ヤク中でアル中、でも科学の知識はピカイチ 「リックアンドモーティ」(ネットフリックス)

映画・ドラマ

簡単にこの作品を説明すると、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」をクレイジーに振り切った感じ。加えて、暴力性をふんだんに混ぜたところか。モーティとおじいちゃんのリックは別の次元の惑星を冒険し、それを皮肉を交えて描く。

現在ネットフリックスでシーズン2まで観ることができます。

スポンサーリンク

あるエピソードを紹介

ある日モーティの姉のサマーとリックは別の惑星に冒険に行く。その惑星では男性より女性が知性があり、より優れている生物とされている。そのため、女性は男性よりも地位が高くこの惑星を支配している。男性のリックは話しただけで、罰を受けることに。

また、男性は残忍で知能が低いものとして描かれている。これは男女の不平等がはびこっている惑星について描いている。

この一方で、モーティーがいる地球では犬が知能を持ち始め、人間を支配し始めている。これは男女平等という前の段階で、動物と人間での平等についても描写していく。確かに、男女平等と声高に言われている中で、人間は動物をペットとして飼っている現状。どこか居心地が悪く感じてくる。

このような中で、最終的にはサマーの一言で締めくくられる。「もう地球に帰ろう。男女平等という概念があるけど、実際にそれが実践されていない地球に。」と。

ユーモラスに忘れがちな視点を再認識させてくれる。

このような制限がないストーリー展開で、社会の色々な矛盾を皮肉的にユーモラスに描いている。日本では、グロテスクな描写がこれほど含まれるアニメは作成されている覚えがない。

英語学習としてもオススメ

リックアンドモーティはときどき早く話すしますが、ほとんどナチュラルなスピードで話しているので英語の学習として最適です。また、科学ドラマなので専門用語の語彙を増やすことができます。私は初めは日本語吹き替えで観て、物語をある程度理解して、英語字幕と英語音声で観て勉強しています。

Rick & Morty: The Complete First Season [Import USA Zone 1]
¥

COMMENT