オススメ

スポンサーリンク
英語レッスン

【4つの例文だけ】英語の現在形がわかると、ネイティブ感覚に!

英語の現在形は、学びはじめの段階でならいますよね。この現在形ってかなり奥がふかいんです。というのも現在形は、たったいまのことを表すのではありません。半永久なことがらを表すんです。以下の例をみてください。 He writes nove...
英語レッスン

【すっきり3セット】as for,as to,as withの意味・使い方

「as for」と「as to」は文法問題でよくだされます。みなさんは、「as for」と「as to」の意味・違いについてご存知ですか?おなじ意味のようにみえますが、じつは使い方に差があります。 そこで当記事では、「as for」...
英語レッスン

「in case (of)」の意味と使い方を、例文ですべて解決!

当記事では、「in case」の意味についてこまかく解説していきます。「in case SV」の意味は、2つあることを知っていますか?しかもその区別が問題としてよく出題されるんです。TOEICでも大学入試でもひっきりなし。
英語レッスン

「as far as」と「as long as」の意味・違い【英語例文】

「as far as」と「as long as」の違いをていねいに解説していきます。例文をもちいて説明するから、すぐイメージできるでしょう。ふたつをきっちり区別できれば、TOEICや、英検、大学入試の文法問題も秒殺できるようになれます。
英語レッスン

【例文でスッキリ】関係代名詞「which」と「whose」意味【英語講義】

関係代名詞ってTOEICや英検でよく出題されるパートですよね。関係代名詞のなかでも、形容詞のはたらきをする「関係形容詞」はとくに苦手なひとがおおいです。みなさんのなかでも「関係形容詞ってなに?」と思われたかたもいるかもしれません。 ...
英語レッスン

【例文でスッキリ!】関係代名詞「of what」の意味【英語講義】

関係代名詞は、大学入試でもTOEIC・英検でもよく問われるパートですよね。よくこのように迷いませんか?「whichをえらべばいいか、whatを選べばいいかわからない」と。「which」か「what」を選ばせるのは頻出パートなんです。 ...
英語レッスン

【語順で即スッキリ】譲歩の構文「as+原級+as」と「though」

当記事では、「as+形容詞/副詞+as」をていねいに解説。みなさんが不得意としている分野だからこそ、わかれば差をつけることができますよ。 「as+形容詞/副詞+as」は大学入試や英語試験でよく問われる構文です。でも構文のカタチが特殊なために、意外と解けない人がおおい箇所といえます。
英語レッスン

【カタチで3秒判断】「so that」構文の倒置形【例文・意味】

「so that」構文が倒置されることがあるのを知っていますか?つまずきやすいポイントのため、大学入試や英語試験でよくねらわれるテーマでもあるのです。 「so that」構文の倒置がしっかり理解できれば、英語の文法問題でもリーディン...
英語レッスン

【すっきり英語!ルール】分詞構文の強調形「as」の意味・使い方

みなさん、英語では「理由」の分詞構文では、「as」で「その理由」を強調することができることを知っていますか?よく大学受験や英語試験でとわれるポイントだから、しっかり理解すればスコアアップが期待できるんです。 そこで当記事では、「as...
英語レッスン

迷ったらこの公式!「no+名詞」の2つの読み方、例文【英語レッスン】

みなさん「no+名詞」には2つの読み方があるのを知っていますか?2つの読み方を間違えると、反対の意味になってしまうんです。「no+名詞」はつかわれる頻度も多いため注意が必要なもの。 当記事では「no+名詞」の2つの読み方を、例文をま...
スポンサーリンク