3分でわかる!英語比較級にある「後置修飾」例文・作り方・意味

スポンサーリンク
put-together-and-combined英語レッスン

みなさん、英文法問題で頻出の「後置修飾」をご存知ですか?

「後置修飾」は英字新聞・洋書で多用されてますから、スムーズな英文読解のためには避けては通れません。

そこで当記事では「比較級の英文」にある後置修飾の意味・例文・作り方をくわしく説明していきます。

スポンサーリンク

後置修飾が「比較級にある例文」

まず後置修飾が「比較級にある例文」をみていきましょう。

Hanako spends more on beauty care products than all of us put together.
花子は私たち全員をあわせたよりも、美容グッズにお金を費やしています。

「put」は過去分詞で、「all of us」を後置修飾しています。「put together」は「〜を合計した」という意味です。

後置修飾の作り方

後置修飾の作り方は「名詞」の後ろに「put together」をつけるイメージ。
このとき「名詞」は複数のものが置かれます。

【比較級 〜 than「名詞」+ put together】
意味 → 『[名詞]をあわせたよりも〜』

「後置修飾(過去分詞)」の例文

過去分詞が名詞を後置修飾するとき、ほとんどが「他動詞」の分詞。そのときの「他動詞の分詞」意味は受け身になります。

割合としては少ないですが、「自動詞の分詞」もあります。

イメージしやすいように、さらに「後置修飾(過去分詞)」の例文をみていきましょう。

He earns more than all of us combined.
彼女の収入は私たち全員の合計よりも多い。

分詞「combined」が「put together」のように後置修飾として働いています。同じ意味で「〜を合計した」という意味です。

COMMENT

<ランキングサイト>

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ