【秘ガイド】リックアンドモーティ|3神回・哲学・考察・英語・評価・解説

映画・ドラマ
スポンサーリンク

シーズン5の配信がはじまった『リックアンドモーティ(netflix)』。

そのストーリーの過激さから賛否は両論。

でも『リックアンドモーティ』はただ過激なだけではありません。

とっても哲学的なんです。オモシロイうえ、哲学的。

そこで当記事では、『リックアンドモーティ』の魅力をたっぷり紹介します。具体的には、『リックアンドモーティ』の神回・哲学回・考察を紹介します。

スポンサーリンク

『リック アンド モーティ』は頭おかしい

『リック アンド モーティ』は頭おかしいです。とにかく、おかしいです。

物語はアルコール中毒の天才科学者のリックと、その孫のモーティのはなし。

リックがどのくらい頭が良いかというと、異次元にいけるマシーンをつくっちゃうくらいなんです。

マシーンをつくるだけではありません。なんでも願いをかなえるモンスター?(ミーシックス)をつくったり、だれでもホレさせるホレ薬をつくったり、おじいちゃんだけど若者に生まれ変わったり、なんどもヤっちゃう!

人間の頭にで思いつきそうなものなんでもやっちゃうんです。

なんでも願い事をかなえる点では、『ドラえもん』に似ています。でも明らかな違いがあります。

リック、倫理観・道徳観がまったくありません。皆無!

リック アンド モーティ】
・リックは天才科学者
→ 倫理観ナシ
→ よって問題おこりまくり
→ ブラック版『ドラえもん』

家族で約束してたカウンセリングをサボりたいがために、自分をキュウリに変えちゃいます(ピクルス・リックの冒険)。ですよね、意味わからないでしょう?

この放送コードのなさがウケている要因だと思います。刺激が強すぎるんです。

しかも、ただ過激なんじゃないんです。考えさせる内容、哲学的な内容も含まれています。

『リック アンド モーティ』のここがイイ!
→ 過激アリ
→ 哲学アリ
→ 笑いアリ

『リックアンドモーティ』の哲学回

『リックアンドモーティ』の哲学的なエピソードがあります。

『リックアンドモーティ』シーズン5エピソード2

例えば、シーズン5のエピソード2。

リックは天才がゆえ、敵によく狙われる。狙われたときのために、リックの家族を全員複製。

おとりとして何人もコピーをつくっているのです。しかも精巧に。

コピーの精巧さゆえ、「複製リック家族」は考え出します。「わたしたちは、コピー、それとも、本物?」と。本物らしくふるまうため、コピー達は自分が本物か、偽物かわからないのです。

どうです、遺伝子を操作することで、人間のコピーがつくれると言われる現代。作らないのは倫理的な問題から。

このエピソード、近未来で問題になりそうでしょう?

シーズン5のエピソード2にはエクスマキナのパロディも含まれています。そう、あのシーン。鏡の前で、自分がコピーじゃないことを証明するため、ある方法で確認するのです。

このように日本の地上波では、絶対に放送できない内容を描いているのが『リックアンドモーティ』の魅力。

過激、コメディ、哲学を含みます。おもしろいから、考える。考えるから、おもしろい、もっと見たい。このループ、みなさんもハマってみませんか?

『リックアンドモーティ』の哲学回
→ 人間のコピー問題を考えさせる

『リックアンドモーティ』シーズン3エピソード6

ほかにも『リックアンドモーティ』の哲学エピソードあります。

『リックアンドモーティ』シーズン3エピソード6の「解毒と浄化で超健康」というはなし。

心をデトックスしちゃう回。イヤな気持ち、恨み妬みもすべて、デトックスしちゃうんです。デトックスした後は、リックもモーティーも生まれ変わったようにイイ人に生まれ変わる。

悪口・文句いいません。言うなら、すべての自己啓発本を合体させて、具現化させたような人間になるのです。あの倫理観ナシのリックが!

考えさせるのはこの点。そもそも自己啓発本のような人物って信用できなくないですか?ウサン臭いですし、オンラインサロン開いてそうですし、めちゃくちゃポジティブシンキングしてそうだし…。

自分の弱いところをさらけ出し、たまにはネガティブシンキングもする、そっちのほうが人間らしくありません?

そうなんです、欠点があるほうが共感できやすいんですよね。人間味ありますし。

『ドラえもん』の出木杉くんにはまったくなのに、のび太には異常に共感できちゃう現象に似ているかもしれません。

『リックアンドモーティ』シーズン3エピソード6
→ 「完璧な人間って、良いのか?」を考える

→ 弱みがあった方が、人間っぽくない?

『リックアンドモーティ』の神回・考察

『リックアンドモーティ』の神回・考察を「3選」を紹介していきます。

『リックアンドモーティ』シーズン1エピソード5

ひとつは、『リックアンドモーティ』シーズン1エピソード5の「ミーシークス」のはなし。

この回、バイリンガルニュースのマミさんも紹介していたくらい話題のエピソード。

物語は、リックがミーシックスという、なんでも願い叶えるモンスター?を作ることから展開していきます。ミーシックスはかなり優秀。願い叶えまくるんです。

学校で人気者になりたい、開かないフタを開けるまで、なにからないまで願い事を叶えちゃいます。

でも困ったことにリック家族イチのヘタレ、ジェリーの願いごとだけ叶えられません。

理由はジェリーがヘタレすぎるから。でもそのヘタレさがいとおしいんです。でもそのヘタレさに怒り狂うのがミーシックス。

だって、ミーシックスの存在意義は「願いを叶えること」。存在意義を踏みにじる存在、ヘタレのジェリーへの憎しみがどんどん増幅していきます。

このミーシックスの怒りに対処する方法はただ一つ。ジェリーの願いを叶えること。

ジェリーがどのように臆病さを克服していくかが見所といえるでしょう。

『リックアンドモーティ』シーズン1エピソード5
→ ヘタレのジェリーのカッコいい姿が見れるかも

『リックアンドモーティ』シーズン2エピソード6

『リックアンドモーティ』シーズン2エピソード6、「スペースカーとミクロ宇宙」もおすすめ。

リックの車が故障し、その原因を探るために、車の内部に潜入することからストーリーは進んでいきます。

車の内部にはなんと、地球のように生命体が住むミクロ宇宙が広がっていました。

故障の原因は、この生命体が働かずに、車にパワーを送らなかったため。そうなんです、道徳観なしのリック、生命体の労働を搾取して、それを車のエネルギーにしていたのです。ネクストステップ奴隷制度です。

寓話的ではありますが、かなり考えさせられるエピソードです。

しかもミクロ宇宙のさらに下の階層にも、ミクロ・ミクロ世界があります。不条理な世界がつらなっていたのです。

『リックアンドモーティ』シーズン2エピソード6
→ 奴隷制度について考えさせられる

『リックアンドモーティ』シーズン3エピソード3

『リックアンドモーティ』シーズン3エピソード3、「ピクルス・リックの冒険」もおすすめ。

家族カウンセリングをサボりたいリック、なぜかキュウリに変身。

その呆れた変身に家族はため息。家族はリックを置いて、カウンセリングにいっちゃいます。

リックはキュウリ。手も足もありません。

猫にいたずらされ、キュウリのリックは排水溝に吸い込まれていくのです。

排水溝にはゴキブリ、ネズミがうようよ。天才リックは知恵をしぼり、悪戦苦闘しながらも戦います。カウンセリングに戻るという気持ちも芽生え始めるのです。

『リックアンドモーティ』シーズン3エピソード3
→ カウンセリング嫌いなリック
その理由がわかる!

【口コミ】『リックアンドモーティ』はつまらない?

『リックアンドモーティ』はつまらない、と言った口コミもあるようです。

その過激さや、ブラックコメディには賛否もあるでしょう。

でも前述したように、ただ過激なだけではありません。あたまを柔軟に働かせるようなエピソードがたくさんあります。

前述した、神回3つは『リックアンドモーティ』がはじめてのかたもわかりやすい内容。この3エピソードから『リックアンドモーティ』を好きになっていただけたら嬉しいです。

『リックアンドモーティ』を見る方法

『リックアンドモーティ』を見る方法を紹介。現在みられるのはネットフリックス(Netflix)です。

『リックアンドモーティ』は英語学習にも○

『リックアンドモーティ』は英語学習にもつかえます。Netflixなら英語と日本語字幕を同時に表示できますから、かなり効率的!

『リックアンドモーティ』をつかった英語学習方法については、【netflixアニメ・英語字幕】3倍わくわく英語学習法|同時字幕・cc字幕を参照ください。

COMMENT

<ランキングサイト>

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ