【英語】この速読本・教材がスゴい!|おすすめ勉強法・コツ・大学受験

read-quicklyリーディング

みなさん、「英語の速読ができれば、もっとリーディングで高得点とれるに!」と思いませんか?

昨今のトレンドとして、大学受験でも英検・TOEICでも大量の英文をすばやく読む力(速読)がもとめられていますよね。

すなわち速読は高得点のカギということ。

英語速読するには、つぎの「3つの土台」が必要。

【英語速読するには?】
①英単語力
②英文解釈力
③音読力

この3つさえおさえれば、英語リーディングの高得点が見込めるといってもいいでしょう。

すくなくともリーディング時間内に読み終わらないということはなくなります。

そこで、当記事では英語速読のやり方(速読方法)・トレーニング方法についてくわしく解説していきます。

スポンサーリンク

英語速読のやり方(速読方法)

大学入試・TOEICでもとめられる「英語速読のやり方(速読方法)」は、特殊なテクニックではありません。

むしろ正攻法、「正しく読む技術」が必要になるのです。「英語を正しく読めない」から速く読めないかたがほとんど。

英文構造を正確につかめずなんども返り読みをするせいで、時間をロスしてしまうのです。

「英語を正しく読む」には3つの土台をしっかり固めまければなりません。

【英語速読のやり方】
英文を正確に読む技術が必要
返り読みなし
→ 速く読める(速読可能)

スポンサーリンク

英語速読の独学には「3つの土台」

英語速読の独学にはつぎの「3つの土台」が必要になります。

【英語速読の独学】の3土台
① 英単語力
② 英文解釈力
③ 音読力

英語速読の鍛え方、「英単語力」にアリ

英語速読の鍛え方は「英単語」の覚え方にあります。

英単語力は、なんとなく英単語を覚えているレベルというより、すぐに「英単語の意味」を思いだせるレベルをいいます。

この瞬発力がなによりも英語速読にとって大切。

「英単語」をみて「この意味なんだっけ?」と考える時間が「遅読の原因」にほかなりませんから。

そのため、英単語の意味をすぐに言えるレベルまで鍛えなければならないのです。

この英単語スピードは即効性アリ。リーディングスピードをぐんぐん上げます。

【速読と英単語】
→ すぐ英単語の意味が思い出せる
→ この瞬発力が「速読」に直結

「英語速読トレーニング方法」は「英文解釈」

「英語速読トレーニング方法」として、「英文解釈」はさけては通れません。

「英文解釈」というと難しく考えるかたもいますが、「英文解釈」とは要するに「英語の構造」を正しく掴むということ。

【「英文解釈」とは】
→ 英文構造を正しく掴むこと

「英語の構造」はある程度パターンがありますから、そのパターンを覚えたほうがグングン英文読解できるのです。

このパターンがわかると「英文の予想」ができますから、当然リーディングスピードにもつながります。

「前文でこのパターンがきたら、後の文ではきっとこうくるだろう」という予測ができるというワケです。

【「英文解釈」の効果】
→ 英文解釈で正しく読める
→ この正確さは、速読に直結

英語速読の「トレーニング本」(英語初心者編)

英語速読の「トレーニング本(英文解釈本)」については、4つのテク|英語リーディング初心者、すごい勉強法【大学受験・社会人】で紹介しています。

この記事で、英文解釈の初心者から上級者までレベルアップするための勉強法・参考書についてわかるでしょう。

英語速読本・教材・コツ(難関大学受験編)

難関大学受験におすすめ、英語速読本・教材・コツはつぎの記事で紹介しています。

英語速読の教材(難関大学受験編)】
①英文読解の原則125、読むテク、マジ使える!【比較・使い方・難易度】


②「英文解釈教室」で、”英語の読み”が劇的チェンジ!【効果&使い方】

③英語リーディングを極める!「上級教材&英文解釈本」がど正解?

難関大は「複雑な英文」の和訳などがもとめられますから、骨太の英文解釈力がなくてはなりません。そのぶん、記事で紹介している英文解釈参考書のレベルも高いです。

難関大学の英文】
→ 難解な英文が出される
→ 高レベルの英文解釈力が必要

英語速読の教材・コツ(toeic編)

英語速読の教材・コツ(toeic編)については、【超・英文解釈マニュアル】たった12公式、読解、爆速!|レベル・使い方の記事が参考になります。

TOEICはあまり複雑な英文は出題されません。英文解釈のキホンをおさえて、あとは語彙力と音読力の勝負になります。

つまり、あまり難しい英文解釈の本には手をださずに、上の『超英文解釈マニュアル』のレベルくらいまでやれば十分。あとは模試をやりこむといいでしょう。

TOEICの参考書については、5つだけ!【TOEIC800点突破】おすすめ参考書|初心者〜大学生で紹介しています。

TOEICの英単語帳は『金のフレーズ』がおすすめ。『金のフレーズ』は、TOEICコツ!『金のフレーズ』の使い方・効果・勉強法・アプリで紹介しています。

【TOEICの英語速読のコツ
→ 難解な英文は出題されない
→ 英文解釈の基礎があれば十分
→ 基礎のあとは、模試のやり込み

英語速読の鍛え方、「音読力」にアリ

英語速読の鍛え方の仕上げは音読。

「英文解釈力」でパターンを掴めるようになると、「正確に英文」を読めるようになります。

「英文解釈」を高速化するには「音読」が必要になるのです。

【英語速読の鍛え方】
①「英文解釈」
→ 正確に読める
②「音読」
→ 正確な読みを高速化

英文解釈は「英文を読む型」とも言えます。型を意識せずに再現するには、音読で「英文を読む型」を体に染み込ませなければなりません。

野球でも「正しい打ち方」を理解したら、なんども素振りして体に染み込ませますよね。英語音読は野球でいう素振りといえるでしょう。

英語音読の効果は「速読」

前述のように、英文解釈で学んだ「正しい英語の読み方」を内面化するために「音読」するのです。

「音読」を繰り返すしていくと、意識しなくとも正しく英文が読めるようになります。つまり、英語音読の効果は「速読」 ができるようになるということ。

「音読」は英語のプロも取り入れているトレーニング、だからもその効果は疑いようがありません。

同時通訳者の国弘 正雄氏はひとつの英文を500回以上読むのだそう。

みなさんもひとつの英文を30回以上は音読するといいでしょう。これをやるのとやらないのとでは、結果にかなり差がでます。

【音読の回数】
ひとつの英文を30回以上

英語速読するための「音読のやり方」

英語速読するための「音読のやり方」については、【プロ太鼓判】シャドウイングのやり方・コツ、ぜんぶ!【おすすめ教材】で紹介。

また音読は孤独が勉強でモチベーションの維持が大変ですよね。そんなときはオンライン英会話で先生と音読するのがオススメ。

音読・シャドウイングができるレッスンとしてはカランメソッドがいいでしょう。カランメソッドについては、【TOEIC800点突破】カランメソッド効果・実感|オンライン英会話で紹介しています。

【音読ができるカランメソッド
→ 先生がいるから続けられる
→ モチベーション維持しやすい

COMMENT