1分でわかる!「there to be」例文・意味|意味上の主語

スポンサーリンク
there-to-be英語レッスン

文法問題でよく出題される「there to be」をご存知ですか?

「there to be」は英字新聞などのかたい英文にもよく使われる表現でもあります。でもこの文法問題、おどろくほど正答率が低いんです。

その理由は「there」が副詞であるため。副詞の「there」が主語のように機能する「there to be」。例外的な使われ方のため間違えやすいのです。

そこで当記事では「there to be」の例文・意味をくわしく紹介していきます。

スポンサーリンク

「there to be」の例文・意味

「there to be」の例文・意味をみていきましょう。

I don’t want there to be a dirty lawyer.
きたない弁護士がいてほしくない。

「there」は副詞ですから、意味上の主語として使えないように思えます。

しかし、上記英文では「there is(are)構文」を表すため、意味上の主語の位置に「there」が置かれているのです。

このように「want」に「there is(are)構文」をくわえて、「〜が存在してほしい」や「〜が存在してほしくない」を表せます。

「there to be」
→ thereが不定詞の意味上の主語

「there」は意味上の主語のように機能

前述のように、「there」は意味上の主語のように働きます。

イメージしやすいようにさらに例文をみていきましょう。

It is possible for there to be a sharp increase in gas prices.
ガス価格が急激に上昇する可能性もあります。

COMMENT

<ランキングサイト>

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ