【1分ガイド英語】文頭「前置詞+名詞+カンマ」の例文・意味・前置詞句

preposition英語レッスン

みなさん、「前置詞+名詞」が文頭にある英文を読んだことありますか?

経験があるかたが多いでしょう。というのもこの「前置詞+名詞」が文頭にある英文は頻出のため。

にもかかわらず、普段の「主語」が文頭にある形じゃないから、どれが「主語であるのか」を見失ってしまう人が多いんです。

「前置詞+名詞」が文頭】
→ 英文読解でたいせつな知識
→ これで英文の骨格がわかる

そこで当記事では「前置詞+名詞」が文頭にある例文・意味を説明します。「主語の見つけ方」についてもくわしく述べていきます。

スポンサーリンク

文頭「前置詞+名詞」の例文

「前置詞+名詞」が文頭にある例文をみていきましょう。

In my last few years, I have come to appreciate his true worth.
私はここ数年、彼の真価を認めるようになりました。

前置詞「In」から英文がはじまっていますね。前置詞は主語にはなりません。

また前置詞は名詞とセットでつかわれます。上の英文では、前置詞のセットがどこまでかを見極めてみましょう。

前置詞「In」のあとに名詞「years」があるでしょう?そのため、この「years」までが前置詞のセットとわかります。

【前置詞について】
→前置詞の後、名詞アリ
→名詞までが前置詞セット

英語の「主語」の見つけ方

前置詞のセットがわかりましたから、つぎに英語の「主語」の見つけ方をみていきましょう。

まず、英文の骨格「主語」を探すためには、文頭「前置詞」のあとに注目しなければならないのです。上の英文では「In 〜 years」までが前置詞のセット。

文頭の前置詞セットの後、ほとんどの場合「主語」が書かれます。

つまり、上の英文では「I」が主語にあたるのです。そして「主語」を和訳するときには「は」をつけましょう。例文では「私は〜」となります。

【「主語」をみつけたら?】
→主語に「は」をつけ和訳

「前置詞+文頭+カンマ」の理由・意味

「前置詞+文頭+カンマ」に理由ついて、考えていきましょう。「In my last few years,」までのことです。

In my last few years, I have come to appreciate his true worth.
私はここ数年、彼の真価を認めるようになりました。

この「カンマ」の意味は「前置詞と名詞のセットはここまで」とわかりやすくするために書かれているのです。

「前置詞+文頭+カンマ」の理由】
→ 前置詞句の切れ目を明示
→ 主語がわかりやすい

したがって「カンマ」は書かれないこともあります。

「カンマ」が書かれていない場合、主語の見きわめが難しくなりますから注意が必要です。

主語がわからない時には、基本にもどりましょう。基本は「前置詞の後には名詞がある」です。前置詞のかたまりがわかりさえすれば、主語がスッキリ見つけられますよ。

【「前置詞+文頭+カンマ」について】
→ カンマがないときもある

→ 筆者次第で書かない時アリ

スポンサーリンク

「inが文頭」の意味

みなさん、「inが文頭」の意味はなんだと思いますか?

この点、理由のひとつとして、「副詞句」であることを明らかにするために「inが文頭」に置かれるのです。

文頭に「形容詞句」が書かれることもありますが、数はあまり多くはありません。

それでは、「inが文頭」の例文と「文中」の英文をみていきましょう。

In these days, a flashy necktie has gone out of fashion.
今の時代、派手なネクタイは流行らなくなりました。
→ 文頭の前置詞は「副詞句」

The Riots in these days were rooted in the inequality.
この頃の暴動は、不平等に根ざしていた。
→ 名詞の後「前置詞」
→ 形容詞の働き

上記①の例文では「文頭に前置詞」がありますから、副詞の働きをする可能性が高いのです。

いっぽう②の例文では「名詞+前置詞 (The riots in)」という語順。この場合、前置詞句は「名詞を修飾」することが多いのです。

このように「前置詞がどこに書かれるか」によって、ある程度「形容詞句か副詞句かどうか」の判断ができます。

「inが文頭」の意味】
→ 副詞句を明示するため

スポンサーリンク

「副詞句+文頭+カンマ」の例文

「前置詞+文頭+カンマ」はその多くが、副詞句の働きをします。

というのも「前置詞の役割」は2つあり、それは副詞句と形容詞句。「副詞句」は副詞の働きをし、「形容詞句」は形容詞の働きをします。

「副詞句+文頭+カンマ」の例文をみていきましょう。

For many years, we have been carrying out an investigation into the claims.
何年も前から、私たちはこのクレームに対する調査を行ってきました。

前置詞「For」のあとの名詞「years」までが前置詞のかたまりです。

ここまでが前置詞のセットですから、そのあとに「主語」が置かれるだろうと期待して読んでいきましょう。

すると前置詞のかたまりの後、「we」がありますから、これが主語になります。主語には「は」をつけますから、「私たちは」とするといいでしょう。

【前置詞のかたまりの後には?】
→ 主語が置かれることが多い

【「文頭の前置詞」の働き】
→ ほとんど「副詞句」の働き

「for+名詞」が文頭の例文

「for+名詞」が文頭の例文をみていきましょう。

For some time, my school will likely be shut.
しばらくの間
私の学校は閉鎖されるでしょう。

「forが文頭」の理由

みなさん、「forが文頭」の理由を知りたくなりませんか?

この点、上の例文では「forのまとまり」は副詞句の働きをしますよね。

副詞句は「副詞」と同じように、置かれる位置はかなり自由なんです。

そのため「forが文頭」の理由は英文によってさまざま。

一般的な「forが文頭」の理由は、「文全体を修飾するため」や「強調するため」が挙げられるでしょう。

【「forが文頭」の理由?】
→ 理由はさまざま
例:文全体を修飾するため
例2:強調するため

スポンサーリンク

「副詞句+文頭+カンマ」がくわしい参考書

「副詞句+文頭+カンマ」がついた英文にくわしいのは『超・英文解釈マニュアル』と『英文法詳解』です。

とくに『超・英文解釈マニュアル』は「主語の見つけ方」をくわしすぎるくらい解説。

『超・英文解釈マニュアル』については、【超・英文解釈マニュアル】たった12公式、読解、爆速!|レベル・使い方でくわしく紹介しています。

『英文法詳解』は例文が豊富で、より理解を深められるでしょう。分厚い文法書なので、網羅性が高く、机に常備するといいでしょう。

COMMENT