ホーム英語レッスン【例文でスッキリ...

【例文でスッキリ】関係代名詞「which」と「whose」意味【英語講義】

関係代名詞ってTOEICや英検でよく出題されるパートですよね。関係代名詞のなかでも、形容詞のはたらきをする「関係形容詞」はとくに苦手なひとがおおいです。みなさんのなかでも「関係形容詞ってなに?」と思われたかたもいるかもしれません。

それくらい「関係形容詞」は影がうすいパート。でもこれ、文法問題でよくでるんです。「関係形容詞」がわかるかどうかがスコアアップできるかどうかの分かれ道ともいえるんです。

そこで当記事では、形容詞の働きをする「関係代名詞」を、例文をまじえてていねいに解説します。とくに「which」と「whose」の集中レッスンです。

【関係形容詞「which」と「whose」がわかると?】
・英検・TOEICで高得点をとれる
・英語リーディングが得意に

【英語例文1】関係代名詞「which」と「whose」

関係代名詞「which」「whose」が形容詞のはたらきをすることがあります。それを関係形容詞といいます。それではイメージをつかむために、関係代名詞の英語例文をみていきましょう。

【英語例文1】空所に適切な関係代名詞をいれなさい
The police officer helped Taro, ( ) car broke down on the way home.

正解は「whose」。なぜ「whose」になるかはこの文を以下のように分解してみるとわかりやすいでしょう。

・The police officer helped Taro.
・His car broke down on the way home.

このふたつの文を、ひとつにするために「whose」がつかわれています。つまり関係代名詞「whose」の意味は、所有格「his」なんです。

所有格を代用する、関係形容詞「whose」

【正解の英語例文1】
The police officer helped Taro, whose car(=and his car) broke down on the way home.
「帰宅途中で、車が故障したタロウをその警察官が助けました。」

【英語例文1】で、関係代名詞「whose」は、名詞「car」を修飾していますよね。 このように形容詞のようにふるまう関係代名詞を「関係形容詞」というのです。例文のように所有格「his」を、関係代名詞で代用すると「whose」になります。所有格として、ほかにも「my,his,her」などが考えられるでしょう。

関係形容詞はかたいイメージを与えることばのため、はなし言葉ではあまりつかわれません。つかわれるのは書き言葉がメインです。

【英語例文2】関係代名詞「which」と「whose」

関係代名詞「which」と「whose」をハッキリと見きわめられるように、もうひとつ問題をといてみましょう。

空所に適切な関係代名詞をいれなさい
The first step is to determine whether symptoms are the flu, in ( ) case there is a particular course of treatment.

正解は「which」です。みなさんこのように思いませんでしたか「whichでもwhoseでもいいんじゃないか」って。でもそれは違うんです。これには「which」しか当てはまりません。それでは解説をしていきます。

定冠詞「the」を代用する、関係形容詞「which」

【正解の英語例文2】
The first step is to determine whether symptoms are the flu, in which case(=and in the case) there is a particular course of treatment.

「まず症状がインフルエンザかどうかを判断して、その場合には特別な治療コースがあります。」

まず【英語例文2】をふたつの文に分解してみます。

・The first step is to determine wheter symptoms are the flu.
・and in the case there is a particular course of treatment.

ふたつの英文に分解できます。これを見てみると関係代名詞「which」の中身は「the」ということがわかるでしょう。このように定冠詞「the」を関係代名詞で表すときには「which」をつかいます。この点が「which」と「whose」の異なるところです。

【「which」か「whose」か迷ったら?】
・所有格(hisなど)を書き換えるには関係形容詞「whose」
・定冠詞「the」を書き換えるには関係形容詞「which」

【まとめ】関係代名詞「which」と「whose」の区別

以上のように関係代名詞「which」と「whose」が形容詞の働きをするとき、それを関係形容詞といいます。

その関係形容詞が、定冠詞と所有格のどちらの働きをするかがわかると、どちらを使えばいいかがわかります。

・定冠詞「the」なら「which」をつかう
・所有格なら「whose」をつかう

 

 

関連記事

どんな英文もスラスラ読めるようになるには、英文解釈・英文読解の参考書を読むといいでしょう。

【サクサク英文読解するには?】
→ 英文解釈力が必要

英文解釈力があると
 速く正確に読める

英文解釈・英文読解の参考書えらびは、次の記事がオススメです。

上級のテキストまでやりこめば、読めない英文がなくなるでしょう。

英文解釈を高速化する多読コンテンツ
【30日無料】洋書の多読でスラスラ英文読解「Amazon Kindle Unlimited」

英文解釈の初心者におすすめ記事
『超・英文解釈マニュアル』の効果・レベル|英語長文勉強法・参考書

【英文解釈の中級者におすすめ記事】
英文読解の原則125ー難易度・使い方|英文熟考・ポレポレ・透視図

② 『最重要構文540』一冊だけ、英語重要構文一覧が|効果・使い方

英文解釈の上級者におすすめ記事】
「英文解釈教室」で、”英語の読み”が劇的チェンジ!【効果&使い方】

英語リーディングを極める!「上級教材&英文解釈本」がど正解?

おすすめ記事まとめはコチラ!
英語勉強法のまとめはコチラ!

→ 3分英語レッスン記事はコチラ!  

オンライン英会話でアウトプット

英語リーディングでインプットしたら、英会話でアウトプットもすると英語力がググッと引き上げられます。

英語上達には、インプットとアウトプットのバランスがなによりも大切。

オンライン英会話の「カランメソッド」なら、良質なアウトプットを先生と一緒にできます。

【英語上達するには?】
① リーディング
② スピーキング
※ふたつのバランスが大切

【おすすめオンライン英会話】
【4倍速で上達するカランメソッド】
期間60日・上級者レポ】カランメソッドの効果実感?進まない?

【せきらら体験談】カランメソッドステージ2|独学は難しい?テキスト?

 

\ 2回の無料体験キャンペーン中 /

 

 

 

ピックアップ

Feature

関連記事

人気記事

アノエイゴ
アノエイゴ
→ TOEIC最高点は960点 → 翻訳みならい・英語を教えたりも → 厳選した勉強法をお伝え