1分だけ、わかる!「前置詞+名詞+カンマ」が文頭の例文・意味

スポンサーリンク
preposition英語レッスン

みなさん、「前置詞+名詞」が文頭にある英文を読んだことありますか?

経験があるかたが多いでしょう。というのもこの「前置詞+名詞」が文頭にある英文は頻出のため。

にもかかわらず、普段の「主語」が文頭にある形じゃないから、どれが「主語であるのか」を見失ってしまう人が多いんです。

そこで当記事では「前置詞+名詞」が文頭にある例文・意味を説明します。「主語の見つけ方」についてもくわしく述べていきます。

スポンサーリンク

「前置詞+名詞」が文頭にある「例文」

「前置詞+名詞」が文頭にある例文をみていきましょう。

In my last few years, I have come to appreciate his true worth.
私はここ数年、彼の真価を認めるようになりました。

前置詞「In」から英文がはじまっていますね。前置詞は主語にはなりません。

また前置詞は名詞とセットでつかわれます。上の英文では、前置詞のセットがどこまでかを見極めてみましょう。

前置詞「In」のあとに名詞「years」があるでしょう?そのため、この「years」までが前置詞のセットとわかります。

【前置詞について】
・前置詞の後、名詞がおかれる
・名詞までが前置詞のセット

英語の「主語」の見つけ方

前置詞のセットがわかりましたから、つぎに英語の「主語」の見つけ方をみていきましょう。

まず、英文の骨格「主語」を探すためには、文頭「前置詞」のあとに注目しなければならないのです。上の英文では「In 〜 years」までが前置詞のセット。

文頭の前置詞セットの後、ほとんどの場合「主語」が書かれます。

つまり、上の英文では「I」が主語にあたるのです。そして「主語」を和訳するときには「は」をつけましょう。例文では「私は〜」となります。

【「主語」をみつけたら?】
→「主語」に「は」をつけ和訳

「前置詞+文頭+カンマ」について

「前置詞+文頭+カンマ」についてみていきましょう。「In my last few years,」までのことです。

この「カンマ」の意味は「前置詞と名詞のセットはここまで」とわかりやすくするために書かれているのです。

したがって「カンマ」は書かれないこともあります。

「カンマ」が書かれていない場合、主語の見きわめが難しくなりますから注意が必要です。

主語がわからない時には、基本にもどりましょう。基本は「前置詞の後には名詞がある」です。前置詞のかたまりがわかりさえすれば、主語がスッキリ見つけられますよ。

【「前置詞+文頭+カンマ」について】
→ カンマがないときもある

「副詞句+文頭+カンマ」の例文

前置詞の役割は2つあります。それは副詞句と形容詞句。「副詞句」は副詞の働きをし、「形容詞句」は形容詞の働きをします。

「副詞句」の働きをする、「副詞句+文頭+カンマ」の例文をみていきましょう。

For many years, we have been carrying out an investigation into the claims.
何年も前から、私たちはこのクレームに対する調査を行ってきました。

前置詞「For」のあとの名詞「years」までが前置詞のかたまりです。

ここまでが前置詞のセットですから、そのあとに「主語」が置かれるだろうと期待して読んでいきましょう。

すると前置詞のかたまりの後、「we」がありますから、これが主語になります。主語には「は」をつけますから、「私たちは」とするといいでしょう。

【前置詞のかたまりの後には?】
→ 主語が置かれることが多い

「副詞句+文頭+カンマ」がくわしい参考書

「副詞句+文頭+カンマ」がついた英文にくわしいのは『超・英文解釈マニュアル』と『英文法詳解』です。

とくに『超・英文解釈マニュアル』は「主語の見つけ方」をくわしすぎるくらい解説。

『超・英文解釈マニュアル』については、【超・英文解釈マニュアル】たった12公式、読解、爆速!|レベル・使い方でくわしく紹介しています。

COMMENT

<ランキングサイト>

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ