『現代文キーワード読解』はいらない?いつから?|使い方・レベル

keywordsブックレビュー

現代文の勉強法って難しいですよね。ほかの教科と比べて点数が伸びにくいところが、現代文のやっかいなところ。

でも現代文もちゃんとした取り組みをするとシッカリと伸びます

具体的には英語力をつけるために英単語を覚えるように、現代文でも「重要な語彙」を身につけるといいんです。

英語でも単語力がある人は高得点がとれるように、現代文も最後には語彙力がモノを言います。

「現代文の重要キーワード」を記憶すると、基礎がガッシリして、点数がグングン伸びていくのです。

【現代文の点数をグッと上げる方法】
→「重要キーワード」を覚える
→ 語彙力を上げること

「現代文の語彙」を解説する参考書のなかで、もっともオススメなのが「現代文キーワード読解」

「速読英単語」のように、長文を読みながら「現代文の語彙」が学べます。だから記憶にのこりやすいんです。

そこで当記事では「現代文キーワード読解」のオススメな理由・レベル・覚え方・進め方について紹介していきます。

【当記事でわかること】
・「現代文キーワード読解」がオススメな理由
・「現代文キーワード読解」のレベル
・「現代文キーワード読解」の覚え方・進め方
・「現代文キーワード読解」改訂版の違いについて

スポンサーリンク

「現代文キーワード読解」がおすすめな理由

現代文対策の一冊目としておすすめなのが、Z会『現代文キーワード読解』。現代文を勉強するとき、まずコレを買っておけば間違いありません。上質な参考書で有名なZ会。

英単語がわからなければ英語長文がわからないように、現代文も「語彙」がわからなければ評論・小説の意味がわからないのです。つまり現代文のキーワードは必ず勉強しなかればなりません。

現代文キーワード読解」の特におすすめな点はつぎのとおり。

現代文キーワード読解のココがイイ】
①長文でキーワードを学べる
→ 記憶にのこりやすい
②長文は入試で出題されたもの
③評論の重要単語が厳選
小説キーキーワードも厳選

センター・大学入試で出題された長文だから、「現代文キーワード読解」は共通テスト対策にも最適です。『現代文キーワード読解』がほかのキーワード集と違うのはこの点。

英語もそうですが、現代文も長文から「単語」を覚えたほうが記憶に定着しやすいのです。速読英単語の現代文バージョンのような位置づけといえるでしょう。

センターでも共通テストでも最後にものを言うのは、重要語彙をいかに身につけているかどうか。

日東駒専から関関同立レベルでも必須

「現代文キーワード読解」は日東駒専から、MARCH・関関同立を受験するかたにもおすすめ。現代文は語彙学習からはじまり、語彙学習におわります。

小手先のテクニックよりもはるかに効果があるのが語彙なんです。そのため、「現代文キーワード読解」は早慶や旧帝大を受ける人にもかかせません。

早稲田・慶応を目指すにも東大・京大を目指すにも、まずは「現代文キーワード読解」から学習がはじまるのです。

もしもっと難しいキーワード・語彙を身に付けたいときは「高校生のための評論文キーワード100」がオススメ。もっと難しいキーワードを学習できますよ。

【高校生のための評論文キーワード100】
→現代文キーワード読解より難しい
→現代文の高得点を狙う人にイイ

スポンサーリンク

「現代文キーワード読解」のレベル

現代文キーワード読解」のレベルは、高校1年からでも取り組めるくらい。なかには「ドグマ」や「クレオール」などの難しい語彙も含まれています。

英単語のように繰り返し目を通すと、徐々に覚えていけるでしょう。

「ことばはちからダ!」と「現代文キーワード読解」を比較すると、「現代文キーワード読解」のほうが収録してる単語数が多くあります。

そのため「ことばはちからダ!」は初級レベル、「現代文キーワード読解」は中級〜上級レベルといえるでしょう。

また「現代文キーワード読解」は章末に小テストがついており、より暗記しやすいレイアウトになっています。

教養をつけたい社会人にもオススメ

教養をつけたい社会人にも「現代文キーワード読解」はオススメできます。キーワードがわかれば、評論や小説をより深く理解できるようになるのです。

また新社会人のかたは上司から語彙力をつけるように指導をうけることもあるでしょう。

そんなときはこの「現代文キーワード読解」が最適。これ一冊で上司がつかっている難しい言葉も、ちゃんとわかるようになります。

社会人のかたはもっと語彙力をつけたい人には「術語集」がオススメです。さらに難解な語彙を勉強できます。これで小慣れた表現ができますし、コミュニケーションも円滑になるでしょう。

【『術語集』の特徴】
→ 難解な単語を収録
→ 哲学用語もアリ
→ 大学生や社会人に最適

スポンサーリンク

「現代文キーワード読解」の覚え方・進め方

現代文キーワード読解」の覚え方・進め方としては、英単語帳のように何周も読むことを念頭していくといいでしょう。

覚え方のコツは、一回で覚えようとせず「5回、10回読みこんで覚える!」という心持ちがいいでしょう。なんども読んで、「現代文キーワード」を頭の中に刷り込んでいくようなイメージです。

「現代文キーワード読解」の進め方としては、左ページのキーワードの意味を理解してから、右ページにうつるという流れがおすすめ。

右ページの長文で実際の使われ方を確かめると、より理解が深まります。好みもあるでしょうが、わたしの場合はこの方法がより記憶にのこりました。

【現代文キーワード読解の進め方】
①左ページを読む
→現代文キーワードの意味を確認
②右ページの長文を読む
長文でどう使われているか確認

スポンサーリンク

「現代文キーワード読解」はいつから取り組むべき?

現代文キーワード読解」はいつから取り組むといいでしょうか?この点、できるだけ早い時期から勉強するといいかと思います。

その理由は現代文は受験直前では手をつけられないため。どうしても直前期は主要科目の英語や数学をさきに扱ってしまいがちですから。

余裕がある高1、高2から勉強すれば、余裕を持って受験にいどめますよ。

「現代文キーワード読解」のページ数は360ページ。コツコツやっていく教材といえます。直前期につめこむと言うよりは、日頃からパラパラとページをめくっていくスタイルが合う参考書です。

【「現代文キーワード読解」はいつから?】
できるだけ早い時期からがイイ
→ 高1〜高2からコツコツやろう

スポンサーリンク

「現代文キーワード読解」改訂版の違いについて

「現代文キーワード読解」改訂版の違いはつぎのとおり。

【「現代文キーワード読解」改訂版の違い】
①キーワードを見直し
大学入試や大学受験の傾向に合致
②「小説キーワード」を取り入れた
→ 小説・評論対策ができる
③解説をわかりやすくした

スポンサーリンク

「現代文キーワード読解」の疑問アレコレ

現代文キーワード読解」に対する、よくある質問をまとめていきます。

「現代文キーワード読解」はいらない?

「現代文キーワード読解」はいらないんじゃないか、という質問があります。

その答えとしては「現代文キーワード読解」がいらない人もいる、とは思います。

ただし現代文の点数が良くない受験生は必要。その理由は、現代文の点数が伸び悩むひとの多くは語彙力がないためです。

現代文はセンスと言われることがありますが、点数がいい人はもれなく語彙力がある人というのは言いきれます。

現代文模試でいつも高得点が取れる人は無理に勉強しなくてもいいでしょう。そのような人は読書習慣があったり、現代文の勘があったりする人。

「現代文の学習」をほかの教科の学習に当ててもいいかもしれません。

【「現代文キーワード読解」はいらない?】
→ 点数が伸び悩む人は必須の本

「現代文キーワード読解」は理系でも必要か?

「現代文キーワード読解」は理系でも必要かどうか、もよく質問される内容です。答えは上記と同じになってしまいますが、理系でも現代文の点数が悪い人は取りいれた方がいいでしょう。

点数が悪い人は総じて語彙力がありません。「語彙力を学ぶ」のはいっけん遠回りに思えますが、コツコツやれば着実にスコアアップしてくれる勉強法です。

「現代文キーワード読解」が難しいとき、どうする?

「現代文キーワード読解」が難しいときには、どうしたらいいでしょう。この点、「現代文キーワード読解」よりも易しい「ことばはちからダ!」が役に立つでしょう。

「ことばはちからダ!」は語彙数は少ないものの、ていねいに解説がなされています。だから基礎から現代文を学びたいかたにおすすめです。

【『ことばはちからダ!』のココがイイ】
→ 解説がくわしい
→ 現代文初学者にイイ

COMMENT