ホーム英語レッスン【3分ガイド】強...

【3分ガイド】強調構文とは・訳し方・形式主語と関係代名詞の見分け方

みなさん「強調構文」をしっかり理解できていますか?

強調構文の「訳し方」はよく大学入試で問われますし、洋書にバンバンでてくる構文でもあります。

【強調構文】
→ 大学入試で頻出
→ 英字新聞でよく使われる構文

しかし強調構文と形式主語の違い、強調構文と関係代名詞の違い、については正確に理解できていない人が多いようです。

そこで当記事では、強調構文(分裂文)について説明していきます。

具体的には、強調構文の訳し方や、強調構文と形式主語と関係代名詞の見分け方について、例文をもとに解説していきます。

強調構文とは

強調構文とは「It is A that」の「A」に強調したい語句(主語や目的語など)をいれて、その語句を強調する構文のことです。

強調される語句はほかにも、副詞句、副詞節、前置詞句などが挙げられます。

説明ばかりでイメージがつきにくいですから、以下では「強調構文の例文」をみながら学んでいきましょう。

【強調構文】
→「It is A that 〜」の語順
→「A」に強調したい語句を入れる

強調構文の訳し方

強調構文の訳し方としては、「It is A that〜」では「〜なのはAだ」といった具合に強調する「A」を最後に訳すうまくいくことが多いでしょう。

たとえば次の英文。

It was John that threw a rotten tomato at her yesterday.
昨日、彼女に腐ったトマトを投げつけたのはジョンだ。

上の例文でも「It is A that」の「A」の語句にあたる「John」を最後に訳していますね。

【強調構文の訳し方】
→「It is A that〜」
訳例:〜なのはAだ

強調構文の例文【簡単】

強調構文の例文【簡単】をみていきましょう。まずは強調構文のもとなる英文をみていきます。

John threw a rotten tomato at her yesterday.
昨日、ジョンが彼女に腐ったトマトを投げつけた。

この英文の「強調したい語句」を「It is A that」または「It was A that」で挟むと強調構文になるのです。

つぎに主語の「John」を強調したい場合の例文をみていきましょう。

It was John that threw a rotten tomato at her yesterday.
昨日、彼女に腐ったトマトを投げつけたのはジョンだった。

【例文】強調構文の否定文「主語の強調」

強調構文の否定文にするには、「It is A that」の「be動詞」を否定形にします。

現在形であれば「It isn’t」、過去形であれば「It wasn’t」になるのです。

強調構文の否定文の例文をみていきましょう。

It wasn’t John that threw a rotten tomato at her yesterday.
昨日、彼女に腐ったトマトを投げつけたのはジョンではなかった

【例文】強調構文の疑問文

強調構文の疑問文にするには、語順を疑問文の語順にします。たとえば「Is it 〜」や「Was it 〜」のようになるのです。

強調構文の疑問文の例文をみていきましょう。

Was it John that threw a rotten tomato at her yesterday?
昨日、彼女に腐ったトマトを投げつけたのはジョンだったの?

【強調構文の疑問文】
→ 疑問文の語順に
例:「Is it 〜」や「Was it 〜」

【例文】強調構文「目的語の強調」

上の強調構文を、「目的語の強調」する英文に書き換えるとつぎのようになります。

It was a rotten tomato that John threw at her yesterday.
昨日、ジョンが彼女に投げつけたのは、腐ったトマトだった。

【例文】強調構文「副詞句の強調」

副詞句とは、副詞の働きをすることばのまとまり、かつ「S+V」を含まないものです。

上の強調構文を、「副詞(語)句の強調」する英文に書き換えるとつぎのようになります。

①It was yesterday that John threw a rotten tomato at her.
ジョンが彼女に腐ったトマトを投げつけたのは昨日のことだ。

②It was this morning that I met Bob at the station.
ボブと駅で会ったのは、今朝のことだった。

①の例文の「yesterday」は「副詞」、②の「this morning」が「副詞句」と呼ばれるのです。

副詞句とは「this morning」のように2語以上のことばのまとまりで、かつ副詞相当の働きをするものです。

【例文】強調構文「副詞節の強調」

強調構文「副詞節の強調」の例文をみていきましょう。

It was when he was in college that he got into the habit of drinking.
飲酒の習慣がついたのは、大学時代だった。

上の例文では「副詞節」の「when he was in college」が強調されている例文です。

副詞節とは、「S+V」を含むことばのまとまりで、副詞に相当する働きをするもの、のこと。

例文でも「when」のあとに「S+V」の「he was」が含まれていますから、副詞節になります。

副詞節の強調構文は、「it was A that」の「A」の部分が長くなることがありますから、英文構造を見失わないよう注意が必要です。

【強調構文】
→ 副詞節の強調もアリ
→ 強調の部分が長いので難しい

強調構文の見分け方【強調構文と形式主語と関係代名詞】

強調構文の見分け方(強調構文と形式主語と関係代名詞)について、以下みていきます。

強調構文は、形式主語や関係代名詞と見分け方がよく問われますから、例文をみて判断できるようになっていきましょう。

強調構文と形式主語の見分け方

まず簡単な「強調構文と形式主語」の見分け方としては、「It is A that」の「A」の品詞が形容詞ならば、形式主語構文になります。

It is certain that she went to Okinawa last week.
先週、彼女が沖縄に行ったのは確かだ。

上の例文でも「It is A that」の「A」に「形容詞certain」がありますから、形式主語になるのです。

これがもっとも目につく部分での見分け方になるのですが、なかには紛らわしいものがあります。

【「強調構文と形式主語」の見分け方】
→ 形容詞ならば「形式主語構文」

【例文】形式主語構文と強調構文の見分け方

形式主語構文と強調構文の見分け方をさらにみていきましょう。

つぎの例文は「形式主語構文と強調構文」のどちらだと思いますか?

It is a fact that tomato juice contains a lot of fiber.
トマトジュースには食物繊維が多く含まれていることは事実だ。

上の例文は「形式主語構文」になります。理由は「that」以下が、文の要素に欠けているところがなく「完全文」であるため。

強調構文の場合はつぎのように「that」以下に欠けがあることが多いのです。

It was John that threw a rotten tomato at her yesterday.
昨日、彼女に腐ったトマトを投げつけたのはジョンだった。

上の例文でも「that」以下は「主語」が欠けていて、「動詞」からはじまっていますから、強調構文になります。

ただこのように「It is A that」の「A」が「名詞」であるときは、強調構文であることが多く、形式主語構文になるときは限りがあるのです。

具体的には、形式主語構文になるのは「It is a pity」や「It is a fact」のような定型表現がほとんどになります。

【「形式主語構文」の特徴】
→ that以下が完全文

【例文】強調構文と仮主語の見分け方

形式主語は仮主語とも呼ばれます。こちらのほうが馴染みがある人もいるかもしれません。

強調構文と仮主語の見分け方をさらにみていきましょう。どちらが仮目的語の構文か、を考えてみます。

①It is natural that not everyone agrees on this matter.
この件に関して、誰もが納得するわけではないのは当然だ。

②It was yesterday that John threw a rotten tomato at her.
ジョンが彼女に腐ったトマトを投げつけたのは昨日のことだ。

まず①の例文で「natural」は形容詞ですから、仮目的語の構文になります。いっぽうで②の「yesterday」は副詞ですから、強調構文になります。

また「It is A that」または「It was that」を外して、成立するかどうかで見極めもできるのです。

この部分を外して、英文が成立すれば「強調構文」で、成立しなければ「形式主語構文(仮目的語)」になります。

この点、②は文頭に「yesterday」がきても、英文として成立しますから、「強調構文」になるのです。

①の例文では英文として成立しませんから、「形式主語構文」になります。

Yesterday John threw a rotten tomato at her.
→ 英文として成立する

強調構文と関係代名詞の見分け方

強調構文と関係代名詞の見分け方は、「It is」の「It」が前文を指していたら「関係代名詞」となります。

「It is A that」の「that以下」が不完全文となるのは強調構文と関係代名詞ともに共通です。

【強調構文と関係代名詞の見分け方】
→ 「It」が前文を指すとき関係代名詞

強調構文の「that省略」

強調構文の「that省略」がなされることがあります。これは次の記事で紹介していますから、参照ください。

強調構文の「that省略」の記事はこちら

強調構文・形式主語・関係代名詞の「見分け方」が詳しい参考書

強調構文・形式主語・関係代名詞の「見分け方」が詳しい参考書は『【新装版】基礎と完成 新英文法』と『英語難構文のトリセツ』です。

まず『【新装版】基礎と完成 新英文法』は強調構文の例文が豊富なんです。

本書は強調構文の品詞ごとに例文がありますから、より理解を深められるでしょう。

いっぽう『英語難構文のトリセツ』は強調構文・形式主語・関係代名詞の「見分け方」を細かく解説してあります。

本書で英語初心者と上級者で差がつきやすい項目を、短い英文で説明してあるのです。英語が得意な大学生、社会人にオススメといえるでしょう。

また難関大を狙っている高校生にもいいかと思います。

- Advertisement -
  • 【2回無料】体験できる!
  • 筆者これだけ!TOEIC900点超え

無料 体験してみる

体験
レポ
当ブログ60日
体験記をよむ

無料キャンペーン中!終了までわずか!

  • 【7日間無料】体験できる!
  • ゾクゾク、TOEIC800点超え!

無料
体験
TOEIC
テスト対策

無料
体験
業界初・オンライン特化型
コーチ スタディサプリENGLISH

無料キャンペーン中!終了までわずか!

 

 

関連記事

どんな英文もスラスラ読めるようになるには、英文解釈・英文読解の参考書を読むといいでしょう。

【サクサク英文読解するには?】
→ 英文解釈力が必要

英文解釈力があると
 速く正確に読める

英文解釈・英文読解の参考書えらびは、次の記事がオススメです。

上級のテキストまでやりこめば、読めない英文がなくなるでしょう。

英文解釈を高速化する多読コンテンツ
【30日無料】洋書の多読でスラスラ英文読解「Amazon Kindle Unlimited」

英文解釈の初心者におすすめ記事
『超・英文解釈マニュアル』の効果・レベル|英語長文勉強法・参考書

【英文解釈の中級者におすすめ記事】
英文読解の原則125ー難易度・使い方|英文熟考・ポレポレ・透視図

② 『最重要構文540』一冊だけ、英語重要構文一覧が|効果・使い方

英文解釈の上級者におすすめ記事】
「英文解釈教室」で、”英語の読み”が劇的チェンジ!【効果&使い方】

英語リーディングを極める!「上級教材&英文解釈本」がど正解?

おすすめ記事まとめはコチラ!
英語勉強法のまとめはコチラ!

→ 3分英語レッスン記事はコチラ!  

オンライン英会話でアウトプット

英語リーディングでインプットしたら、英会話でアウトプットもすると英語力がググッと引き上げられます。

英語上達には、インプットとアウトプットのバランスがなによりも大切。

オンライン英会話の「カランメソッド」なら、良質なアウトプットを先生と一緒にできます。

【英語上達するには?】
① リーディング
② スピーキング
※ふたつのバランスが大切

【おすすめオンライン英会話】
【4倍速で上達するカランメソッド】
期間60日・上級者レポ】カランメソッドの効果実感?進まない?

【せきらら体験談】カランメソッドステージ2|独学は難しい?テキスト?

 

\ 2回の無料体験キャンペーン中 /

 

 

 

ピックアップ

Feature

関連記事

人気記事

アノエイゴ
アノエイゴ
→ TOEIC最高点は960点 → 翻訳みならい・英語を教えたりも → 厳選した勉強法をお伝え