【1分ガイド】some・others構文ー意味・例文・使い方・訳し方

some-others英語レッスン

みなさん、「some・others」の訳し方・意味がわかりますか?

大学入試試験でよく問われますが、訳し方をミスしてしまう人が多いところなんです。

ミスの理由は「some」が「いくつかの」という意味で、その意味につられてしまうため。

some・others構文のときには、訳し方にコツがありますから、覚えておくと自然な訳がつくれますよ。

そこで、当記事では「some・others構文」の訳し方・意味について説明していきます。

スポンサーリンク

「some・others」の訳し方・意味

「some〜・othersー」の訳し方・意味は「〜な人もいれば、ーな人もいる」となります。

Some people like beef, and others like pork.
牛肉が好きな人もいれば、豚肉が好きな人もいる。

上の例文でも「some people」を「何人か」と訳しては意味がわかりません。

【「some〜・othersー」の訳し方】
→ 「〜な人もいれば、ーな人もいる」

「some・others構文」の特徴

some・others構文において、「some」は「いくつかの」という意味ではありません。

というよりは「割合」を表しているのです。そのため、「some」は「一部は〜」という意味になるのです。

Some events are more open to the public than others.
イベントによって一般公開されている程度に差がある。

【「some」の意味】
→ 数ではなく「割合」を表す

スポンサーリンク

「some others」の省略

「some・others構文」では省略が起きることがよくあります。「省略が起きる理由」は繰り返しを避けるため。

「some others構文」で省略が起きた例文をみていきましょう。

Some people are healthy and others are not.
健康な人もいれば、そうでない人もいる。

上の例文では「healthy」が共通する語であるため、省略されているのです。

省略せずに書くと「others are not healthy」となります。

【「some others」の省略】
→ 共通の語句は省略される

スポンサーリンク

「some・others」の接続詞

「some・others構文」の接続詞はさまざまあります。

たとえば「but/while」などが挙げられるでしょう。

以下ではそれぞれの接続詞ごとに、例文をみていきます。

「some + but + others」の意味・例文

「some but others」の意味は、とくに「but」の前後で「意味に差異」があるのを示しているんです。

さらに言うと「but」の「前の文と後ろの文」が対比の関係にあることを表しています。

「some + but + others」の例文をみていきましょう。

Some frogs are harmless, but others can be extremely harmful.
無害なカエルもいれば、非常に有害でありうるカエルもいる。

上の例文でも「無害カエルと有害なカエル」に対比の関係があるでしょう?

そのため「but」が使われています。

【「some + but + others」の語順】
→ 対比をあらわす

「Some while others」の意味・例文

「some + while + others」の意味は、「but」と同じように対比や差異を「while」は表します。

「some + while + others」の例文をみていきましょう。

Some people love Natto while others hate it.
納豆が好きな人がいる一方で、嫌いな人もいる。

上の例文でも「while」の前後に「納豆好き・嫌い」の対比があります。

そのため「while」が使われているのです。

【「some + while + others」の語順】
対照をあらわす

「some others」の使い方

上の例文でわかるように、「some・others」の使い方としては、接続「but/while/and」と一緒に使うといいでしょう。

例えば、「Aを好きな人もいれば、嫌いな人もいる」というような「対比」をあらわすときに「some・others構文」が使えるのです。

「some others」の使い方】
→ but・while・andと相性◎

スポンサーリンク

some・others構文が詳しい参考書

some・others構文が詳しい参考書は『「読む」ための英文法』と『英文法詳解』です。

『「読む」ための英文法』では難関大の英文から、some・others構文が学べます。

『英文法詳解』では訳し方の工夫がたくさん解説されてあります。

和訳問題につよくなりたい方にいいでしょう。

COMMENT