIC

後置修飾はTOEICのリーディングパートで頻出。

とくに英文法のパートでは「毎回出題される」といっても過言じゃないくらいでますから、後置修飾の分詞をしっかり理解しておきましょう。

【TOEICの英文法問題】
→ 分詞の後置修飾が問われる
→ 頻出問題

後置修飾を「分かりやすく」

後置修飾を分かりやすく理解するには、まず分詞が「1語」のときには「前置」と覚えるといいでしょう。

もちろん前述のように例外はありますが、例外はレアなケースですから、まずは大きな枠組みを覚えるのが先です。

分詞が「前置」された例文をみていきましょう。

He is trying to fix a broken window.
彼は壊れた窓を直そうとしている。

上の例文では、過去分詞「broken」は1語だけなので、名詞「window」より前置されています。

いっぽう、分詞が修飾語句や目的語とともなって「2語」以上になるときは「後置」になります。

【分詞は、前置か後置か】
① 分詞が1語のみ
→ 前置(原則)

→ 例外は上記参照

② 分詞が2語以上
→ 後置

「後置修飾」が詳しい参考書

「後置修飾」が詳しい参考書は『「読む」ための英文法』『英文法詳解』『ジーニアス総合英語』です。

『「読む」ための英文法』は大学入試の英文で「後置修飾」が学べます。

『英文法詳解』は日本語の解説が詳しい英文法書。例文もたくさんあるため、「後置修飾」の理解を深められるでしょう。

『ジーニアス総合英語』は「分詞を前置するか後置するか」の「例文」が豊富ですから、理解の整理に役立ちます。

また「分詞のコラム」もたくさんあり解説も親切ですから、初学者からTOEIC受験者までオススメです。

 

 

関連記事

どんな英文もスラスラ読めるようになるには、英文解釈・英文読解の参考書を読むといいでしょう。

【サクサク英文読解するには?】
→ 英文解釈力が必要

英文解釈力があると
 速く正確に読める

英文解釈・英文読解の参考書えらびは、次の記事がオススメです。

上級のテキストまでやりこめば、読めない英文がなくなるでしょう。

英文解釈を高速化する多読コンテンツ
【30日無料】洋書の多読でスラスラ英文読解「Amazon Kindle Unlimited」

英文解釈の初心者におすすめ記事
『超・英文解釈マニュアル』の効果・レベル|英語長文勉強法・参考書

【英文解釈の中級者におすすめ記事】
英文読解の原則125ー難易度・使い方|英文熟考・ポレポレ・透視図

② 『最重要構文540』一冊だけ、英語重要構文一覧が|効果・使い方

英文解釈の上級者におすすめ記事】
「英文解釈教室」で、”英語の読み”が劇的チェンジ!【効果&使い方】

英語リーディングを極める!「上級教材&英文解釈本」がど正解?

おすすめ記事まとめはコチラ!
英語勉強法のまとめはコチラ!

→ 3分英語レッスン記事はコチラ!  

オンライン英会話でアウトプット

英語リーディングでインプットしたら、英会話でアウトプットもすると英語力がググッと引き上げられます。

英語上達には、インプットとアウトプットのバランスがなによりも大切。

オンライン英会話の「カランメソッド」なら、良質なアウトプットを先生と一緒にできます。

【英語上達するには?】
① リーディング
② スピーキング
※ふたつのバランスが大切

【おすすめオンライン英会話】
【4倍速で上達するカランメソッド】
期間60日・上級者レポ】カランメソッドの効果実感?進まない?

【せきらら体験談】カランメソッドステージ2|独学は難しい?テキスト?

 

\ 2回の無料体験キャンペーン中 /

【TOEIC250点UPスタディサプリENGLISH【7日間無料】

 

スタディサプリENGLISHが「7日間無料」キャンペーンを実施中です。

本番に近い問題形式の「実戦問題集」や「動画講義」もついているため、「スタディサプリENGLISH」だけでTOEIC対策ができます。

たった「2ヶ月で250点スコアアップ」した人もいるくらい即効性があるんです。

【スタディサプリENGLISH】
① 動画講義アリ
② 実践問題集アリ
→ TOEIC対策オールインワン
※ 200点UP人がゾロゾロ

 

\ 全ての機能が7日間無料 /

 

 

 

ピックアップ

Feature

関連記事

人気記事

アノエイゴ
→ TOEIC最高点は960点 → 翻訳みならい・英語を教えたりも → 厳選した勉強法をお伝え